慢性化した舌がきれいにならない本当の理由

白くなった舌

慢性化した舌苔(ぜったい)を改善する方法

この方法は、美息美人(びいきびじん)のお客様や親しい友人たちだけに時々案内している「特別なもの」の内のひとつです。

もし、あなたが舌が白くなっていて、これまで色んな努力をしても改善しないとお困りでしたらチャンスかもしれません。

もしかしたら、あなたの舌の状態はこうではないですか?

何をしても舌がきれいにならないので、「舌磨き」が良くないのは理解しているが、仕方なく舌磨きをし余計に悪化してしまった。

思い当たるふしがないですか?

白くなった舌が改善するどころか、舌全体にびっしりと舌苔(ぜったい)が着いてしまうのは、すべてこの悪循環によるものです。

この記事では、舌がきれいにならない本当の理由と改善するための方法についてお伝えします。ぜひ、ご参考にしてください。

舌が白くなる原因

舌が白くなる原因は、たくさんありますが、お客様のなかで多いのはこの4つ。

  1. ストレスによるドライマウス
  2. 口呼吸、いびき
  3. 不規則な生活習慣
  4. 降圧剤、安定剤、睡眠薬など薬の副作用

ドライマウスとは、口が乾く症状のことです。ストレスが重なると自律神経に影響をあたえ唾液が出なくなります。現在人に多いストレス症状の一つです。

口呼吸やいびきを習慣的に行っていても口が乾きます。その他、睡眠不足や食生活がいい加減だと体調不良になり唾液が減少します。

唾液が出ないと舌が乾き細菌が増えます。

舌の粘膜に細菌が繁殖すると、食べかすや細胞の死骸などをエサとしてプラークを作ります。舌のプラークも歯に付着するプラークと同じものです。

舌のプラークは、条件(乾燥や酸性)が整うと増殖し、舌の表面に厚い苔を形成していきます。

これが、舌が白くなるしくみです。詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

舌苔(ぜったい)が悪化すると

舌苔(ぜったい)が、びっしりと厚く形成されると、こんな症状を引き起こします。

  1. 舌がパサパサに乾燥する。
  2. 舌がピリピリする感じを受ける。
  3. 苦味を感じたり、味覚異常を起こす。
  4. 口の中の不快感により唾液分泌が減り唾液が粘つく。

舌苔(ぜったい)が厚く形成されると、見た目が悪いだけではなく、このような違和感を感じるようになります。

そのため、舌を磨く人が多いのかもしれません。

しかし、舌を舌ブラシで磨いても、舌苔(ぜったい)の上面しか除去できません。

プラークは、ヒダヒダ状の舌乳頭の間にたまっているので、乳頭間まできれいにしようとすると、舌乳頭を削り取ってしまうことになります。

このことが、舌を悪化させる最大の原因です。

舌苔の慢性化

医学知識があれば、容易に分かることですが、舌乳頭を強く磨けば傷ができ、そこに細菌が着き化膿します。

細胞が化膿すれば、どんどんとプラークが増え舌苔(ぜったい)も厚くなっていきます。

これが、舌苔(ぜったい)の慢性化です。だから、舌磨きでは改善できないのです。それどころか、悪化のスパイラルにはまり込むことになることが多いのです。

舌苔が慢性化したときの症状

過剰な舌磨きなどによって、舌が傷つき舌苔がつくと次のような症状がおきます。そして、その症状が慢性化することがあります。

  • 味覚障害をおこす
    味覚を感じるのは味蕾という器官ですが、舌苔が多量にできると味蕾がふさがってしまい味を感じなくなります。他にも、過剰な舌磨きによって味蕾が機能しなくなっていることもあるかもしれません。
    味覚障害で多いのは、口が苦く感じることです。
  • 生臭く感じる
    舌苔が多量にできると、口臭ガスも多量に発生します。そのガスが唾液に溶け込み舌に付着します。そのため、口が常に生臭く感じます。他にも、舌苔の中には歯周病菌が繁殖しています。それらが、歯に感染し歯周病を悪化させます。歯肉炎や歯周炎をおこすと排膿や出血があるので、生臭くなります。
  • 食事をしたあと、食べ物の味やにおいが舌苔に付着するので、いつまでも食べ物ににおいと味が残るので不快を感じます。
  • 口・舌が乾燥する。
    舌苔から発する臭いや味によってストレスを感じます。ストレスが自律神経を乱し唾液を出なくします。そのため、口と舌が乾燥する。
  • 舌がぴりぴりする
    普通は、舌粘膜は唾液で保護されています。しかし、舌が乾燥すると舌がむきだしになるため、ピリピリと刺激を感じることになります。

慢性化した舌をきれいにする方法

舌をきれいにするためには、何が必要でしょうか?

舌がきれいになる条件は、この3つ!

  1. 十分に唾液を出す。
  2. 口呼吸から鼻呼吸にし、口腔内を乾燥させない。
  3. 酸性に傾いた口腔内を中性にする。

唾液には、抗菌作用や酸性化した口中を中和する働きもあります。そのため、唾液が良く出ているとプラークができにくくなります。

でも、舌が白くならない一番の理由は、唾液(水分)によって細菌や汚れを洗い流し、口腔内を常に清潔に保つことができるからかもしれません。

あなたの口腔内に、この3つの条件をつくることができれば、今後舌が白くならないことで済むかもしれません。

唾液が出なくなる原因はいろいろありますが、こちらの記事「唾液を出す6つの方法…ドライマウス対策」ご参考にしてください。

また、唾液が出ない原因で多いのがストレスです。ですから、ストレス対策も舌をきれいにするためには重要なことかもしれません。
ストレス対策には、こちらの記事「その口臭!ストレスが原因かも?」がお役にたちます。

それでも、今現在、白くなっている舌を少しでも改善したい人には、こちらの記事「舌苔(ぜったい)で困っている人必見!コットンで苔をふき取る方法」をお試しください。美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水をコットンに湿らせ舌を拭くことで、酸性化した舌を中和できます。だから、舌がきれいになるのです。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する