美息美人は殺菌し過ぎる?

美息美人(びいきびじん)は殺菌し過ぎる?

美息美人のアルカリイオン水は、殺菌作用が強いので常在菌も殺してしまうのでは?

このような心配を持たれている方が、多くおられます。

そのようなわけで、今回の記事では、「美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水によって良い細菌まで殺してしまうのでは?」という疑問にお答えさせていただきます。

先ず、口中細菌についてですが、口腔には約700種類の細菌が生息しています。細菌は、出生直後から母親や近親者から感染します。感染した細菌は、歯面や粘膜面に付着し、多種の細菌が共生しています。

細菌の共生

口腔が健康を維持するには、細菌のバランスがとれていることが重要です。細菌には良い細菌も悪い細菌もありません。

何らかの原因によって菌の共生バランスが崩れ、ある細菌が偏って増えてしまうと、病気を引き起こします。人の体にとって大切なのは、菌がバランスよく存在していることです。

参考までにウィキペディアに掲載されている内容をまとめました。

常在菌(ウィキペディアより参考)
身体に付いて生息している細菌のことを常在菌といいますが、「だれもが皆、持っている菌」という意味ではない。ふだんは、人の健康には害を与えず人と共生しているのですが、免疫力が低下することにより日和見感染を起こすこともある。

常在菌が安定して多数あることで、外から侵入した病原性微生物の繁殖を抑制し、発病を防ぐ効果もあると考えられている。

虫歯菌も歯周病菌も常在菌

どのような細菌でも、増えないでバランスを保っていれば、問題はありません。ところが、口腔内が酸性に傾くと、虫歯菌も歯周病菌も一気に増殖をはじめます。

細菌が増えると、さらに口腔内も酸性に傾きます。すると、、さらに細菌が増える。。そして、虫歯や歯周病になるというような悪循環になります。

細菌が増えすぎないようにするには、口腔内をアルカリにする必要があるのですが、その働きをする唾液の分泌が少ないと、口腔内が酸性になってしまうのです。そして、酸性になることで歯周病菌などの細菌が増えると、口臭を発生します。

そのために、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水をお勧めしています。

ところが、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水は強アルカリなので、口腔内のすべての常在菌も殺菌してしまうのでは?と考えてしまうようです。

常在菌(細菌)は、どこからでも簡単に感染する

理論上は、「強アルカリでは細菌が生きられない。」ので、常在菌のすべてが死んでしまうと思ってしまうものですが、実際は、すべての細菌を殺菌することなど不可能です。

それどころか、常在菌のほとんどは、食事をしたり指をなめる、キスなどによって、簡単に口に運ばれてきます。

そして、短時間で繁殖します。この繁殖力は良くも悪くもですが。24時間もあれば、すぐに元の状態まで(元以上かも?)繁殖します。

このことは、生まれたての赤ちゃんは無菌なのに、母親などからすぐに感染して常在菌が住み着いていることからも証明できます。

食事や唾液により、口の中は酸性になったり、中性になったりと変化しています。ところが、唾液の分泌が減少すると、口中は酸性に偏ります。

このことが、口臭や歯周病・虫歯の一番の原因です。そのために、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水によって唾液の役割を補う意味だというように理解してもらえれば、ありがたいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事:

ついに…常在菌を残す口臭予防法ができました!

どんな口臭も原因はこの3つ

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する