入れ歯の手入れ:歯科衛生士おすすめ

入れ歯の正しい手入れ方法

gisi

昨日、歯医者さんに行ってきました。

奥歯の被せ(銀歯)のやり替えのためです。
特に虫歯になっているわけでもないのですが、被せを入れてから10年以上も経っているため、歯と被せ(銀歯)の間に段差がついてしまったからです。

その治療中の出来事です。

隣のカーテン越しに、歯科衛生士さんと高齢の患者さんの会話が聞こえ、気になって仕方ありませんでした。

その会話とは、入れ歯の手入れ方法についてだったのです。

間違った入れ歯の手入れ方法

歯科衛生士「入れ歯が傷ついています。どんなお手入れの仕方をしています?」

患者「どんな?って、普通に歯ブラシに歯磨き粉をつけて磨いていますが。」

歯科衛生士「ダメですよ。歯磨き粉なんか着けて入れ歯を磨いたら。

患者「どうしてですか?」

歯科衛生士「歯磨き粉には研磨剤が入っているので、そんなふうに磨いたら入れ歯に傷が着くんです。

患者「ダメなんですか?」

歯科衛生士「はい、入れ歯の材質はプラスチックのようなものなので、研磨剤で傷が着くと、その傷の部分に細菌がくっつき余計に汚れてしまうんです。」

患者「そうだったんですね。では、これから入れ歯の手入れはどうすれば良いのですか?」

歯科衛生士「はい、入れ歯の手入れは、何もつけずに歯ブラシで磨いて、水で良く洗えば十分ですのでそのようにしてくださいね。」

患者「分かりました。」

 

こんな会話が聞こえてきたので、気になって仕方ありませんでした。

歯科衛生士さんが言ってたように、市販の歯磨き粉には研磨剤が入っています。

そんな歯磨き粉で、歯を磨いたらどうなるのでしょう?

それどころか、

歯磨きのついでに、舌を磨く人もおられます。

研磨剤の入った歯磨き粉で舌を磨いたら、デリケートな舌の粘膜はどうなるでしょう?
想像がつくと思います。
普段、何気なくしていることでも、怖いことって結構あるものです。
先ほどの、入れ歯の手入れもですが、私のお勧めは、「入れ歯洗浄剤」です。

 

正しい入れ歯のお手入れ方法

  1. 入れ歯は、寝る前に外し、「入れ歯洗浄剤」に着けておく。
  2. 朝起きたら、「入れ歯洗浄剤」に着けていた入れ歯を、水道水をかけながら歯ブラシで丁寧に磨いて洗い流す。

この方法が、一番理に適っている入れ歯のお手入れ方法です。
もし、入れ歯を使っていましたら、是非ご参考にしてください。



ほとんどの市販の歯磨き粉には、研磨剤が入っています。

でも、硬いエナメル質で歯が覆われている健康な歯であれば、たとえ研磨剤が入っていても、削れることはないといわれています。

ところが、
脱灰が進んでエナメル質が薄くなっていたり、食後すぐに研磨剤で歯磨きすると傷が着くかもしれません。

食後30分以内は、歯の脱灰化により歯が柔らかくなっているため、歯磨きを行なうのは良くないというのは、このためです。

ですから、
できれば、研磨剤などの添加物が入っていない、無添加の歯磨き粉をお勧めします。

ちなみに、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」は、完全無添加です。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する