一日で口臭が強い時間帯っていつ?朝起きたときの口臭対策

食事

口臭の強さは時間帯によって変化する

口臭の強さは、いつも同じではありません。一日24時間の間で、強いときと弱いときがあるのです。

このことを知ると、口臭予防が楽になります。特に口臭が強いときを集中的に対策すればいいわけです。

今回の記事は、一日のうち口臭が強い時間帯、弱い時間帯と、その対策方法をお伝えします。ぜひご参考にしてください。

口臭の強い時間

口臭レベルは、一日24時間の間で強くなる時と弱くなる時間帯があります。口臭が一日中同じ強さだと思っていた人にとっては、頭を金づちで叩かれたようなショックかもしれませんね。

この表をご覧ください。

これは、代表的な口臭ガスであるメチルメルカプタン濃度の変化をグラフにしたものです。

1番臭いのは朝起きたときの口臭

グラフをみると、寝ている間が口臭濃度が高くなっています。どうしてだと思いますか?

その理由は、寝ている時は唾液の分泌しないからです。唾液が出なくなると、口中細菌が繁殖し一斉に口臭ガスを発生します。でも、寝てるので、起きるまで口臭ガスは口の中に充満しているのです。

だから、起きたときには、口をあけるのでたまっていた口臭がいっぺんに出ます。朝起きたときは臭いわけです。朝起きてすぐは、パートナーや家族に近寄り話してはいけません。息が臭いと、嫌われるかもしれませんよ。

朝起きてすぐに歯磨きを行うのは、大変かもしれません。そこで、私が行っている習慣は、歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水でうがいを行うこと。

うがいを行うだけでも、口にたまっている細菌とガスを吐き出すことができるので、口臭を軽減できます。

そして、起床し朝食を取り歯磨きを行うと、口臭はほとんど0までに近づきます。その理由は、歯磨きで細菌が除去されることと、食事するときに充分な唾液が分泌することで、細菌が限りなく制御されるからです。

詳しくは『「朝の口臭」はヤバい!原因は眠いから?』をご参考にしてください。

2番目に口臭が強くなるのは食事の前

昼食前や夕食前の時間はお腹がすく時間帯ですが、これらの食前の時間帯は唾液が出なくなります。

だから、お腹がすく食前の時間は、口臭レベルは一気に上がります。

でも、昼食を取り歯磨きをすると、また、口臭も一気に減少します。

ふだん唾液が少ない人でも、食事中はもっとも唾液が分泌されます。そして、口内の細菌が洗浄されます。だから、自然と口臭も軽減します。

それなのに、食後に歯磨きを行う人が多いのは何故?

多分、食事のあとは口臭がすると勘違いしていると思いますが、歯につまっている食事カスを取るくらいで十分です。

夕食前の時間帯におきる口臭の対策法

先ほどの表には、載っていませんが、夕食前のお腹がすいてきたときにも、口臭が強くなります。

私のところへの相談でも多いのが、この「夕方の口臭」です。では、何をすれば夕方の口臭対策になるでしょうか?

それは、口臭対策はおやつ。

そうなのです。お腹がすいてくる前に、おやつを取るといいのです。おやつを取ることで、唾液もよく分泌するので口臭が弱まります。是非、お試しください。

でも、甘いおやつを取ることは、虫歯や肥満というリスクもありますので、摂り過ぎには気をつけてくださいね。

おやつの後に歯磨きをすることは、難しいと思いますので、そんな時には、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のイオン水でうがいをすると良いです。

イオン水には、酸性化した口中を中性にする作用がありますので、唾液の分泌が少ないドライマウス症の方にもお勧めです。

まとめ

一日の内でも、口臭が強いときと弱いときがあります。その場合の対処法をご紹介しましたが、じつは、口臭を抑える方法でもっとも効果があるのは、普段からの口臭対策です。

口臭は人によって原因も状態も違います。だから、対策にもコツがあります。詳しくは『気になる口臭を改善するコツ!主な原因5つと対策について』をご参考にしてください。

関連記事

食後に口臭がするのは何故?

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する