膿栓(のうせん)・臭い玉って何?口臭との関係は?膿栓ができる体質は?

これで膿栓(臭い玉)のすべてが分かります

何をしても口臭が治らないと不安になります。そして、口臭についてネットで調べていると行き着くのが『膿栓(臭い玉)』かもしれません。

でも、膿栓(のうせん)や臭い玉って何?

誰かに聞きたいけれど、口臭がしていることを気づかれたらと思うと恥ずかしい。そう思っていませんか?

ご案内ください。この記事では、膿栓(のうせん)・臭い玉について全てお伝えします。膿栓・臭い玉って何?膿栓と口臭の関係は?膿栓ができやすい体質は?膿栓の取り方は?膿栓の予防方法は?が分かります。

濃栓(臭い玉)とは

nousen

膿栓は扁桃腺にいくつもある小さな穴の中にあり、大きくなると穴の外に出て見えるようになります。(上の写真では、左右の扁桃腺の所に白く見えています)

喉にある扁桃腺では常に白血球と細菌とが戦っており、その死骸が膿として生産されています。(膿汁:のうじゅう)それが乾燥して固形化したものが膿栓(のうせん)です。膿栓は下水臭のような酷いニオイを発するので「臭い玉」とも呼ばれています。

扁桃腺は口の奥の両側にある、親指大のリンパ腺のこぶで、のどの粘膜の中に埋まっています。
扁桃腺は誰にでもあるため、膿栓も基本的には誰にでもできます。風邪をひいたことでも膿栓はできることがあります。それほど自然な生理現象であり病気ではありません。

・濃栓の色はほぼ薄黄色、乳白色にちかく、膿栓をつぶすとすごい悪臭を放ちます
・膿栓は潰さない限り、強烈な臭いを放ちません。

口臭は、歯周病や虫歯、舌の表面の舌苔などが原因であることが多いのですが、「あくび」や「鼻息」が臭いという場合には、口臭原因にこの膿栓が考えられます。

歯周病や舌苔と濃栓が重なり口臭原因になっているケースが多くあります。それは、次に説明する口臭体質と関係しているからです。

膿栓ができても、通常は放っておいても大きな問題になりませんが、口臭が気になる場合や喉の奥の違和感がどうしても気になる場合は、耳鼻咽喉科で診察してもらったほうがよいでしょう。

膿汁(のうじゅう)とは何?

膿汁(のうじゅう)は、扁桃から分泌される粘液(免疫物質)が、細菌の死がいなどと混じり化膿してできたものです。膿の汁です。

だから、臭い!

膿汁は、白黄色のネバネバしている液体で、普通は扁桃腺の周囲の粘膜に付着します。でも、その粘液は唾液や食事によって胃に洗い流されます。

ところが、唾液が少ないと喉に付着した膿汁から口臭が出るようになります。また、膿汁が口に流れ込み唾液に混じり舌の上に付くと、舌苔の原因にもなります。舌の奥に舌苔ができるのは、膿汁が付くからです。詳しくは『膿汁(のうじゅう)が本当の口臭原因!膿汁は膿栓より臭い!』をご参考にしてください。

濃栓ができやすい体質

一般的に、口呼吸やドライマウスの傾向のある人は口の中が乾燥しやすいので膿栓ができやすいと言われています。空気の乾燥する冬場にもできやすい傾向にあります。

扁桃腺が腫れやすい人や、若い人ほど膿栓ができやすいと言われています。他にも、アレルギー性鼻炎や蓄膿症で鼻水が喉にたれる後鼻漏(こうびろう)の場合も、喉に細菌が増えるため膿栓ができる原因になります。

濃栓の取り方

膿栓はあまり自分で取らないほうがよいです。指や綿棒で取ろうとする人が多いようですが、扁桃腺を傷つけて炎症が起こる可能性があるのでよくありません。

耳鼻咽喉科で取ってもらうことができますが、膿栓は取り除いても時間がたてばまた出来るので、断わるお医者さんが多いようです。
膿栓は放っておいてもあまり害がないので、気にしないで自然に出るまで待つのが賢明です。咳やくしゃみをした時に、飛び出ることがあります。

膿栓の取り方については『口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方』をご参考にしてください。

濃栓の治療方法

耳鼻咽喉科での治療方法は、膿栓を器具で吸引したり、扁桃の穴の洗浄する処置が行われます。
取り除けてもこれは一時的で、時間がたてばまた膿栓は発生しますので、その度に濃栓を取ってもらうことになります。

根本的な治療としては、手術で扁桃腺を取り除いたり、穴を浅くしたりする方法があります。
扁桃腺を取ってしまうと、濃栓ができることはほぼないと言われています。しかし、例外もあります。というのは、膿栓ができるのは口蓋扁桃だけではなく、咽頭扁桃や舌扁桃にもできるからです。但し、舌扁桃などでは口蓋扁桃のようにいつまでもくっついているのが困難なので、出来てもすぐに取れていきます。

喉の奥が臭い場合は、こちらもご参考にしてください。『喉が臭い!…原因が分からない。…どこに行けば?臭い玉など7つの原因

膿栓の予防方法

・喉のうがいをすること
・歯磨きを頻繁にして食べかすが口の中にたまらないようにすること

細菌の増殖を抑えることが大事なので、殺菌効果のあるうがいや歯磨きを行なうと効果があります。喉と口腔を清潔にすることが膿栓予防には大事です。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」は、うがいにも効果があります。美息美人のアルカリイオン水で、喉のガラガラうがいを毎日、朝晩行なうと膿栓の予防になります。
他に、緑茶や紅茶でうがいすることも、カテキンの殺菌効果があり良いようです。詳しくは『うがいで膿栓(臭い玉)を効果的に取る5つのポイント』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する