70歳を過ぎてから口が苦い!?口が苦くなると口臭がしているかも

70歳を過ぎてから口が苦くなる理由

高齢

高齢になると口が苦くなることがあります。そして、口が苦いと口臭をすることが多くなります。しかし、そのことを家族に訴えても、年齢のせいにされるだけ。

そのような経験はありませんか?

ところが、口が苦くなる理由は加齢だけが原因ではなかったのです。
今回の記事では、「口が苦くなる」理由と対策についてお伝えします。是非、ご参考にしてください。

70歳を超えてから口が苦くなった

今思い出すと、亡くなった母親が70歳を超えた頃から「口が苦い。気持ち悪い。」とよく訴えていました。

当時私も知識がなく、「歳だからしかたないね。」と答えたものです。そう言うと。母親も納得したように、「やっぱり、歳だから仕方ないね。」と諦めていました。

その頃、若かった私には、何も食べてもいないのに「口が苦い」ということが理解できませんでした。

でも、母親はよほど気持ち悪かったのでしょう。朝起きると、時間をかけて口の中を指で擦って洗っていました。
というのは、大きな部分入れ歯を入れていたので、外すとほとんど歯がなく歯ブラシが使えない状態だったのです。

そして、口の中をきれいにすると、「歯磨きをしたらスッキリするから気持ちええな。」と。

でも、それも、少しの間だけだったのかもしれません。

色んな薬を飲むように

若い時は元気だった母も、加齢とともに、血圧が高くなる、眠れなくなる、と高齢者特有の病気に。

そして、降圧剤や睡眠薬を飲むようになっていました。

じつは、これらの薬には唾液の分泌が減少する副作用があることが多いのです。

唾液が出なくなると、口が粘つく、口が苦い。

それだけではありません。

床に入ると、よくいびきをかいていたので、朝起きると、「えへん、えへん」と喉の調子も悪くなっていたようです。

いびきをかくと、喉が乾燥し喉に細菌が増えます。

すると、扁桃(へんとう)から抗体である粘液が出て、口が粘つくのですが、これが苦い!

高齢になって口が苦いという場合には、ほとんどがこのことが原因となっています。
あなたも思い当たることがあるのではないでしょうか?

口が苦くなる原因

  1. 加齢により唾液が減る
  2. 降圧剤、抗うつ剤、睡眠薬などの副作用で唾液が減る
  3. 心配やうつ症状などストレスによって唾液が減る
  4. 舌苔(ぜったい)が出来、味覚障害がおきる

この他にも、口が苦くなる原因に逆流性食道炎や喫煙による場合もあります。

口が苦いと口臭がする理由

口が苦くなる原因で、一番多いのは唾液が減少すること。唾液が少なくなれば、歯周病になったり、舌苔(ぜったい)ができます。そのため、口臭も強くなります。詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

唾液が減ると、喉にも細菌がふえます。すると、膿栓や膿汁(のうじゅう)が出て唾液に混じるため、口が苦く感じるのですが、この膿栓と膿汁が口臭の原因になっていることも多いのでご注意ください。詳しくは『口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方』をご参考にしてください。

他にも、逆流性食道炎になると、消化不良の食べ物が喉に付着し口に入ってくることがあります。そのため口が苦く感じ口臭を発します。

このように、口が苦いときには口臭がしているかもしれません。詳しくは『口が苦いときの原因6つと対策』をご参考にしてください。

口の苦味をなくすための対策

  1. 舌を動かすなど、お口の体操を行なうことで唾液の分泌を促す
  2. かかりつけの医師に相談して薬を変えてもらう
  3. 趣味や軽い運動でストレスを軽減する
  4. 友達と会話するなど楽しく生活する
  5. 丁寧に口腔ケアを行なう
  6. 水をよく飲む
  7. 小まめにうがいを行なう
  8. 無糖のガムを口に入れておく

以上、いくつかを毎日の生活に取りいれられることをお勧めします。

そして、唾液も良く出ているのに「口が苦い」とご心配な場合には、内科を受診され、お医者さんにご相談される方が早いかもしれません。

口が苦いときには、毎日の口腔ケアが大切です。
お口と喉の口腔ケアには、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」がおススメです。

クリック

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する