「においだま」って何?口臭は他人に聞けないモノ!ここで解決してください

口をおさえる女性

「においだま」が気になったら読んでください

喉から口臭がする。喉に白いものが見える。もしかしたら、これが「においだま」かもと不安になっていませんか?

ネットで口臭について調べていると、一番多く出てくるのが「においだま」。でも、実際に確かめたことがないので自信がないし、もし、本当に「においだま」だったらどうしよう。。だからといって、他人に「においだまって何?」なんて聞けない。。。

このように、悩まれている方が多くおられるのではないでしょうか。今回の記事は、「においだま」についてご説明します。是非ご参考にしてお悩みを解決してくださいますようお願いします。

においだまって何?

臭い臭いと鼻をつまむ女

「においだま」は、臭い玉(においだま、くさいたま)、匂い玉(においだま)、膿栓(のうせん)扁桃栓子(へんとうせんし)、扁桃結石などと呼ばれます。

「においだま」は、くしゃみや咳をした時に、喉から飛び出てくることがあり、色は乳白色や黄色。つぶすと下水のような悪臭がします。ひどいニオイなので、「においだま」という悪名がついたのだと思います。

においだまが出来たときの症状

咳払いする女性

「においだま」が多く出来ると、口臭が強くなります。だから、口臭が気になると、「においだま」ができているかもしれないと考えるのかもしれません。

しかし、「においだま」は、風邪をひいたり体調の不良などから免疫が低下すれば、かんたんにできるものです。たとえ、「においだま」が一時的に出来ても、飲食や咳などによって自然に取れていきます。

だから、過剰に心配するものではありません。しかし、人によっては、常に喉の壁に粘液がべったりと付着したような感じがあったり、喉に「えへん虫」がくっついている感じがします。

このように、常に喉に違和感があるとか、喉からドブ臭やうんこ臭がしている場合は、「においだま」が慢性化しているかもしれないのでご注意ください。

においだまは口臭原因

口の菌

「においだま」は、人の免疫作用によってできます。呼吸をすると、口から細菌やウイルスが喉に侵入する。鼻や喉に炎症がおきると喉に細菌が増える。常に喉には、細菌やウイルスが入ってくるため、喉の扁桃(へんとう)という組織からは白血球などの免疫物質が出て、細菌をやっつけています。

この免疫の過程で、細菌と免疫物質の死がいが、扁桃(へんとう)の穴に出来ます。この時はネバネバした状態ですが、食べかすや細胞の死がいなどが混じり乾燥すると徐々に固まります。この固まったモノが「においだま」です。

においだまは、細菌の死がいなどの固まりですから、腐敗し臭くなるのが当然です。

しかし、喉から臭いが生まれるのはこれだけではないのです。「においだま」が出来ると、腐敗した「においだま」には、更に細菌が繁殖します。すると、それを阻止しようと免疫物質が出る。

この(ネバネバした)免疫物質と細菌の死がいが混じり、臭い粘液(膿汁のうじゅう)ができます。膿汁(のうじゅう)は、黄色や茶黄色で下水臭、うんこ臭がするのが特徴です。

このネバネバした膿汁(のうじゅう)が、喉粘膜や舌に付着していると、喉が乾燥したときにガス化して口臭となります。

このようにして、「においだま」は口臭の原因になるので、口臭がひどい場合は、正しく予防や対策をおこなうことが重要です。

詳しくはこちらの記事『口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方』をご参考にしてください。

においだまが見えない?

ドライマウスの女性

「のどの奥が臭いです。多分においだまだと思います。耳鼻咽喉科で受診してもにおいだま(膿栓)は見当たらないと言われたのですが、口臭が気になります。」とか、「喉から鼻にかけて臭いので喉を探してもにおいだまらしきものが見えません。」というご相談がよくあります。

あなたは、このような経験はありませんか?

においだま(膿栓)は身体の正常な働き(免疫)によるものですので、耳鼻咽喉科の医師は取り合ってくれないのが普通です。化膿して高熱でも出ているなどよほど悪化していれば除去しますが。

そして、耳鼻科で「においだま」を取らない理由としては、たとえ「においだま」を除去しても何度でもできるからです。詳しくはこちら『膿栓(臭い玉)は取ってもすぐできる!予防の仕方はコレ!』をご参考にしてください。

健康なひとでも濃栓は出来るのが普通です。ですので、耳鼻咽喉科の医師も、「異常がない。」ということが多いようです。

それに、「においだま」ができるのは、扁桃(へんとう)のいんかという複雑な小さな穴の中です。穴の中で少しずつ大きくなり外へ押し出されます。ですから、大きくなったものが外に出るので見えるわけです。
「においだま」が見えないと不安でしたら、こちらの記事『膿栓が見えない?膿栓のできる場所はここ!直接取るのは危険』をご参考にしてください。

においだまが出来たときの対策と予防

今までご説明したのが、「においだま」についての事実です。ところが、当の本人は口臭がするので気になります。そのため、「においだま」についてのご相談がよく来るのですね。

においだま(膿栓)をできなくするには、扁桃(へんとう)を除去する以外にありませんし、扁桃(へんとう)は、喉の左右にある口蓋扁桃だけではなく、舌扁桃など他にもあるので、たとえ一つ取っても、完全に「においだま」をできなくすることは難しいです。

それに、扁桃を取ってしまうと、喉の細菌を殺菌する免疫力が落ちることになるのでお勧めできません。

「においだま」をできた時に、行ってほしいのは、うがいを行うこと。うがいを行うことによって、扁桃の表面に付着している「においだま」を取ることができます。詳しくはこちら『うがいで膿栓(臭い玉)を効果的に取る5つのポイント』をご参考にしてください。
そして、喉のうがいを行うことで、喉の清潔を維持できます。このことが、「においだま」の予防には最も大事です。喉を清潔にすると、喉の違和感や口臭を予防できるからです。

ですので、私がおすすめしているのは、美息美人のアルカリイオン水でゴロゴロうがいをすることです。小まめにうがいをすることで、喉をきれいにでき酸性化することを防げます。

口腔内の細菌を減らすためには、美息美人でうがいをすると良いです。是非お試しください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する