唾液が臭いとキスもできない!唾の臭いを消す方法!

唾液が臭いのは何故?唾が臭くないようにする方法

唾が臭いことで困っていませんか?

唾が臭いと、キスをすることにも恐怖に思えるかもしれませんよね。また、「唾液が臭うということは口臭もしているのでしょうか?」というように、口臭がしているかもしれないと不安になっている人もおられます。

もし、唾液の臭いを消すことができれば、これらの悩みもなくなるかもしれません。

今回の記事は、唾液が臭くなる原因と臭いを消す方法についてお答えさせていただきます。

唾液が臭う

「唾液が臭い」とはどういう症状をいうと思いますか?唾液のニオイは何もしなければ感じることができません。

ですから、唾液のニオイを感じるには、

  • 指で唾液に触れ、そのニオイを嗅ぐ
  • 指で舌をさわり、そのニオイを嗅ぐ
  • キスした後の相手の唇や肌のニオイを嗅ぐ
  • 相手から唾が臭いと言われる

このように、唾がついた部分を嗅ぐことで、ニオイがわかります。これは、唾液が肌につくと水分が蒸発しニオイが残るからです。

唾液が臭くなる原因

ご相談者から「このまま美息美人(びいきびじん)を使いづづければ、唾液の臭いもなくなるでしょうか?それにいつも口が渇いています。ドライマウスだからでしょうか?」とのご相談をいただいたことがあります。

結論から申しますと、唾液が臭うということは口臭がしています。唾液が臭うのは、ニオイの成分が唾液に溶け込むことによりおきています。そして、唾液に溶け込んでいるニオイ成分が気化することで、口臭が発生します。

ですから、唾液が臭わないようにするには、ニオイを元から絶たないといけないのです。そのためには、ニオイ成分がどこから発生しているかを知ることが大事になります。口臭原因については『口臭原因はコレ!12,000人が実践する対策と予防法を公開します』をご参考にしてください。

ご相談のメールの内容だけでは、原因は特定しかねますが、いつも口が乾いているということなので、舌にも細菌が増殖していると考えられます。口が乾くと舌苔(ぜったい)ができやすくなるからです。

舌苔(ぜったい)ができると、細菌が増えニオイ物質が作られます。そして、ニオイ物質が唾液に混じることに。このことが、唾液が臭くなる大きな原因かもしれません。

唾液が臭くなる原因

唾液が臭くなる原因で多いもの5つをご紹介します。

  1. 舌苔(ぜったい)ができている
    舌苔が臭いため、唾液も臭くなる。詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。
  2. 歯磨きが上手にできていない
  3. 歯周病になっている
  4. 虫歯がある
  5. 膿栓(のうせん)・膿汁(のうじゅう)ができている
    膿栓・膿汁については『口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方』をご参考にしてください。

ドライマウス症は唾液が臭くなる

ドライマウス症というのは、唾液が少ないことや口呼吸により口腔が乾燥する症状をいいます。

口が乾くと唾液の水分が少なくなり、唾がネバネバで濃くなります。そのため、唾液が臭くなります。

また、ドライマウス症の場合には、舌苔(ぜったい)だけではなく歯周炎や濃栓(のうせん)にもなりやすくなります。歯周炎になると、歯周病菌が膿のほか臭い物質を作ります。

また、膿栓(のうせん)ができると、臭い粘液も出来唾液に混じることがあります。舌苔(ぜったい)の他に、これらのことがあると、唾液は臭くなります。

唾液の臭いを消す方法

ですから、ドライマウス症の場合には、歯磨きだけではなく、こまめに「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水でブクブクうがいとゴロゴロうがいを行うことが大切です。

唾液が少なくなると、細菌が増殖しますので、口中を清潔にして細菌が増えないようにする必要があります。そして、こまめに水分補給をすることも大事かもしれません。

舌苔(ぜったい)が出来て細菌が増殖している場合には、「美息美人(びいきびじん)」を使って、歯磨きの度に舌も優しく撫ぜるといいです。舌がきれいになると、自然と唾液のニオイもなくなっていきます。

ところが、舌がきれいになっても、唾液が臭う場合があります。その場合には、歯周炎や虫歯などほかの原因も考えられます。そのような時には、早く歯科で診てもらうことが大切です。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のお客さまから、唾液が臭いことに関するご質問をいただきました。

「※サンプルを試しましたが、唾液の臭いは歯磨き直後でも変わらなかったのですが、唾液が臭うということは、口臭はあるということですね?」(※現在、サンプルの配布はしていません。)

口臭症の方の特徴は、自分の臭いが脳にインプットされていることです。そのため、微量の臭いでも脳が「臭い!」と感じます。

ですから、少しの臭いでも、特に臭い場合でも、同じように「臭い!」となることがあります。だからといって、この悩みを解決するには、かぎりなく唾液の臭いを消す必要があります。

唾液の臭いを消す方法

    1. 唾液を出す。詳しくは『唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策』をご参考にしてください。
    2. 舌をきれいにする。詳しくは『舌磨きをしないで舌をきれいにする?』をご参考にしてください。
    3. 歯磨きをていねいに行う
    4. 虫歯や歯周病の治療をする
    5. 喉を清潔にする。詳しくは『うがいで膿栓(臭い玉)を効果的に取る5つのポイント』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する