電動歯ブラシと普通の歯ブラシ どちらが磨ける?

手動で磨く歯ブラシと電動歯ブラシでは、どちらの方がきれいに歯に付いたプラークが取れると思いますか?

①普通の歯ブラシ
②電動歯ブラシ
③かわらない

さて、答えは何番だと思いますか?

答えは、電動歯ブラシではなく、③のかわらないです。
意外でしょう。

ふつう、電動歯ブラシの方が磨けそうな気がしますよね。
私も20年前に、外国の有名な電動歯ブラシにぞっこん惚れてしまい
販売していたこともありました。

毛の各束が、独立して回転する歯ブラシでした。
また、隣の毛束と逆回転をするという画期的な電動歯ブラシでした。
そんなこともあり、ずっと電動歯ブラシの方がよく磨けるものと思っていたのですが。

今回の歯周病学会で発表された論文は、目からうろこが落ちました。

これは、私の私見ではなく、歯周病学会から送られてくる学会誌に発表された論文の
中のデーターにあったので、あなたにも教えてあげようとおもい、ブログに書かせてもらった次第です。

論文では、普通の歯ブラシと電動歯ブラシでは、ほとんど磨きに差はでないのですが、
磨き方によって磨きの差は大きく出るとまとめられていました。

普通の歯ブラシと電動歯ブラシの違いは、数多く動かすということですが、
いくら歯ブラシでこすっても、歯の表面だけ磨くことになり効果はありません。

プラークコントロールで大事なことは、歯周ポケットや奥歯の奥やブリッジの
歯ブラシの毛先が入りにくい箇所のプラークをいかにきれいに取るかです。

同じように、舌苔やほっぺと歯の間の食べかすが溜まりやすい所もきれいにしないと、
細菌が繁殖してプラークが出来てしまいます。
もちろん、口臭の原因にもなりますよね。

歯周ポケットが出来ている人で多いのが、
「きちんと歯を磨いているのに、口臭がする。」です。

本人は、きちんと磨いているつもりなのですが、歯周ポケットの中には
通の歯ブラシの毛先では入りません。
ですから、歯の表面だけを磨くということになるのですね。

それどころか、研磨剤の入った歯磨き剤を使用し過剰に磨けば、歯がすり減ってしまいます。
結果、知覚過敏にもなりかねません。

では、どうすれば良いかというと、
デンターシステマのような歯周ポケットの中を掃除できる細い毛先の歯ブラシを使うことです。

でも、いくらデンターシステマであっても、歯周ポケット内を磨かないと意味をなしません。大事なことなので間違えないようにしてくださいね。

それと、何度も申し上げていますが、プラークは容易には取れない難儀な生物です。
そんな時、「美息美人」のようなマイナスイオン効果があれば、
プラークを歯から浮かすことが出来るので、柔らかな歯ブラシで軽くなぜるだけでも、
きれいにすることが可能です。

結論としまして、
歯周ポケット内のプラークを取る最良の方法は、「美息美人」
デンターシステマのような歯周ポケット専門の歯ブラシを併用することなのです。

是非、お試しください。


人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する