プラークコントロールって何?80%歯磨きができれば口臭が予防できる!?

歯科衛生士によるブラッシング指導

プラークコントロールが出来れば口臭も発生しない?!

最近、テレビのコマーシャルなどでも盛んに「プラークコントロール」という言葉が叫ばれています。虫歯や口臭を予防するためには、プラークコントロールが必要というわけですが、そもそも「プラークって何?」という人も多いのでは?

そして、プラークコントロールをすれば、どんなメリットがあるのでしょうか?

今回の記事では、プラークコントロールについて誰でも分かるようにお伝えします。ぜひご参考にしてください。

プラークって何?

口内の細菌

プラークとは歯垢のことであり、食べかすのことではありません。口腔内にはいろんな種類の細菌がたくさん存在します。それらの細菌は集まってネバネバの塊りとなり、歯にくっつきます。これがプラークです。

細菌は糖を分解して酸をつくり虫歯の原因になることは良く知られています。でも、口臭ガスをつくることは知らない人が多いかもしれません。

細菌は、口に残った食べかすの他、剥離した細胞、白血球、死滅した細菌などのタンパク成分を分解して揮発性硫化物(VSC)をつくります。揮発性硫化物(VSC)は、口臭の元となる臭い成分です。

VSCは毒ガスのため、ガスが歯肉に触れると炎症を起こします。歯肉炎や歯周炎になるのはこのためです。

歯肉炎になると、歯周ポケットが深くなるため、歯磨きも困難になりプラークが増えやすくなります。歯周ポケットには、膿などの液もたまりガス化することで口臭が発生します。

プラークコントロールとは

歯ぐきをブラッシング

虫歯や歯周病にならないようにするためには、プラークを除去することが大切だということが理解されたのではないでしょうか。

そのための方法として最も効果的なのが、歯ブラシを使用してブラッシングすること。プラークはネバネバしたかたまりで歯の表面に付着していますが、歯ブラシでゴシゴシと磨くことで除去することが可能です。

ですから、簡単で最も効果的なプラークコントロールは、歯磨き!

ですが、人の歯は複雑に入り組んでいたり、歯肉の中の歯周ポケット部分まできれいに磨くことは困難です。

ですから、そんな時には、歯間ブラシやワンタフトブラシ、フロスなどを使うと便利です。それでも、磨き残しが出来るのが普通。そのため、3か月に1回は歯科で歯石除去やクリーニングを行なうことが大切です。

完璧でなくても虫歯・歯周病は予防できる?

舌を磨く女の子

虫歯や歯周病を予防するためには、プラークコントロールが大切だということが分かったかもしれません。でも、日常生活でそれ程完璧にすることは難しいと不安になったのでは?

ご安心ください。じつは、日本口臭学会の「口臭症治療の指針」の中で「プラークコントロール・レコードで20%以下に維持できるならば、多くの口臭疾患は予防できるといわれている。」と発表されていました。

これは、どういうことかというと、プラークコントロールが8割程度できていれば、虫歯や歯周病になる心配がない。それは、そのことからの口臭も心配ないということなのです。

今回の記事はお役に立ちましたでしょうか?次回もあなたの知らない情報をお伝えしていきますので、お楽しみにしてください。

口臭がひどい時にはこの5つを疑え! →

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する