本当は大丈夫じゃなかった…!口臭で後悔する16の事例

本当は大丈夫じゃなかった…!口臭で後悔すること16の事例

口臭は、自分では中々分からないものです。口臭だけではなく、体臭も同じです。自分自身のニオイは、鼻が慣れてしまうので分からなくなるのです。

たまに自分でも口臭が分かると仰る方がおられますが、不安が高まると少しの臭いでも「臭い!」と感じてしまっていることが原因かも。

自身で口臭がしているかどうかが分からないと、周囲の人が「私のことを臭く思っているかも…。」と、気になってしかたないものです。

できれば、自分が口臭をしているかどうかを教えてもらえればいいのですが、他人に「口臭がしていますか?」と聞くことはできないものです。だから、口臭って悩むのですね。

そんなお悩みを解決するために、この記事を最後までお読みいただくことで、あなたが口臭を発生しているかどうかを判断できます。ぜひご参考にしてください。

 

Q1)舌が白く(または黄色く)なっていませんか?

⇒ いつも舌が白い場合には、口呼吸やドライマウスのほかストレスが原因になっているかもしれません。唾液が少なくなり舌が乾くと舌苔(ぜったい)ができます。舌苔(ぜったい)ができると、緊張などで口が渇いたときに口臭が発生します。

舌が黄色くなるのは、舌苔(ぜったい)ができた所に喫煙をすることで着色し黄色くなります。

Q2)歯磨きのときに出血はしませんか?または、歯周ポケットの深さが3ミリ以上ありませんか?

⇒ 歯磨きで出血するのは、歯周病になっているからかも。歯肉炎や歯周炎になると膿がでて歯周ポケットにたまります。ですから、歯磨きをしてもすぐに強い口臭がします。

Q3)口臭を指摘されたことはありますか?

⇒ 自分が話をしたときに相手の人が手で鼻を覆ったとかと言う場合には、こちらの勘違いかもしれないのですが、直接、「ごめん、君の口、少し臭うよ。」と、教えてもらえたのであれば感謝する必要があります。口臭については、中々、教えてもらうことができないので、分かることで前向きに対策ができます。

Q4)治療していない虫歯がありますか?

⇒ 虫歯の程度にもよりますが、虫歯があれば口臭が発生するかも歯があるのに放置していると、虫歯が進行するだけではなく、歯に穴ができるために食べかすや細菌が付着し、ブラッシングによってそれらを除去できなく、食べかすが腐敗し臭くなります。

Q5)歯磨きに要する時間は、2分以内ですか?

⇒ 歯磨き時間が少ないと、自分では磨けているつもりでも必ず磨き残しができます。磨き残しがあると、食べかすが腐り口臭が発生します。それだけではなく、歯周病や虫歯の原因にもなります。

Q6)使っている歯ブラシは、硬い毛の歯ブラシではありませんか?また、歯間ブラシやフロスなどを使用していないのでは?

⇒ もし、歯周ポケットの深さが2ミリ以上あれば、通常の歯ブラシによるブラッシングではきれいに磨けません。歯周ポケットの中はワンタフトブラシでないと入っていきません。同じように、歯間の隙間は歯間ブラシやフロスを使用しないと磨くことはできません。ですから、固いハブラシだけのブラッシングでは、細部まできれいに磨くことができなく口臭の原因につながっていきます。

Q7)焼肉やキムチなどをよく食べますか?

⇒ ニンニクやニラなどは、口臭の原因になりますので、口臭が気になるのであればニオイの強い食べ物は控えた方が無難です。

Q8)胃腸が弱いほうではありませんか?お腹によくガスが溜まりませんか?

⇒ 胃腸が弱いと、発酵したガスが肺に吸収され呼気となって出ます。お口に問題がなくても胃腸の調子が悪いときに口臭が出ることがあります。

Q9)野菜中心の食事ですか?それともお肉や魚が中心の食事ですか?

⇒ 酸性食品であるお肉や乳製品、お菓子やジュースをよく摂取していると、口内に細菌が増えやすくなり口臭が強くなります。その理由は、細菌が好きな環境は酸性であり、肉類や乳製品に含まれるタンパク質がエサになるからです。口臭が気になるのでしたら、野菜中心の食事にして口内や腸内もアルカリ性にするといいかもしれません。

Q10)精神状態についてお聞きします。いつもイライラしたり、落ち込んだりとストレスを感じていませんか?

⇒ 心配事が多く精神状態が悪くなりストレスが溜まると、唾液の免疫力も衰えます。そして、唾液の分泌量が極端に減少します。唾液が少なくなると舌が白くなったり口臭が発生することになります。

Q11)抗生物質や睡眠薬などを服用していませんか?

⇒ 薬の種類によっては、副作用で唾液が減少することがあります。抗生物質や睡眠薬、抗うつ剤、降圧剤などの薬を服用すると、唾液の分泌量が減少するかもしれません。その結果…口臭が発生することに。

Q12)糖尿病ではありませんか?

⇒ 糖尿病と歯周病は密接に関係しています。糖尿病になると歯周病になり、歯周病の人は糖尿病になりやすいといデーターもあります。ですから、糖尿病になると口臭も強くなります。ちなみに、癌になっても口臭を発生することがあります。

Q13)鼻汁が喉に落ちてこないですか?咳や痰は良く出ていませんか?

⇒ 後鼻漏になると喉(のど)に細菌が増殖します。喉(のど)に細菌が増えると膿栓(のうせん)ができたり臭い粘液が出ます。その結果、喉(のど)から口臭がすることに。

Q14)口が粘ついていませんか?口の中が苦くないですか?

⇒ 唾液の分泌量が少なくなり細菌が増えると、口が粘つき苦い味がします。粘ついた唾液の中には臭い物質が溶け込んでいるので苦く感じるのですが、この唾液が舌や頬に付着します。ですから、唾液がネバネバしているときには口臭が発生しているかも。

Q15)炭酸飲料やビールなどアルコール類は良く飲まれますか?

⇒ 炭酸やアルコールを口に含むと口内が渇いてしまいます。口が渇くと、細菌もいっぺんに増殖するため口臭が発生します。お酒を飲んだときに、より口臭がするのはそういうことからですが、洗口剤の中にはアルコールが含まれるものもあるので要注意です。

Q16)歯間ブラシを嗅ぐと臭くないですか?

⇒ 歯間ブラシを嗅いだ時に食べかすの臭いではなく、膿臭い臭いがしたら歯周病かもしれません。その場合には歯科で診てもらう必要があります。歯周病になっていると、口臭も強くなるので要注意です。

長い質問に答えて下さりありがとうございました。お答えは、いかがでしたか?「やっぱり口臭がしていたんだ!」というような結果になりませんでしたか?

でもご心配なく。そのような場合には、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を一日も早くお試しされることをお勧めします。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」できれいな息で不安の無い毎日をお過ごしください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する