内臓が悪いと口臭がする!胃腸、肝臓、糖尿病、癌などの病気が原因

体の構造

内臓からの口臭は治療が必要

歯医者で治療しても、歯磨きをしても、口臭が治らない。そんな時には、「もしかしたら、内臓が悪いから口臭がしているのかもしれない。」と思うかもしれませんね。

確かに、胃腸など内臓の調子が悪くなると、口臭がするようになることがあります。しかし、その確率は、1割以下にも満たないって知っていますか?

全体の9割以上の口臭は、歯周病などの歯科疾患、舌苔、扁桃炎などの耳鼻科疾患が原因になっています。だからといって、内臓が原因になっている口臭を放置していいわけではありません。

その理由は、もし内臓が原因で口臭がしている場合には、病気のサインだからです。いつも嗅いだことのない変なニオイがしたら、早めにお医者さんで診てもらうことをおすすめします。

もし、「今している口臭の原因が内臓からきているかもしれない。」そのようにご心配されているのなら、今回の記事をご参考にしてください。胃腸や肝臓など内臓が悪いときに発生する口臭についてお伝えしています。ご参考になると思います。

1、胃腸疾患が原因の口臭

胃腸

内臓が原因の口臭で多いのは、胃腸の調子が悪いとき。だからといって、胃腸から臭いガスが口に出ることはありません。食道には弁があるので、胃の中のニオイが逆流することはないです。

胃腸の調子が悪くなると消化が悪くなり、食べた物が吸収される前に胃腸内で食べた物が発酵しガスがたまります。

腸内で発生したガスは、腸粘膜から吸収され血液に混じり肺へと運ばれ、呼気の中に混じるので臭い。
このようにして、胃腸が原因の口臭は、呼吸に混じって吐き出されます。風邪などで高熱を出したときに、む~っとする息をイメージするといいかもしれません。

胃炎や十二指腸炎などで胃腸が弱ると、卵の腐ったような臭いがします。
卵の腐ったニオイがするのは、硫化水素のニオイです。
硫化水素のニオイは温泉であるニオイです。

口臭が硫黄のニオイをしていたら内臓を疑ってみてはいかがでしょう?もちろん、その場合は、胃腸科を受診されることをおすすめします。

胃腸が弱ると間接的に口臭が出る

胃腸が弱る原因に精神的ストレスがあります。また、胃腸が弱ると身体の免疫力が低下します。

ストレスが多くなると唾液の分泌が悪くなる。唾液には抗菌作用があるのですが、免疫力が下がると口内の悪玉菌が増えます。その結果、舌苔(ぜったい)や膿栓・膿汁ができます。舌苔も膿栓・膿汁も口臭が出る原因です。

このように、胃腸の調子が良くないときには、間接的に口臭が強くなるということを知っておくといいです。口臭が強いときには、過度にストレスがかかっているサインです。

どこかで、ストレスを軽減する必要があります。でないと、胃腸の病気を引き起こすかもしれません。詳しくは『胃腸が弱ると舌が白くなる!口臭がする!対策はこれ!』をご参考にしてください。

2、肝臓が悪いと口臭がする

ビールのつまみ

肝臓の主な役割は、血液をきれいにすることですが、他にも「ニオイ物質を抑える」機能があります。肝硬変などで肝臓が悪くなると、この「ニオイを抑える」機能が衰えてしまい、口臭を発生します。

ふつう血液中には、アンモニアが溶けこんでいますが、そのままでは人体に有害なアンモニアは肝臓で尿素に変わり、尿として排出されます。

ですが、肝臓の働きが衰えるとアンモニアが処理されなくなる。そして、アンモニア臭の口臭が出ることになります。

初期の肝機能低下のときには、どぶ臭や雑巾のニオイがします。口臭からアンモニアの臭いがする時は、肝臓が正常に働かなくなり非常に危険な状態です。
カビ臭かったり、アンモニア臭の口臭がする時には、肝臓疾患を疑うといいかもしれませんので、すぐにお医者さんに診てもらうことをおすすめします。

肝機能が低下する原因

  • ウイルス感染
  • 薬による障害
  • 大量のアルコール摂取
  • 喫煙習慣

これらは、肝機能が低下する原因です。肝臓の調子が悪くなる前に、アルコールや喫煙を控えるなど休肝日をもうけてはいかがでしょう。

3、糖尿病になると口臭がする

糖尿病患者

糖尿病になると、「リンゴの腐ったニオイ」がするなど独特の酸っぱいニオイを発生するのが特徴です。

また、糖尿病になると唾液の量が減りドライマウス(口腔乾燥)になります。ドライマウスになると口腔の細菌が増え舌苔ができます。口腔が乾燥する場合は、こちらの記事『口が乾くドライマウス症の原因と対策8つ』をご参考にしてください。

糖尿病は合併症を起こす病気ですが、糖尿病になると、歯周病になりやすいというデーターも出ています。

糖尿病になると舌苔や歯周病にもなりやすいため、口臭が強くなります。酸っぱい口臭がしている場合は、糖尿病かもしれませんので、内科のお医者さんに相談されてはいかがでしょう。

糖尿病の原因

糖尿病は遺伝が原因のものと、生活習慣が原因でなるものとがあります。生活習慣が原因で多いのは次のようなものです。

  • 食べ過ぎ
  • 飲みすぎ
  • ストレス
  • 運動不足
  • 喫煙習慣

糖尿病が気になる場合は、生活習慣を見直す必要があります。

4、癌になると口臭がする

癌は臭うといわれます。有名なのは、癌探知犬「マリーン」の実験です。探知犬マリーンが、癌患者の尿を嗅いで癌の種類を見分けたそうです。また、九州大学の線虫をつかった実験でも、嗅覚にすぐれた線虫に尿を嗅がすと、癌患者の尿に反応したそうです。

このように、癌になると特有の口臭を出すといわれますが、まだ定かではありません。

胃がんと大腸がんでは、違ったニオイがするそうです。口臭治療のガイドラインでは、胃がんの場合は『卵の腐った臭い』がすると言われています。

しかしこの臭いは胃腸が弱まっている時にも同じようなニオイがする為、癌の決め手とはなりません。ですが、今まで臭ったことのないニオイがしている場合には、注意が必要だということです。

病気かもしれないと一人で不安になるよりも、すぐにお医者さんで診察を受けられることをお勧めします。

口臭の種類を調べる方法

息が臭いと困っている女性

口臭が気になる場合には、口臭チェックをしてみてはいかがでしょう。

口臭チェック法

  1. 大きめのコップを一つ手に取ります。
  2. コップの中に息を吹き込み、すぐにフタをします。
  3. その後、30秒から60秒ほど時間を空けてから、コップの中の臭いをかぎます。

どうでしたか、口臭がしていましたか?どのようなニオイがしましたか?口臭の種類について詳しくは『口臭原因は口臭の種類で分かる!どぶ臭?酸っぱいにおい?生臭い?』をご参考にしてください。

これまで、内臓が原因による口臭のお話しをしました。その場合には、お医者さんに診てもらうことが必要かもしれません。

しかし、口臭の8割以上が口中に原因があります。その中でも多いのが、歯周病、舌苔、膿栓の3大口臭原因によるものです。

もし、あなたが、歯周病、舌苔(ぜったい)、膿栓(のうせん)が原因で口臭が気になっているようでしたら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお試しください。

今なら90日間返金保証も付いていますのでご安心してお試しできます。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する