美息美人(びいきびじん)が歯垢を落とす秘密!口臭が消える理由

鏡の前で歯磨き

美息美人で歯磨きをすると、歯がツルツルになる

はじめて美息美人(びいきびじん)を使われると、必ずと言っていいほど、「歯がツルツルになった。」と驚かれます。美息美人が、これほど歯の汚れを落とす秘密はどこにあるのでしょうか?

歯垢(プラーク)を落とすことができると、口臭予防に効果が出ます。だから、口臭でお困りの方には美息美人をおすすめしています。

今回の記事は、口臭予防に劇的な効果を出すことができる口臭予防歯磨き粉「美息美人」の秘密をお教えします。ご参考にしてくだされば幸いです。

口臭の原因は歯垢(プラーク)

口臭は口内と喉の細菌が作り出します。ですから、口臭をなくすためには、細菌を除菌することで解決できるはずです。

しかし、細菌が多く存在するのは、舌苔(ぜったい)や膿栓・膿汁の中です。舌苔や膿栓・膿汁は、細菌が集まりできたプラークの症状です。歯面にくっ付く歯垢(プラーク)と同じ種類のものです。

プラークは、見た目はネバネバした粘液ですが、表面にはバイオフィルムという強固な膜を張っています。そのため、マウスウォッシュや薬剤が浸透することが出来ません。

舌苔のプラーク

だから、口臭菌をやっつけることができないのです。プラークは歯ブラシなどを使ってこすると破壊し除去できますが、舌に付いている舌苔や喉にある膿栓・膿汁の場合には、歯ブラシで磨くなんてことができない。このことが、舌苔と膿栓・膿汁を除去できなくしていたのです。詳しくは『治りにくい口臭のニ大原因!プラークを溶かし除菌する方法』をご参考にしてください。

強アルカリイオン水はプラークを溶かし除菌できる

これまで除去できなかった舌苔や膿栓・膿汁が、美息美人を使うとどうして容易に除去できるのでしょう?

その秘密を公開します。

美息美人の主成分はホタテの貝殻粉。ホタテ貝殻粉を水に溶かすと、PH11.4程度の強アルカリイオン水ができます。この強アルカリに秘密があります。

強アルカリは、タンパク質から構成されているプラークを溶かすことができます。たとえバイオフィルムがあっても分解します。そして、中にある口臭菌も溶かしていきます。イメージ的には次のような感じです。

舌苔をアルカリが破壊するイメージ図


アルカリイオン水が歯垢などの汚れを落とす仕組み

アルカリイオンが、歯垢などの汚れと物体の間(界面という)に素早く浸透・付着します。

            矢印

付着した汚れの周りと物体の表面は、イオン同士の働きで反発しあって汚れ(歯垢)が取れていきます。

このように、美息美人にはアルカリイオンなので歯垢(プラーク)を分解するため口臭が減ります。細菌のかたまりである歯垢(プラーク)が除去できるので、口臭がなくなっていくのは当然のことかもしれません。

口内の細菌

歯垢(プラーク)は、主に歯面に付きます。ところが、歯垢(プラーク)が舌粘膜に付着することを知らない人が多いです。歯垢(プラーク)というと、石のように硬い歯石をイメージするかもしれませんが、歯垢はプラークといって、排水口にできるネバネバした汚れと同じ細菌が集まってできたものです。

プラーク(歯垢)は、細菌と汚れが集まってできています。そのため、口臭発生の原因になります。だから、口臭を消すためには、プラーク(歯垢)を除去する必要があるのです。

美息美人(びいきびじん)を使った後に、歯がツルツルになったと喜ばれますが、本当は歯がツルツルになっただけではなく、口臭菌の集まりであるプラークが取れたからです。

実は、プラークが取れただけではなく、その分、口臭も改善されているはずです。

この理由が、口臭予防歯磨き粉「美息美人」が、容易に歯垢を落とし口臭を消す秘密だったのです。

歯磨きする女性

美息美人のアルカリイオンは、うがいをするだけで汚れ(歯垢)を浮かすことができます。汚れ(歯垢)が浮くので、簡単にブラッシングするだけで汚れ(歯垢)が除去できてしまいます。

このように今までどおりのブラッシングでも、歯垢を簡単に落とせるため、口臭もなくなっていくのです。

もし、中々、口臭が消えないとお困りでしたら、口臭予防歯磨き粉「美息美人」をお試しください。
今なら、90日間の全額返金保証もついていますので、リスクなくお試しできます。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する