ウサイン・ボルトの噛む力は何キロ?

スポーツ選手の噛む力

8月にあった北京世界陸上でウサイン・ボルトが、3冠を達成したときには、世界中が興奮しましたね。
ところで、スポーツニュースを見ていたら、

広島カープにドラフト1位で入団した大瀬良大地の噛む力が、ニュースに。

日本人の平均咬合圧が、50~70キロだといわれているのに、大瀬選手の咬合圧は、約95キロもあったので、それがニュースに取り上げられていました。

そのニュースを見ながら、昔、読売巨人時代の王選手の噛む力が話題になったことを思い出しました。

王選手の噛む力が、90キロを超えていたと話題になったものです。

そのぐらい奥歯に噛む力がないと、あれだけのホームランが打てないとのことでした。

そのため、王選手の奥歯はガタガタに?
同じように、力士も相撲をとるときには、奥歯を噛みしめます。その時の咬合圧は、100キロとも。

そのため、奥歯がガタガタに?

他のスポーツ選手も、噛む力がないと瞬間的にパワーが出せません。

素晴らしい記録を出している選手は、すべて咬合圧がすごいようです。

もちろん、ウサイン・ボルト選手も。
そして、

将来、ボルト選手の奥歯がボロボロになるかもしれません。

咬合圧が高いと歯周病に

噛む力が強いのは、スポーツ選手だけではありません。

じつは、私も。。。

噛みしめる癖がありました。

歯ぎしりも。

おまけに、せんべいやナッツなど硬いものが好きでした。
そのため、歯周病に

歯医者さんに行ったら、
かみ合わせが強いので歯周病になっているので、歯を削りますね。」
と、いつも咬合調整をされたものです。

かみ合わせが強いと、歯を支えている歯根膜に過剰に負担がかかり、炎症を起こし、それが原因となって歯周病になります。

奥歯に歯周病がある場合には、あまり硬いものを噛まないほうが良いかもしれません。詳しくは『「さきいか」を噛むと歯や歯ぐきが痛くなる!その原因と対処法』をご参考にしてください。

歯ぎしりをすると知覚過敏に

歯ぎしりをしていたので、歯医者さんに相談すると、「ナイトガード」をはめるように勧められました。

ナイトガードは、夜用のマウスピースのことです。

これをはめると、いびきの予防にもなるとのことでしたので、作ったのですが、はめて寝ると、ナイトガードが気になり熟睡できません。

結局、宝の持ち腐れに。

その頃、知覚過敏にも。

歯医者さんに相談すると、歯ぎしりや噛みしめが強いと、歯のエナメル質が欠けることがあるとのこと。

エナメル質が欠けると、柔らかい象牙質が見えてしまい、冷たい飲み物や甘いチョコレートがしみることになります。

知覚過敏というと、歯磨きのし過ぎかと思われるかもしれませんが、「歯ぎしり」が原因のこともあります。詳しくは『知覚過敏をシミらなくする?』をご参考にしてください。

噛みしめが強すぎ歯根破裂に

噛みしめが強すぎたために、最終的には奥歯の歯根にひびが入ってしまいました。

歯根のひび割れに細菌が侵入し、歯根の底が歯周炎に。

歯医者さんで治療を重ねても、良くなるのは一時的。
すぐに歯周炎は再発しました。

歯医者さんにお聞きすると、
歯根破裂をすると、歯周病を治すことはかなり困難だということでした。

歯根破裂をすると、歯周病を治す方法は抜歯しか選択肢がない。
仕方なく、抜歯することに。

かみ合わせが強いと、スポーツをする分には良いのですが、歯にとっては悪いことばかり。そして、歯根にひび割れができる人は、私のように歯ぎしりや噛みしめが強い人が多いようです。詳しくは『歯根がヒビ割れて口臭が…』をご参考にしてください。

もし、気になるようでしたら、早めに歯医者さんに相談された方が良いかもしれません。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する