口臭と嗅覚の不思議

ヒトは、どうして嗅覚をもったのか?

ヒトの嗅覚は五感のうちでも特に鋭敏であり、本能的、原始的な感覚なのです。

嗅覚については、まだまだ未解明の領域が多くあります。

悪臭・嫌な臭いを感じるのは…

腐敗した有機物の発する物質を悪臭と感じるのは、進化の過程で死臭による危険の察知や、食物の状態を判断するため発達したものと考えられています。

逆に、良い匂いと感じるのは、原始時代のヒトにとって必要な栄養がある食物かを判断する基準だったりします。
良い匂いであれば、生命を維持するために重要な食物だというふうに進化したのでしょう。

さらには、異性のにおいを感じることで、性的欲求が高まるようにもなっています。

良い臭いを感じることで、本能的に心が安心したり、癒されたり、高まったりと、精神的にも良い影響を及ぼすことにつながることができます。
ところが、嫌な臭いを感じると、精神的にも嫌な気持ちになるものですね。
口臭の場合でも、自分だけではなく周りの人をも嫌な気分にしてしまうのです。

このように、臭いと心(精神)は密接にかかわっています。

臭いを感じられる数

臭気として知覚できる物質は数十万種はあるといわれています。
日常的に「~のにおい」と表されるものでも、その構成物質は数百に及ぶとみられます。
例えばコーヒーの香り成分だけでも、500種の物質が存在するのです。


臭いを快・不快と感じる要素

同じ臭いでもいろんな条件によって、快・不快と感じてしまいます。
それが、臭いのおもしろいところです。

ヒトが何らかの臭気を感じた時、それを不快に感じるかどうかは非常に幅が広く、様々な要素が影響することが知られています。

  • 臭気の強さや構成:香水や果物などのにおいは、強すぎると悪臭になります。
  • 魚の生臭さは通常不快ですが、市場の映像を見せながらだと臨場感を高める効果があり、良いニオイとなります。(バーチャルリアリティ)
  • いわゆる「気になる」「気にならない」で、時刻や頻度、感じているストレスの大きさなど、身体的・心理的状態により感覚が左右される
  • 多くの文化が悪臭を放つ発酵食品などを利用しているように、有益なものの特徴に過ぎないことを知っていれば、不快感は大きく低減され、さらには好意的に受け止められもする(例えばブルーチーズや納豆などは、それを好きな者には、さほど気にならないものです。)
  • ヒトは同じ悪臭に曝露され続けるとやがて感じなくなり、これが長期間続き慣れてしまうと、いったん無臭状態を経由しても感じにくくなります。

 

臭いは数値だけでは表せない

気温の場合、温度計で測った数値と、体感温度は必ずしも一致しません。
同じように、「臭い」も悪臭を定性的・定量的にあらわすことは非常に困難であり、評価から人間の主観を排することができないのです。

この問題の解決手段として期待されている臭気センサーの開発は、五感を代替するセンサーのなかでは最も遅れています。
これまでに半導体や薄膜、細胞などを利用したものが考案され、製品も市販されているものの、結局は、ヒトの嗅覚、特に嗅ぎ分けには追いついておらず、用途は限られています。

ですから、口臭を調べる場合には、原始的ですが、他人に自分の息を嗅いでもらう方法が、口臭チェッカーよりも分かりやすいので、口臭専門歯科でも行なっています。

息を嗅いでもらった結果、もし、「臭い!」といわれたなら、このホタテ貝殻の歯磨き粉を使ってみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

口臭が気になっているのならこれを読んでください

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する