舌が白くなった時の舌磨きは

口臭を無くすための舌磨きの方法

・よく舌ブラシを使っていますとか、舌の白い部分がありますが、あれはなんですか?
・毎日舌を磨いてはいけませんか?
・舌が綺麗な場合、どうなってますか?
・舌が傷つくとどうなりますか?

というようなご質問をお聞きすることがあります。


舌苔

舌の白い部分は、「舌苔」と呼ばれるものです。舌は消化器官の延長のようなもので、味覚や熱をよく感じられるようにヒダヒダの粘膜状になっていて、とても柔らかい皮膚でデリケートなつくりです。

そんな舌のヒダのくぼみには、細菌の集まりであるプラークがくっつきやすくなります。それが、舌苔です。

舌苔の細菌は、食べ物の残りかすを醗酵させ悪臭ガスを発生するので、口臭を抑えるには、毎日、プラークを取り除く必要があります。

そんなふうに申し上げると、「口臭をなくすためには、舌苔を落とさないといけない。」と思ってしまいます。

でも、デリケートな舌を硬い舌ブラシで強くゴシゴシと磨くのは、タブーです
舌の肌を傷つけてしまい、かえって細菌の棲みやすい環境となるからです。

臭いをなくために舌を磨くのであれば、特別に、専用の舌ブラシではなくても、柔らかい毛の歯ブラシであれば充分です。
ただ、そっと、優しく撫ぜるように舌を磨くことが大事です

臭いを無くすためには、きれいに磨くことは必要ありません。

※舌磨きは同じ箇所は3回以上磨かないようにしてください。
できれば、口臭予防歯磨き粉「美息美人」のように、イオンの働きによって容易にプラークを除去できる歯磨き粉を使うことが、舌も傷つけないので安心です。

口臭をなくすためには、歯を磨くことだけではなく、舌や歯肉縁下、頬も磨くことが必要になります。


人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する