内臓が原因となっている口臭

内臓が悪いことから発生する口臭原因

「口臭が気になるが、もしかしたら、内臓が悪いからかもしれない。」とご心配されていませんか?

もし、そうでしたら、今回の記事では、胃腸や肝臓など内臓が悪いときに発生する口臭についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

1、胃腸の活動が弱くなっている場合の口臭

胃炎や十二指腸炎などで消化器系の内臓が弱っている場合は、卵の腐ったような臭いがします。
臭いの原因となっているのは、硫化水素です。
硫化水素は温泉などでにおってくる硫黄の臭いをします

ですから、口臭が硫黄のニオイをしていたら内臓を疑ってみてはいかがでしょう?

胃腸の調子が悪いと消化が悪くなり、食べた物が吸収される前に胃腸内で食べた物が発酵します。腸内で発生したガスは、腸壁から吸収され血液に混じって肺へと運ばれ、吐き出す呼気の中に混ざって口臭となります。
間違っても、胃の中のニオイが逆流して口臭となることはありません。

2、肝臓が悪くなっている場合の口臭

肝臓の主な役割は、血液をきれいにすることですが、他にも「ニオイ物質を抑える」働きがあります。
ですから、肝硬変などで肝臓が悪くなると、この「ニオイを抑える」機能が衰えてしまい、口臭を発生することになります。

ふつう血液中には、アンモニアが溶けこんでいますが、そのままでは人体に有害なアンモニアは肝臓で尿素に変わり、尿として排出されます。

ですが、肝臓の働きが衰えるとアンモニアが処理されなくなります。
そのため、アンモニア臭の口臭が出ることになります。

口臭からアンモニアの臭いがする時は、肝臓が正常に働かなくなり非常に危険な状態だといえます。
カビ臭かったり、アンモニア臭の口臭がする時には、肝臓疾患を疑ってください。

3、糖尿病が原因の口臭

糖尿病になると、独特の酸っぱいニオイを発生します。
また、糖尿病になると唾液の量が減り、ドライマウスになります。

ドライマウスになると口腔の細菌が増え舌苔ができます。
最近では、糖尿病になると、歯周病になりやすいというデーターも出ています。

舌苔や歯周病になると、口臭も強くなります。

4、癌が原因の口臭

癌になると、特有の口臭をします。胃がんと大腸がんでは、違ったニオイがするそうです。
口臭治療のガイドラインでは、胃がんの場合は『卵の腐った臭い』がすると言われています。

しかしこの臭いは胃腸が弱まっている時にも同じようなニオイがする為、癌の決め手とはなりません。ですが、今まで臭ったことのないニオイがしている場合には、注意が必要です。

病気かもしれないとご心配な場合には、すぐにお医者さんで診察を受けられることをお勧めします。

口臭が気になる場合には、口臭チェックをしてみてはいかがでしょう。

口臭チェック法

  1. 大きめのコップを一つ手に取ります。
  2. コップの中に息を吹き込み、すぐにフタをします。
  3. その後、30秒から60秒ほど時間を空けてから、コップの中の臭いをかぎます。

    どうでしたか?
     

先ほど、内臓が原因による口臭のお話しをしましたが、口臭の8割以上が口中に原因があります。その中でも多いのが、歯周病、舌苔、膿栓の3大口臭原因によるものです。

もし、あなたが、歯周病、舌苔(ぜったい)、膿栓(のうせん)が原因で口臭が気になっているようでしたら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお試しください。

今なら90日間返金保証も付いていますので、ご安心です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

あなたの口臭は胃腸疾患が原因かも?

口臭原因、第3位 のど 第2位 歯周病 第1位は…

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する