苦労してホワイトニングするのはもうやめましょう

ホワイトニングをしなくても歯を白くする方法があります!

歯が黄ばんだり黒ずみができたことでお困りではありませんか?

仕事が一段落したときに、コーヒーを飲んだりや喫煙をするとリラックスできるかもしれません。しかし、コーヒーや煙草には濃い色素があり、それらが歯に着色するというリスクもあります。

歯が黄ばんだり黒ずむと、他人に見られるのが恥ずかしくなり、堂々とおしゃべりもできないかも。それに、歯が汚いと美人の女性でも見た目が悪くなってしまいます。

そのため、歯を白くしたいという人が年々増えて、ほとんどの歯科医院ではホワイトニングができるようになっています。

でも、折角ホワイトニングしても、また歯が黄ばむとか元に戻ることまでは知らないのでは?

今回の記事は、誰も知らない「歯のホワイトニングの秘密」についてお伝えします。歯の黄ばみでお困りでしたら、ぜひご参考にしてください。

加齢により歯が黄色くなる理由

歯の見えている部分は、薄茶色い象牙質と透明色のエナメル質からできています。そのため、歯の元々の色は乳白色のような色です。

でも、歯の色には個人差があり、黄色っぽい歯もあれば白い歯もあります。それは、象牙質の色とエナメル質の厚みが大きく関係しているからです。

象牙質は生まれてから変わらないかもしれませんが、エナメル質は年齢とともに薄くなるのが普通です。

透明のエナメル質が薄くなると、内側にある茶色い象牙質の色が透けて見え、歯の色は黄色く映ります。加齢によってだんだんと歯の色が黄色くなる理由です。

ホワイトニングが歯を白くする理屈

エナメル質が薄くなったことで、茶色い象牙質の色が映り、歯の色が黄色く見えるわけですから、これを白く見えるようにするために、透明色のエナメル質に傷を付け、「すりガラス」のようにします。

エナメル質をすりガラス状にすることで、今まで透き通って見えていた茶色い象牙質が映りにくくなります。というか、実際には白く見えます。

これが、「ホワイトニング」で歯が白くなる理屈です。

歯が黄ばむ・黒ずむ原因

毎日歯磨きを行なっていても、歯が黄ばむとか黒ずむことがあります。その理由は、3つあります。

  1. ブラッシングが十分できていないことで、磨き残しができるから。
  2. 研磨剤が入っていない無添加の歯磨き粉を使用しているから。
  3. 色素が強い飲料や食事を多く摂取しているから。

毎日、ていねいに歯磨きをしていても、歯が黄ばむとか黒ずむ時には、このうちのどれかを疑ってみてください。

2番の無添加歯磨き粉を使用していて歯が黄ばむとか黒ずむ場合には、汚れが目立つ前に1週間に1回程度、市販の研磨剤の入っている歯磨き粉で、ブラッシングすると良いかもしれません。

汚れ(色素)が着いて日にちが経っていなければ、市販の歯磨き粉でも容易に取ることができます。

色素が多い飲料の代表はコーヒーですが、その他にもたくさんありますので、ご紹介します。ご参考にしてください。

紅茶、日本茶、コーラ、赤ワイン、ジュース。
ぶどう、いちご、トマトなど色の濃い果物。
カレー、スパゲッテイ、醤油、ソース。

その他、色の濃い歯磨き粉、うがい薬、口紅、煙草。

こんな飲料や食べ物を良く摂っていると、歯に黄ばみや黒ずみが着きやすくなります。

ホワイトニングで黄ばみ・黒ずみも取れる

コーヒーやお茶、煙草によって付着した黄ばみ・黒ずみも、ホワイトニングによって取ることができます。

ホワイトニング剤に含まれる薬剤によって、黄ばみや黒ずみになっている色素を溶かすことで、歯を白くします。だから、歯は白くなります。

ホワイトニングの方法3つ

ホワイトニングには、大きく分けて3つの方法があります。

ホームホワイトニング
お家で行ないます。専用のトレーに薬剤を入れて、数時間または就寝時に口に装着します。期間は2~4週間です。

オフィスホワイトニング
歯科医院で薬剤を塗ってもらい光照射によってホワイトニングします。
2~3回の通院が必要ですが、色の調整が出来ることと早く白くなるのがメリット。しかし、元に戻るのも早いかもしれません。

ディユアルホワイトニング
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した方法です。どちらの良い点を取り入れているのが最大のメリットかもしれません。

料金は、歯科医院によって様々です。もちろん、ホワイトニングに使用する薬剤や方法も異なります。

料金は、上下の歯をすべてホワイトニングした場合、歯科医院により5,000円~10万円以上と大きく異なります。

ホワイトニングしても歯は汚れる

ホワイトニングをしたら、その後ずっと歯が白いままだと勘違いされている人がいます。

しかし、たとえホワイトニングをしても、コーヒーを飲んだりカレーを食べたりすることで色素が付着して黄ばみや黒ずみができます。

ただ、ホームホワイトニングを行なっている期間中は、汚れは着きにくいかもしれませんが、ホワイトニングの注意書きには、「ホワイトニング期間中は、色素が濃い飲料や食べ物のほか酸性食品はお控えください。」とあります。

ということは、ホワイトニング期間中もホワイトニング後も、コーヒーやお茶を飲むのは良くないということ。

それに、ホワイトニングの効果は永久ではありません。
数か月から1年で、元の歯の色に後戻りします。

ですから、ホワイトニングをした後も3か月~6か月ごとに追加でホワイトニングをする必要があります。

みなさんが想像していたより、かなり面倒だということが分かったかもしれません。

ホワイトニングをしなくても歯を白く保てます

ホワイトニングをすると確実に歯を白くできますし、早く白くすることができます。

ところが、ホワイトニングには、費用が掛かる、激痛が起きることがある、日にちがかかり面倒、定期的にホワイトニングをしないと後戻りするなど、デメリットも沢山あります。

もし、エナメル質の厚みがある程度あり、黄ばみや黒ずみだけでしたら、ホワイトニングをしなくても十分歯を白くできます。その方法を今からご紹介します。

  1. 3か月おきに歯石除去とPMTC(クリーニング)を受ける。
  2. 歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用して、朝晩ていねいに歯磨きを行なう。
  3. 1週間に1回程度、市販の歯磨き粉を使用、硬い毛先の歯ブラシで汚れやすい部分をていねいにブラッシングする。

たったこれだけです!
これだけのことで、歯を白く保つことができます。

歯科でPMTC(クリーニング)を受けることで、歯の汚れを落とすだけではなく、歯の表面をツルツルになります。

ツルツルのところには、汚れが着きにくくなるので、先ずPMTC(クリーニング)を受けることが大切です。

その次に、歯磨き粉がどうして「美息美人(びいきびじん)」でないといけないのか?と疑問に思われたかもしれませんが、歯というのは、食事のたびに「脱灰化」と「石灰化」を繰り返していることが分かっています。

「美息美人(びいきびじん)」の99%以上の成分は、カルシウムであり、残りがリンなどのミネラルです。

歯磨きをしている間、カルシウムイオンとリンイオンが石灰化によって歯のエナメル質に付着し、密度を強くします。このことで、エナメル質が厚くなります。

これが何を意味するかというと、透けていた茶色い象牙質が映らなくなり、歯を白く見せることになります。

でも、こんなに素晴らしい歯磨き粉なのに、歯に黒ずみができることがあります。それは、研磨剤が入っていない無添加の歯磨き粉だからです。

ですから、少し黒ずみが気になったら、市販の歯磨き粉を使用し硬めの歯ブラシで磨いて汚れを落としてください。

この方法を続けることで、ずっと白い歯を保つことができます。そして、強い歯を作ることができます。私の歯が白いのは、ずっとこの方法を続けているからです。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」
口臭予防歯磨き粉「美息美人」

関連記事

歯医者が推奨する歯磨き粉ランキング

おススメ!歯ブラシの二刀流

アメリカ人は口臭が少ない?

ゲェ当てはまるかも…「歯磨きの泡」に頼ると口臭になりやすいことが判明

口臭外来の料金は○万円+α

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する