生理的口臭が気になる!→その原因は?

生理的口臭を軽減する方法

もしあなたが、歯医者で治療したので虫歯や歯周病の心配がない、胃腸も健康で内科疾患もない、そして、耳鼻咽喉科の問題もない。

それなのに、口臭がするから気になっているのでしたら、それは、生理的口臭かも。


生理的口臭というのは、このように健康な人でもしばしば起きる口臭のことです。

「だからといって、気になるものは気になる。」

そのようなあなたのために、今回の記事は、生理的口臭の原因と軽減する方法についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

生理的口臭を理解する前に知ってほしいこと

生理的口臭は誰にでもあるもので、かなり解釈があやふやです。ですので、生理的口臭を理解することよりも、それ以外の口臭を知るほうが早いかもしれません。

では、生理的口臭以外には、どのような口臭があるでしょう?

生理的口臭とはちがう口臭

  • 歯周炎・歯肉炎による口臭
  • 口腔粘膜の炎症による口臭
  • 舌苔(ぜったい)による口臭
  • 悪性腫瘍による口臭
  • 副鼻腔炎・咽頭炎・喉頭炎・鼻炎など耳鼻科疾患による口臭
  • 糖尿病・肝疾患・腎疾患などによる口臭
  • 統合失調症・妄想性障害・自己臭妄想など精神病性障害によるもの

これら以外のものを生理的口臭と呼びます。
もし、どれか思い当たるようなものがあれば、今回とは違う原因かもしれません。

生理的口臭は誰にでもあるもの

生理的口臭は、普段の食事や生活の影響で起きるものです。
たとえば、喫煙や飲酒をしたときに「息が臭くなる。」のも生理的口臭です。ほかに、焼き肉や韓国料理などニンニクが入っている料理を食べると、翌日まで息が臭くなります。

でも、これらは、時間が経てば自然と消えてしまうものです。

また、昼間はほとんど口臭がしていない人でも、朝起きたときには口が臭くなります。そして、誰でも緊張すると口が乾くために口臭がします。

その他、お腹がすく時間帯疲れた時にも唾液が減少するため、口臭が強くなりやすいです。

これらが、一般的な生理的口臭です。

でも、私が所属する「日本口臭学会」によると、これら以外にも生理的口臭に分類されているものがありました。

それは…

  • 加齢性口臭(加齢臭のようなものや、加齢が原因で唾液が減ることで起きる)
  • 薬物(活性型ビタミン剤)による口臭
  • 妊娠時口臭
  • 月経時口臭
  • 思春期口臭
  • 更年期口臭

これらは、すべて一時的なものなので生理的口臭に分類されています。一時的ですから、ほっておいても、その時期が過ぎるとか、薬の服用をやめれば治ってしまうという考え方なのでしょうね。

「ほっておいても、ある時期がきたら口臭がしないようになるから大丈夫ですよ。」

と言われても、「口臭が気になる!」という人たちが沢山おられます。

少しでも、生理的口臭を改善できないでしょうか?

生理的口臭を軽減する方法

生理的口臭は病気ではありませんから、基本的な口臭予防を行なえば軽減できるはずですが、一部はそんなに簡単ではありません。

「朝起きた時に口が臭い」程度であれば、寝る前に時間をかけてしっかり歯垢を落とすだけで、起床時の口臭は軽減します。

口臭予防の基本は、歯磨きとうがいです。


ころが、次のような場合は、歯磨きとうがいだけでは予防できません。

薬物(降圧剤、安定剤、睡眠薬など唾液が出なくなる副作用がある)を服用していると、唾液が減少するため、舌苔(ぜったい)やができやすかったり、歯肉炎にもなりやすく口臭が起きることがあります。
この場合には、医師に相談して薬を変えてもらうことも必要かもしれません。

ほかに、女性の妊娠時・更年期や思春期の子供にも口臭が起きやすくなります。これは、ホルモンバランスの変化で自律神経に影響を受けるためで、唾液が減少することで舌苔(ぜったい)や歯肉炎の原因となっています。

これらが口臭の原因になることはわかっていても、その期間が長いために困っている方が多くおられます。妊娠によるものであれば、1年だけですので、しっかりとブラッシングとうがいするだけで良いと思います。

妊娠以外の場合には、美息美人(びいきびじん)によるブラッシングや舌のケアを行うほうが良いかもしれません。

まとめ

生理的口臭を予防するためには、しっかりと朝晩ブラッシングをすることです。

そして、翌日に大切な人と会うような場合には、お酒やニンニクなど臭いの強い食事を避けることも必要です。

そして、睡眠時間をしっかり取り、規則正しい生活をすることで予防できます。

何度も言いますが、基本はブラッシングとうがいをきちんと行うことです。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する