よだれの臭いに困っています!臭い原因と消す方法

寝起きのよだれ

寝起きのよだれが臭い原因と対策

居眠りして起きたときに、まくらやシーツに黄色いよだれがついていたことはありませんか?

黄色い色のよだれも嫌ですが、枕についたよだれの臭いを嗅ぐと不安になるかもしれません。詳しくは『枕に付いたよだれが臭い!においの原因と対策』をご参考にしてください。

今回の記事は、このような不安を取り除いてもらうために、寝起きのよだれが臭い原因と対策についてお伝えします。是非ご参考にしてください。

寝起きのよだれが黄色く臭いのは

寝起きによだれが出る人の特徴は、口呼吸やいびきをしていることです。寝ているときに、口を開けているため、口からよだれが垂れる。

当然といえば当然ですが、じつは、この口呼吸が問題なのです。

口呼吸をしていると、口腔内や喉が乾燥するため細菌が増えやすく、舌苔(ぜったい)や膿栓(のうせん)が良くできます。膿栓(のうせん)が出来ると膿汁(のうじゅう)もできやすくなります。

この膿汁(のうじゅう)が、よだれが黄色い原因です。そして、臭いのもこの膿汁(のうじゅう)が原因です。詳しくは『膿栓(のうせん)が口臭原因だと思っていたが?』をご参考にしてください。


口呼吸やいびきをしていない場合でも、ドライマウス症の場合には同じようになるかもしれません。

寝ている間は、だれでも唾液の分泌が減少するものですが、ドライマウス症の場合には、より唾液の分泌が少なくなり口が乾き細菌が増殖します。

そのため、黄色いよだれになり口臭も発生します。さらに舌苔(ぜったい)があると、細菌が増殖しやすくなり口臭が強くなります。詳しくは『唾液が臭い原因と臭わなくする方法』をご参考にしてください。

寝起きのよだれが臭くないようにするには

口呼吸やいびきの習慣がある場合には、鼻呼吸のトレーニングや就寝中にマウスピースをはめるという方法もありますが、改善は中々、難しいものです。私もいびきの習慣があるので良く分かります。

でも、黄色いよだれがでなくすることはできます。

黄色いよだれが出ないようにするためには、就寝前にていねいに歯みがきとうがいをすること。といっても、ただの水ではなく、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水を使わないといけません。
また、ふだんから、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水でブクブクうがいとゴロゴロうがいの両方を小まめに行うことがポイントです!

それと、唾液の成分のほとんどが水分ですので、就寝前に水を飲んで唾液が薄くなるようにすることもいいことです。

黄色いよだれが気になる場合には、就寝前に口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」で歯みがきとマウスウォッシュを行うと良いです。

あなたも、もし黄色いよだれが出て臭いとお悩みでしたら、美息美人(びいきびじん)がおすすめです。

クリック

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する