もうこれで口臭で悩まない!93%の口臭を解決できる4つの対策

無口な女性

93%の口臭の悩みを解決できる4つのヒント

あなたは不思議に思ったことはありませんか?なぜ、歯科にかかっても口臭が改善されないのか?

口臭の悩みをお聞きすると、大きく2つに分かれます。1つは虫歯や歯周病を治療しても丁寧にブラッシングをしても口臭がなくならないという悩み。もう1つは、「口臭がしているかどうかわからないが不安。」という悩みです。

口臭がするようになると恥ずかしく、たとえ家族にでも相談できないという人が多いです。このような問題なので、よけいに解決することが難しいのでしょう。

今回の記事では、一人で口臭について悩まれている人のために、的確に口臭を解決するためのヒントをお伝えします。このヒントを知ることで今まで悩んでいた口臭も簡単に解決できるかもしれません。ぜひご参考にしてください。

口臭による悩み

憂鬱な女性

口臭で悩むと、他人よりもていねいに歯磨きをするでしょう。そして、歯医者にも行き虫歯や歯周病の治療を受けるかもしれません。

それでも、口臭が治らないと、「私の口臭は体質的なものなので、一生治らない」と考えてしまうかもしれません。詳しくは『私の口臭は治らないのでは?』をご参考にしてください。

口臭が発生するようになると、会話中に相手の人が手で鼻を押さえたり、咳をされることがあるかもしれません。そのことがトラウマになり、その後、人と積極的にコミュニケーションを取れなくなったという人が多いです。

そういう経験があると、自分は口臭をしていないのに、他人の口臭でも、「もしかしたら、私の息がくさいのでは?」と不安になるかもしれません。

また、口臭を気にされる人は、誰よりも周囲の反応を気にする性格なために、誰にも相談することが出来ません。そのため、一人で悩むことになりよけいに不安になってしまう傾向にあります。

口臭が発生する原因

口内の細菌

口臭は、何の理由もなく勝手に発生することはありません。口臭が発生するには、発生する原因があります。

ですから、口臭の悩みを解決するには、口臭が発生する原因を知ることが大事です。原因が分かれば、適格に対策を行うことができます。詳しくは『口臭原因はコレ!12,000人が実践する対策と予防法を公開します』をご参考にしてください。

それでは、その口臭原因についてお伝えします。93%のお客さまを調査すると、ほとんどの人は口臭原因が決まっていたのです。口臭の原因は大きく分けると4つです。

4つの口臭原因

  1. 虫歯
  2. 歯周病
  3. 舌(舌苔・ぜったい)
  4. 喉(膿栓・粘液)

虫歯の進行

虫歯になると、菌が歯を溶かします。その時に腐敗臭がでます。虫歯が進行すると、歯の根元に膿の袋ができ臭くなります。根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)といい、膿の袋ができていれば、レントゲン撮影で分かります。その場合は治療を受けることが大事です。

歯周ポケット
歯肉炎・歯周炎などの歯周病になると、歯周病菌が増え歯周ポケットの中に臭い膿がたまるために口臭ガスを発します。

舌べら(舌クリーナー)

舌の表面は糸状乳頭で覆われていて、じゅうたんのようなヒダヒダ状になっているため、食べかすや菌が付着しやすいのが特徴です。
そのため、心身の状態が悪くなると、唾液分泌が減るなどして口腔が乾燥すし舌苔(ぜったい)が増えます。

舌苔(ぜったい)は汚れや菌のかたまりですが、緊張などによって口が乾くと唾液が気化します。その時に口臭が発生します。


喉(のど)の扁桃(へんとう)部分からは、口から侵入してきた菌やウィルスをやっつけるために抗体物質(粘液)が分泌するようになっています。

ところが、この時にできた菌の死骸と汚れが固まってできるのが膿栓(のうせん)。膿栓(のうせん)は風邪にかかったときでもできるのですが、口呼吸(いびき)やドライマウスの人の場合には、特によく出来ます。

いびきをかく男性

日中は鼻呼吸でも、鼻炎で鼻が詰まり寝ている時には口呼吸になっている人がいます。睡眠中、口呼吸になると舌が乾き舌苔(ぜったい)ができるので口臭の原因になります。

さらに、膿栓(のうせん)の元となっている粘液にも臭い物質が混じるために、粘液が口に流れてくると唾液にも混じります。唾液が苦く臭い場合には、粘液を疑ってみてください。

口臭発生原因の根本的な原因は

バイオフィルム

93%の口臭発生には、先にあげた虫歯・歯周病・舌苔・喉(膿栓、粘液)の4つの原因があることが分かりました。ところが、これらの症状を作り出しているには、その原因があったのです。

口臭を発生しているのは菌なのです。口臭菌がないと口臭は発生しません。ですが、菌が異常に増えたときに口臭が発生します。では、口臭菌が増えるにはどのような条件が必要だと思いますか?

それは、唾液不足と口腔・喉の乾燥です。

ドライマウスなどで唾液量が少なかったり、口呼吸やいびきによって口腔や喉が乾燥しやすいと、口臭菌が異常繁殖します。その結果、舌苔(ぜったい)が出来たり、膿栓(のうせん)や粘液(膿汁)も出来るのです。

唾液が不足する原因は

よだれ

唾液には殺菌作用があり、口腔や喉を浄化する働きがあります。赤ちゃんの息が臭くないのは、よだれが多く出ているからです。ですから、口臭を発生しないようにするには、唾液を分泌させることが一番重要なのです。

口臭を予防するために大切な唾液ですが、その唾液が不足する原因は何なのでしょう?

唾液の分泌が不足する原因

  • ストレス(緊張や不安)
  • 加齢
  • 不規則な食生活(ダイエットなど)
  • 睡眠不足
  • 薬の副作用
  • 内科的疾患(糖尿病や腎臓病など)
  • 水分摂取の不足
  • コーヒーや緑茶など利尿作用のある飲み物をよく飲む

口臭を発生しなくするための解決策

明るくなったOL

ここまでで、口臭がどうして発生するのかが大体理解できたと思います。このように、口臭といっても単純に「これが原因だ!」というようなものではないことも分かっていただけたのではないでしょうか?

しかし、このことが分かると口臭は劇的に改善する方向に向かうことができます。それでは、口臭の悩みを解決するためには、具体的にはどのようにしないといけないのかヒントをお教えします。

口臭の悩みを解決するための3つのヒント

歯磨き指導

  1. 唾液不足を解消する
    93%の口臭に影響しているのは、唾液不足です。ですから、唾液を充分に分泌するようにすることが口臭を発生しないようにするには重要。たとえ、どんな努力をしてもこの根本的な唾液不足が解消されないかぎり、何度でも口臭は再発生することになります。唾液不足を解消するためには、こちらの記事『唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策』をご参考にしてください。
  2. 歯科治療を受ける
    虫歯や歯周病があれば治療することが大切です。どれだけていねいに歯みがきをしても、虫歯や歯周病があれば口臭が発生します。そして、虫歯や歯周病にならないように予防することも大切。そのためには、3か月おきに歯科で検診を受け歯石除去とクリーニングをすることをおすすめします。
  3. 口腔と喉の清潔を保持する
    93%の口臭が発生する原因となっているのは、口腔と喉からです。ですから、ブラッシングによるケア、舌のケア、喉(のど)のケアを行うことが最低条件です。このどれが欠けていても、口臭が発生するリスクはなくならないと思ってください。『喉が臭い!…原因が分からない。…どこに行けば?臭い玉など7つの原因』もご参考にしてくだされば幸いです。
  4. 口臭チェックをする
    口臭は自分ではわからないのがふつうです。嗅覚はマヒするので口臭や体臭は判断がむずかしく、それが悩む原因になります。ですから、口臭が気になったら、まず口臭チェックをすることが大切です。チェック方法としては、こちら『口臭チェッカーで測ると安心できます』をご参考にしてください。

どうでしたか?口臭がどうして改善しなかったのかが分かったのではないでしょうか?そして、口臭を解消するためのヒントが見つかったのでは?

ところで、最後に付け加えると、ブラッシング・舌のケア・喉のケアすべてを簡単に行うためには、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」がおススメです。

美息美人(びいきびじん)のご購入はこちら ↓↓

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する