歯ぐきが腫れてブヨブヨ!色が悪い、噛むと痛い、その歯周病対策はこうする!

歯肉炎で腫れている歯ぐき

歯ぐきの腫れ(ぶよぶよ)原因と対策

歯ぐきが腫れてブヨブヨになりお困りですか?歯ぐきが腫れる原因はいろいろありますが、歯ぐきがブヨブヨになっている場合は、たいていが歯槽膿漏(歯周病)によるものです。

歯槽膿漏(歯周病)になると、歯ぐきが腫れる、歯ぐきの色が紫色になり見た目も悪くなります。それに、噛むと痛みが走ったり、出血をすることもあります。

そして、歯槽膿漏(歯周病)は日増しに悪化するので不安になりますよね。だから、すぐにでも歯ぐきのブヨブヨに腫れたのを治したいのではないでしょうか?

今回の記事は、歯槽膿漏(歯周病)による歯ぐきの腫れの原因と対策についてお伝えします。

歯ぐきが腫れてブヨブヨ

歯肉炎で腫れている歯ぐき

歯ぐきが腫れるといってもいろんな症状があります。詳しくは『歯周病の口臭、出血、歯茎の腫れに効く歯磨き粉の選び方』をご参考にしてください。

でも、今回は、歯ぐきがブヨブヨになった状態について特集します。

若い人たちの健康な歯ぐきは、ピンク色で引き締まっています。ところが、歯ぐきがブヨブヨ状態だと、見た目が悪いです。ブヨブヨに歯ぐきが腫れている場合には、歯ぐきの色もピンク色ではなく紫色のような暗い色になっています。

そして、見た目だけではなく、口臭も強くなります。見た目も悪く口臭もするようになれば、いっぺんに老化したような気分になるかもしれません。

さらに、歯ぐきがブヨブヨの場合には、噛むと歯が痛んだり、ブラッシング時に出血することも。ひどくなると、リンゴどころかパンをかじっただけでも、パンに血が付くこともあります。もし、そのような経験をしたことがあれば、「変な病気なのでは?」とご心配されていたのではないでしょうか?

歯ぐきが腫れる原因

歯ぐきが腫れる原因は、歯槽膿漏(歯周病)だけではありません。歯ぐきが腫れたからといって、歯槽膿漏(歯周病)に決めつけると危険なので、いろんな原因についてご紹介します。

歯槽膿漏(歯周病)による腫れ

ところで、「歯茎が腫れている」ということについて、この歯茎の腫れというのは、原因が多様で一概に言えないので恐縮なのですが、一番多い理由は歯周病によるものです。


歯周病といっても段階があり、初期段階では、歯肉炎といって普段は痛くありません。歯茎の部分を指で押さえると、少し痛みを感じる程度です。

歯肉炎がもう少し進むと、歯ブラシ時に、軽い出血を伴います。この状態をほっておくと、歯肉炎が進み、歯茎がぶよぶよに腫れた状態になります。

さらに、これをほっておくと、歯槽骨が溶けてしまい歯がぐらついてしまいます。最終的には、歯が抜けてしまいます。

このようにして、知らないうちに病気が進行するのが、一般的な歯周病です。これらの初期段階では、上手にブラッシングすれば、歯周病が進むのを防ぐことができるし、歯茎も引き締めることができます。

しかし、歯茎が痛むとかブヨブヨに腫れた状態になると、歯周病菌が歯周ポケットの奥深く入ってしまっていますので、歯肉の上だけ磨いても原因菌を除菌できません。

このような場合には、必ず歯科治療を受けないといけません。

根尖性歯周炎で歯ぐきが腫れる

根尖性歯周炎という病名は初めて聞くかもしれません。でも、虫歯になった人の多くがなっている病気です。

根尖性歯周炎は、虫歯を放っておくことでなってしまう病気です。
歯の根は、虫歯になると神経が死んで細菌があふれ出します。細菌があふれてしまうと次第に血液循環が悪くなり免疫能力が低下してしまうのです。その結果、歯の根が毒素だらけとなって歯周組織に炎症を引き起こします。その炎症状態が根尖性歯周炎です。

出典:吉松歯科医院公式ブログ 根尖性歯周炎の原因・症状チェックリスト

根尖歯周炎

根尖性歯周炎には、私もなったことがあるのですが、歯根の先に細菌が増え炎症をおこしているのは、かなりやっかいです。歯科治療では、歯根に穴をあけて清掃、薬で殺菌、穴をふさぐ、という方法です。細菌の状態を見ながらの治療なため、かなりの日にちがかかりましたが、それで完治しました。

ところが、その数年前にも根尖性歯周炎になり違う歯科医院で治療を受けたことがありました。でも、その時は一時的に良くなったのですが、再発したのです。根尖性歯周炎は、それほど治療がむずかしい病気です。ご参考までにその時の体験をお話しします。

歯磨きを丁寧にして、健康状態もよければ、この歯根膜の細菌はおとなしくしていて、歯茎も痛くもなく腫れもなく正常を保てます。それが、心身に疲れがたまったり、忙しくて歯を丁寧に磨かないなど、悪条件が重なれば、この歯根膜の細菌が活発になるのです。そうすると、歯茎が腫れて食事の時には、思い切り噛めないことになります。こんな状態になると、私の場合には、直ぐに歯周病の専門医にかかっていました。

imagesCA21FL8X.jpg

その歯科医院で処方された薬は、「ロキソニン」と「フロモックス」という薬でした。どちらの薬も、病原菌を殺し炎症を抑えるものです。

これらの薬は抗生剤なので、使い方を間違えると耐性菌ができてしまうというリスクがあります。でも、私の場合はこれらの薬を服用するだけで、直ぐに治りました。しかし、その1年2カ月後には、また歯周炎になったのです。それほど、歯周炎は治りにくい病気です。

また、歯周病は、炎症を起こしている箇所の歯の咬み合わせを調整することで、歯茎への刺激が減り治癒しやすくなります。あなたも、歯周病で歯ぐき(歯)が痛むときに、嚙み合わせのために歯を削られてことがあるのではないでしょうか。

歯髄炎で歯ぐきが腫れる

知覚過敏

歯茎が腫れる原因には、他にも歯髄炎といって、虫歯が原因で、歯の歯髄にばい菌が入り化膿することで炎症を起こすことがあります。

きれいに治療をしていても、クラウンやインレーが歯に適合していなくて、わずかに隙間ができることがあります。そのわずかな隙間から、歯髄に細菌が入り込み炎症を起こします。

このような場合には、必ず歯科にかかり、レントゲン撮影をすれば分かりますので、もし、歯髄炎になっていたら、クラウンやインレーを外してから、歯髄をきれいにする治療を受けることになります。

歯根がひび割れて歯ぐきが腫れる

ブリッジの支台歯には、物を噛んだ時に通常の歯と違い過剰に圧がかかります。また、嚙みしめが強いとか、歯ぎしりをする場合も、過剰に咬合圧がかかります。

そのような場合に、歯根にひび割れを生じることがあります。
そして、その割れから細菌が侵入し歯ぐきに炎症をおこし、歯ぐきが腫れることがあります。詳しくは『歯根がヒビ割れて口臭が…』をご参考にしてください。

口内炎による歯ぐきの腫れ

口内炎

ストレスや疲労などが重なると免疫力が低下するため口内炎が起きやすくなります。いわゆるアフタ性口内炎といわれるものです。口内炎の原因ははっきりとわからないことが多いようです。口内炎は、様々な原因が重なって発症するからです。

そして、口内は、口唇だけではなく歯ぐきにもできることがあります。

アフタ性口内炎は、放っておいても自然に治りますが、治らない場合や多数の口内炎ができている場合には、他に病気になっているかもしれないので受診されることをおすすめします。

歯ぐきが腫れた(ブヨブヨ状態)時の対策

歯科医院

歯ぐきがブヨブヨになっている場合、ほとんどが歯周病が原因です。歯周病は細菌による感染症。ですから、歯医者さんで治療してもらわないといけません。放置すると悪化するからです。

歯医者さんでは、歯周病の程度によって治療が異なりますが、基本的には、歯周ポケットの中をきれいにする治療になります。

方法としては、歯石除去とクリーニング、そして、殺菌です。歯周病を治療するには、これを定期的に受けることが大事です。できれば、2~3か月に一度は受けられることをおすすめします。

歯周病は、歯科治療だけでなおる病気ではありません。毎日のブラッシングケアが重要なのです。どれだけ歯科で治療を受けてもブラッシングがうまくできていなければ、すぐに歯周病が悪化するのでご注意ください。

効果的にブラッシングするには、歯科衛生士さんから指導を受けられると良いと思いますよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

お正月までの口臭改善の方法

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する