舌苔(ぜったい)で困っている人必見!コットンで苔をふき取る方法

口がネバネバ

舌苔(ぜったい)で困っている人必見!コットンで苔をふき取る方法

舌苔(ぜったい)ができると、舌磨きをしてもすぐに白くなりませんか?そのために、今まで以上に強く舌磨きをするという悪循環になっている人が多いです。

一時期、舌磨きが流行りましたが、現在は「舌磨きは糸状乳頭を傷つけるので舌苔(ぜったい)には逆効果!」というのが定説。まだ舌磨きをしているなんてことはないですよね。

それでは、どうすれば良いのでしょう?舌磨きがダメになったので多くの方が困っています。でも、ご安心ください。舌苦きに代わる方法が見つかりました。

その方法とは、コットン(綿花)で舌苔(ぜったい)をふき取る方法です。ふき取るといってもただ拭くのではありません。

今回の記事では、「コットンを使用して苔をふき取る方法」についてお伝えします。本当に簡単にできますので、ぜひご参考にしてください。

舌苔(ぜったい)とは

舌に白く苔が付いた状態のものを舌苔(ぜったい)といいます。舌苔(ぜったい)ができると、口臭が強くなります。そのために、舌が白くなると困ってしまうのですよね。

舌苔(ぜったい)ができる原因の多くはドライマウスによるものです。 唾液が少なくなると、口中の細菌が棲みやすくなり格好の場所となります。舌の表面には、餌となる細胞の死がいや食べ残しが溜まるので細菌にとっては、大好きな場所です。

舌の細菌が集合した状態をデンタルプラークといいます。歯に付着する歯垢もデンタルプラークですので、同じようなものですが、舌のデンタルプラークは、食べかすや細胞の剥がれた物も一緒に取り込んで固まるので苔状になります。白い苔状になっているものを舌苔(ぜったい)と言います。

舌苔(ぜったい)の色は、白いものから黄色いものまでいろんな色がありますが、食べ物などの色素が付いたことで色が変わります。黄色くなっている場合は、カレーライスを食べることでも色が付きますが、よくあるのは喫煙によるものです。ニコチン・タールが苔に着色することで黄色くなります。

舌苔(ぜったい)ができると、見た目が悪い!そして、口臭が発生する!よくないことばかりです。

口臭発生の6割が舌苔(ぜったい)からと言われていますので、口臭を予防するには、舌をきれいにすることが必須です。詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

舌磨きはタブー

sitamigaki

舌苔(ぜったい)を除去することによって、口臭は軽減することは分かっています。ですが、舌苔(ぜったい)を取るために、硬い歯ブラシでゴシゴシと磨いては、舌乳頭を傷つけてしまい、逆に口臭の原因をつくることになってしまいます。

ですから、舌を磨くときには注意が必要ですが。「分かっていても、舌がきれいにならないから。」と言う理由で過剰に磨いてしまう人が多い。

舌磨きで、舌の傷は慢性化。苔が厚くなり、真っ白(茶黄色?)に。何度も申しますが、舌をきれいにするには、磨いてはいけません。たとえ舌ブラシで磨いても、プラークは直ぐに増え根本的な対策にはなりません。それでは、どうすれば良いのでしょう?

苔はコットンでふき取る

kottonhou

「苔をコットンでふき取る」というと、それなら、舌磨きと同じでは?そう思われたのではないでしょうか?

舌ブラシをコットンに変えただけでは、根本的な対策にはなりません。それどころか、たとえ柔らかいコットンでも舌に傷をつけるかもしれません。

じつは、種明かしをすると、美息美人(びいきびじん)」が必要になります。美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水で歯磨きを行なうと、舌苔(ぜったい)がふやけて浮き上がります。

コットンにアルカリイオン水を浸み込ませ、ふやけた苔をふき取ります。一回ふくだけで、コットンに汚れが付いてきます。コットンを裏返して、同じようにコットンの裏面を使いもう一回ふきます。たったこれだけです。(※表と裏面、合計2回ふきます)

一度に舌をきれいにしようと思わないで、少しずつ舌の環境を改善するのがコツです。舌が少しずつきれいになれば、口内のストレスが減るので唾液の分泌が期待できます。唾液が出るようになれば、自然と舌もきれいになるというように良い循環になります。

頑固な舌苔を取る方法

コットン法で舌の中央から先端にかけてきれいになっても、「舌の中央部から喉のほうにかけて白い苔ができる。」ことがあります。

この理由は、人によってドライマウスの程度や口腔環境の状態が異なるからです。そのような頑固な舌苔の対策法をご紹介します。

  1. コットン(綿花)美息美人のアルカリイオン水を湿らせる。
  2. 舌苔の部分に、湿らせたコットンでアルカリイオン水を塗る。(※舌苔を拭くのではなく、アルカリイオン水を塗るのがコツです。)
  3. 20秒ほどそのままにし、その後、水道水でうがいをして洗い流す。
  4. 朝起きた時と、睡眠の前の2回行なうと効果的です。

これを毎日行うことをお勧めします。どうなるか心配ですか?こちらのお客さまの声をご覧ください。

「美息美人(びいきびじん)」を使う前は舌が白いのを通り越え黄色でした。原因は舌磨きのし過ぎだと分かっていたので、それもやめて、美息美人(びいきびじん)」で小まめにうがいをしていたのですが、1か月たっても何も変わらないので、私の舌苔(ぜったい)には無理なのかと半ば諦めていました。

物は試しと、アルカリイオン水をコットンに浸して、傷がつかないように優しく舌に塗ってみました。良く汚れも落ちいい感じだったので、朝晩したところ、2日目にはピンク色の舌になり驚きました。今まで落ちなかった舌が漂白剤をかけたように嘘のようにきれいになり、今は常にきれいで毎日快適な日々を送っています。知らない人がいましたら、教えてあげてください。」

この方法を沢山の人にお伝えしたところ、次から次へと良い結果が。

もし、頑固な舌苔(ぜったい)でお困りでしたら、ぜひお試しください。美息美人(びいきびじん)は今なら90日間返金保証もついているのでご安心です。 

クリック

関連記事

舌が白い人がやると良い方法

舌が白い。厚い苔がびっしりと…口臭もすごいです。

舌磨きをしないで舌苔を取る方法

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する