「朝の口臭」はヤバい!原因は眠いから?

寝起きの口臭対策

口臭が最も強いのは、朝起きた時!

誰でも経験していることですが、朝起きたときには、口が苦い、唾液がネバネバする、そして、口が臭い!

朝は眠いのに、口が臭ければ一変にテンションも下がりますよね。その日一日が思いやられます。

でも、朝起きた時に、「口がすっきり!」だったら…。

そんな風に朝から口がすっきりして一日さわやかな気分でいてもらうために、今回の記事では、朝口臭がしないようにする方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

口臭が発生する原因

うんこ臭いと鼻をつまむ女性

このブログの読者なら、口臭が起きる原因や仕組みについては良くご存じだと思いますが、口臭初心者のために簡単にご説明します。

口臭は、口や喉から発生するガス。

その臭いガスは、じつは口の中にある菌が作っています。食べかすや細胞の死骸などのたんぱく質を菌が分解するときに臭いの元が作られるという仕組みです。

臭いの原因となる菌は、唾液に溶け込み舌の粘膜にくっついているのですが、口が乾燥状態になると臭いの元が気化して、呼吸するときにガスが出る。それが口臭です。詳しくは『口臭原因はコレ!12,000人が実践する対策と予防法を公開します』をご参考にしてください。

朝起きると口臭がする原因

suimin

口臭は、菌が作っているということが分かったと思います。

臭を作るこの菌は、嫌気性細菌といって唾液が苦手な生き物です。どうして?唾液が苦手かというと唾液中には酸素が含まれているので、嫌気性細菌は生きられないからです。

唾液は、一日に1リットルから1.5リットルも分泌されています。正常に分泌されている場合です。本当なら菌は増えることができない。

ところが、人は睡眠に入ると唾液が出なくなります。その結果、寝ている間に菌が一変に増殖するのです。そして、人が寝ている間に活発に餌となるタンパク質を食べ、臭いの元を作る。

saikin

だから…

朝起きると、唾液が臭い、口がネバネバする。そして、息をしたら臭い!

このことが、朝起きたときに口臭がする理由だったのです。じつは、唾液が粘ついているのは、唾液の中に多量の細菌と悪臭成分が溶け込んでいる状態なのです。

朝起きたときには、そのような粘ついた唾液が、口のあらゆる所に。そして、呼吸をすると、唾液中の悪臭成分が気化し口臭となって、自身の鼻や口からでていきます。だから、自分でも臭いと感じるのですね。詳しくは『口がネバネバする原因はこれ!粘つきの解消方法はこれ!』をご参考にしてください。

朝起きてすぐの口臭対策

これまでの理屈が理解できたので、口臭を予防するのは簡単だと思います。「どうすれば良いですか?」なんて言わないでくださいね。

口臭予防の基本は、歯磨き!

歯磨きする女の子

歯磨きによって、菌を限りなく除去すること。テレビCMでもいわれているプラークコントロールです。

菌は、増殖するスピードがとんでもなく速く、倍々に増えるため、24時間経つと歯磨き前の数になるそうです。

でも、菌の数が少ないと、少ないだけしか増えない。逆に多いと多い分増えてしまう。

だから、口臭予防では、歯磨きをていねいに行うことが大切なのですが、「時間がないから歯磨きが面倒。」とか、「眠いから歯磨きがていねいに出来ない。」という人があまりにも多いのが現状です。

そのため、朝起きた時には、口がネバネバで臭い!

これは、仕方ないことかもしれません。歯磨きをさぼったから。

問題は、ほとんどの人は歯磨きが嫌いだと思っているからかもしれません。

朝の口臭対策は歯磨きが一番

鏡の前で歯磨き

歯磨きがおっくうだと思っている限り、口臭が改善することはありません。残念なことですが、歯磨きを嫌嫌と行なっていては、口臭を改善できません。

そんな都合の良い歯磨き粉や歯ブラシがあれば、ノーベル賞ものです。私も欲しいです。

口臭をなくすには、歯磨きが好きになれば良い!

母娘一緒に歯みがき
そうなんです。単純に歯磨きを楽しめれば良いのです。歯磨きをしている時って気分が良くないですか?

実は、歯磨きをしているとき、脳内に多量のアルファ波が出ているとの報告もありました。アルファ波が出ると、気持ちがリラックスするのでサラサラ唾液も沢山分泌されます。

ストレス発散にもなるので、健康にも良い。
もちろん、丁寧に歯磨きをすれば、虫歯や歯周病の予防だけではなく、口臭予防にもなります。

歯磨き効果は、これほど素晴らしいかったのです。知らなかったでしょう。

私は、歯磨きを楽しむために、こんなことをしています。

1、日本一高い(良い)歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使うことで、他人よりも予防ができているという自己満足。

2、硬い毛先の音波振動歯ブラシと極細毛の音波振動歯ブラシ、そして、ワンタフトブラシと歯間ブラシを用途に使い分けて、「誰もここまでやっていないだろう。」と優越感に。

3、そして、「私にはこんなに時間的余裕がある。」と感謝しながら歯磨きしています。
何も私の真似をしなくてもいいですが、歯磨きを楽しむことが大事です。
歯磨きにかける時間といっても、5分から10分。そんなに難しいことではありません。

どうしたって、毎日の習慣から歯磨きを抜くことは出来ないのですから、それなら、楽しみながら歯磨きをした方が断然お得です。

これが、口臭対策の基本です。
ーーーーーーーーーーーーーーー
関連記事

口臭が気になりキスができない

ゆっくりと爽やかな息になりましょう       

白くなった舌がきれいにならない本当の理由

口の中が苦い!病気?

働くママの口臭が心配です

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する