口臭予防:シチュエーション別…これで完璧かも!

シチュエーションに合わせた口臭予防の方法とは

歯みがき

人に会うときって口臭が気になりませんか?

そのために、毎日、口臭予防には気をつけていると思います。

でも、それだけ口臭予防に配慮していても…

大好きな恋人に会うときには、「口臭がしていたらどうしょう。」と不安に。

もし、口臭がしていて嫌われたらどうしょう。」と考えていたら、キスもまともにできないのではないでしょうか?

また、接客業の仕事をしていたら、「お客さんを不愉快にさせたらどうしょう?」と心配になるのでは。人によっては、「口臭がするようになってから営業成績が落ちた。」という方もおられます。

接客の仕事でなくても、友達と会う場合でも口臭がしていないか気にするのは、エチケットを大切にする社会人であれば当然のことです。

「もし、口臭がしていたら、エチケットもできないだらしない人。」だと軽蔑されるかもしれないと、友達に会うのを恐れるかも。

ですので、口臭がしないようにするのは、何がなんでも大事なことなのでは。

今回の記事は、シチュエーションに合わせた口臭予防についてです。

至近距離の会話での口臭予防

恋人とデートで会話するとき。接客のしごとでお客と顔を合わせて話をするとき。
どちらも、相手との距離が近いので、少し口臭があっても相手に口臭が感じるかもしれません。

だから、よけいに口臭がしているかどうか不安になります。

そのために、恋人と会う前や仕事に行く前には、いつもより以上に口臭予防に気をつけているはずです。

でも、心配で。不安。。。

じつは、この心配や不安、緊張、という感情が起きると、自律神経に影響を及ぼし唾液が出なくなり口内が乾燥してしまう。そのために、口臭が発生するという思いがけない事態に。

ですから、大切な人と会う前には、不安や緊張などのマイナス感情にならないようにすることが、口臭を予防するためには大事になります。

では、どうすれば良いでしょう?

お勧めは、自分の口臭レベルを知っておくこと。

口臭レベルを知るための簡単な方法は、簡易口臭チェッカーで測ることです。

心配していても、実際、口臭チェッカーで測ってみると、普通だということが多いです。

このようにして、自分の口臭がどれだけあるのかを知っていれば、過剰に心配することがなくなります。そして、大切な人と会うときでも、「口臭がしているかも?」というような余計な心配がなくなるかもしれません。

食後の口臭を予防するためには

食事を摂ったあとは、「口臭がするのでは?」と心配して歯磨きをする人が多いです。食後の歯磨きは社会人のエチケットのように思われているようです。

しかし、食後歯磨きをしても、口臭予防にはならないかもしれません。

というのは、日本口臭学会の発表では、「食事をすると多量に唾液が出るため、口臭が軽減する」といわれているからです。

一日の内で、最も口臭がしないのは、食後だったのです。

では、どうして、食事の後に食べ物のにおいがするのでしょう?

臭うのは、一部の人だけなのです。一部の人というのは、舌苔(ぜったい)がある人。

舌苔(ぜったい)ができていると、食べ物カスが苔に付着します。そして、それをエサにして細菌が活動するのです。その時に臭いを発生します。

だから、舌苔(ぜったい)がある人の場合には、食事をしたあとに口臭がするのです。ですから、食後に歯磨きをしても、口臭予防にはならないのです。口臭原因が舌にあるのですから、歯磨きは意味がなかったのです。

食事のあとの口臭を予防するには、舌苔(ぜったい)ができないように予防することが大事です。

もし、舌が白くなっていましたら、舌苔(ぜったい)の予防には、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」がお勧めです。

寝起きの口臭を予防するためには

寝起きは、一日の間で最も口臭が強くなる時です。

でも、寝起きに口臭が強いと、家族や恋人からひんしゅくを受けるかもしれません。

たとえ、独り身であっても、寝起きから自分の口臭を感じたら、トーンダウンしますよね。

では、どうして、寝起きは口臭が強くなるかというと、睡眠中は唾液が出なくなるため細菌が増えるからです。

ですから、寝る前に歯磨きを十分にできていないと、磨き残しの細菌が寝ている間に一気に増殖。

朝起きたときには、唾液が粘つき苦く、口臭も最高に。
これが、寝起きに口臭が強い理由です。

寝起きの口臭を予防するには、寝る前に5分から10分時間をかけて丁寧に歯磨きを行なうようにすること。

寝る前の歯磨きを習慣化することで、寝起きの口臭がかなり改善されるはずです。

それでも、口臭がある場合には、虫歯や歯周病のほか、喉(のど)の膿栓(のうせん)や舌苔(ぜったい)が、口臭原因になっているかもしれません。

喫煙・飲酒による口臭を予防するには

喫煙や飲酒が好きな人は、口臭の原因になることは分かっていてもやめられない。

だからといって、そのことで口臭がすることが悩み。

喫煙や飲酒で口臭が強くなるのは、どうしてだと思いますか?

喫煙をするときには、口呼吸になっています。そのため、口が乾き口臭が発生するのですが、そのときにニコチンやタールの臭いも交じるために、ひどい口臭に。

また、アルコールは唾液を気化させる作用があります。そのため、飲酒をすると、口が乾き口臭が。そして、お酒の臭いも交じりひどい臭いに。

喫煙や飲酒による口臭を予防するには、口が乾燥しないようにすることです。

そのためには、喫煙や飲酒をするときには、水の入ったコップを隣に置き、ちょびちょびと飲みながら、喫煙や飲酒すると良いかもしれません。

かもしれないというのは、口臭の予防が完璧ではないからです。でも、何もしないよりは、ましです。禁煙できない、禁酒できない場合にはお試しください。

 

今回の記事「シチェーション別口臭予防」はご参考になったでしょうか?

口臭を予防したいけれど、生活習慣があるので難しいという方が多いのではないでしょうか?

簡単に口臭予防をしたいのでしたら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお勧めします。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する