口臭予防にはガムより昆布のほうが効果がある!「だし昆布法」とは

だし昆布をなめるだけで口臭が予防できる!

口臭が気になるとガムを噛むのではないでしょうか。ガムを噛むといい香りがするので、口臭も消えたような錯覚を起こしますが、本当は口臭がなくなったのではなく、ニオイをごまかしているだけ。

口臭を予防するための方法を探していたところ、「だし昆布法」というのを見つけました。だし昆布法は、口臭外来で著名な本田歯科医師が、おすすめしている方法です。

今回は、この「だし昆布法」についてご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

ガムを噛んでも口臭は消えない

チューインガム

口臭が気になるときには、ガムを噛みませんか?
焼肉を食べた後にガムを噛むとガムの香料でごまかせるかもしれません。だから、簡単にできる口臭予防の代表といえばガムをイメージします。

それと、ガムは手軽で安価だからかもしれません。でも、ガムは飲み込めないのがネックです。だからでしょうか、最近は食べられるタブレットが増えています。

舌の歯型

ガムを噛むことでどんな口臭が予防できるわけではありません。しかし、ガムを噛むと唾液腺を刺激し唾液の分泌を促す効果があります。ドライマウスの人には良いかもしれませんが、砂糖が添加されていたら口内が酸性化されるため細菌が増えることでしょう。

口臭予防するためにガムを噛んで、虫歯になったり、舌苔ができるようになれば最悪です。

また、一般的なガムには多くの添加物が入っていますので、ガムばかり噛んでいると胃腸が弱い人であれば、良くないかもしれません。

キシリトール入りのガムもありますが、できれば無添加のガムが良いかもしれません。自然食品のお店などで無添加ガムが購入できるようです。ガムの口臭予防効果については『ガムは口臭に効果があるか?口臭を予防するおすすめの噛み方』をご参考にしてください。

ガムを噛むメリットとしては、唾液分泌を促進する効果がある。

砂糖入りのガムを噛むデメリットは、口内が酸性化するので虫歯、歯周病、口臭を引き起こす要因となる。また、ガムを噛んでいると、口がくちゃくちゃするのでマナーとして良くない。

このように、ガムにはメリットとデメリットがあることを知っておくと良いと思います。

だし昆布で舌苔(ぜったい)と口臭を予防

昆布

口臭は、口内の細菌がタンパク質を分解したときに腐敗臭を発生するからです。この細菌が活発に生きるのが酸性の環境です。詳しくは『口臭の原因は酸性の食事!口腔細菌はアルカリが苦手だった』をご参考にしてください。

細菌を抑制する唾液はアルカリ。だから、唾液が沢山出ると口臭もしなくなります。

反対に、アルカリの唾液が少ない人は口臭が強くなったり、舌も白くなるのですね。このように、舌苔(ぜったい)や口臭を予防するためには、口腔内を酸性化しないようにすることが大事なのです。

ですから、ガムを噛むと唾液を出す効果があるかもしれませんが、砂糖入のガムでは酸性化するかもしれないのです。

ところが、今からご紹介する昆布は、アルカリ度がかなり高く、食品では断トツにアルカリ度が高いのです。

アルカリ度というのは、水に溶かした溶液を中和するのに必要な酸性液の量で表します。ちなみに、アルカリの高いワインが2.43に対して、昆布は38.9もあるのです。

私も実験的にだし昆布を口に入れて2分ほど舐めてから、唾液と一緒に吐き出し、リトマス試験紙を付けて見た所、PH9のアルカリ性だったのです。唾液のPHは6.8程度だといわれていますので、唾液よりもはるかにアルカリ度が強いことが分かりました。

口臭外来で有名なほんだ歯科の本田先生は、ずっと以前から唾液を出すためには「昆布法」が良いと紹介されていたので、私も実験的にだし昆布を舐めてみました。

昆布法

昆布法のやり方は簡単です。

  1. だし昆布をハサミで1センチ角に切りいくつか作っておきます。
  2. 昆布の破片を口に入れて舌で舐めて溶かします。

たったこれだけです。昆布は噛んでしまうと直ぐに無くなってしまうので、舐め続けるのがコツです。

舐めているとミネラルが溶けて昆布の味がするので美味しく感じ唾液もいつもよりも出てきます。でも、人によっては昆布の磯臭いニオイが苦手な人もあるかもしれません。

舐めた後も、昆布なので後味もよく唾液が沢山出たことで口の中が潤っていました。舌苔(ぜったい)が付いている人の場合には、表面の苔が削れとれるかもしれませんので、お勧めです。

何よりも、価格が安いこと、安全、そして栄養が摂れる、などが嬉しいです。

ところが、ほんだ歯科のHPを拝見していると、だし昆布法は効く人と効かない人があるそうです。内容をご紹介しますので、ご参考にしてください。

だし昆布法は、精神的緊張が長時間持続してしまう結果、慢性的な緊張時口臭を引き起こし、その結果、平常時における唾液分泌能力が低下してしまった、長期にわたる苦しむ自臭症の患者さんが、基礎治療終了後において、唾液分泌能が回復したにもかかわらず、人前で緊張を起こしてしまう人のために考えた方法です。
実際の自臭症の治療では、最終段階にプログラムしています。
基礎的能力が回復していない自臭症の人がいきなりこれを行っても効果の低いことがあります。

口臭がほとんど問題にならない、一般の人が緊張時口臭を緩和する目的でガムを噛んだり飴を舐めたり、防臭剤を使う代わりに、この方法を用いることも大変有効です。

出典:ほんだ歯科 だし昆布を用いた口臭抑制法 この方法の特徴と有効な人

まとめ

フーセンガム

ガムを噛むと口臭が消えた気持ちになります。しかし、実際は、ガムの香料でごまかされているだけで、口臭は消えていません。

だからといって、ガムはまったく効果がないわけではありません。唾液の分泌を促す効果があるので、ドライマウス症の人の場合にはシュガーレスガムを噛むと良いと思います。

準備に手間がかかり少し面倒かもしれませんが、ガムよりも口臭予防に効果があるのは、だし昆布です。ぜひお試しください。

だからといって、口臭対策で大切なのは口腔ケアです。毎日の口腔ケア、特に歯磨きをおこなっている人が、ガムや昆布を噛むことでさらに効果ができるということですので勘違いしないでくださいね。

口臭予防に効果を望むのでしたら、こちらの記事『簡単、自宅でもできる口臭対策6つ』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する