ゲェ当てはまるかも…「歯磨きの泡」に頼ると口臭になりやすいことが判明

電動歯ブラシでブラッシング

歯磨き不足が口臭の原因

歯磨きの泡やスッキリ感で歯磨きが出来ていると勘違いしていると、口臭を発生することになるかも。口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を販売している当の本人がこんなことをいうのは、おかしな話かもしれません。

私が申し上げたいのは、歯磨き剤がダメだというわけではなくて、どんなに良い歯磨き剤を使っているからといっても、「それだけで安心していてはダメですよ!」ということです。

「毎日、歯磨きをしているのに歯周病になった。」とか、「ていねいに歯磨きをしているのに虫歯になった!」と、口臭で悩まされている方が多いのです。何故だと思いますか?

もちろん、口臭がおきる原因は、歯磨き不足だけではありません。人によって、口臭がおきる原因は違います。詳しくは、『口臭原因はコレ!12,000人が実践する対策と予防法を公開します』をご参考にしてください。

毎日、歯磨きをきちんとしているにも関わらず、どうして、虫歯や歯周病や口臭になると思いますか?不思議ですよね。

その訳は…一般的な歯磨き剤には研磨剤が入っています。だから、軽く磨いただけで歯についた汚れを落とすことができます。

それだけではなく、歯磨き粉には発泡剤が入っているので歯磨きをすると泡が立ち、表面張力の効果が汚れを落としやすくしてくれます。

ところが、これが歯磨きが上手にできない落とし穴なのです。泡が良くたつと、それだけでなんか磨けた感じがしてしまいませんか。だから、歯磨きが不足する。

それだけではありません。歯磨き剤にはミントなどの香料も入っていますので、歯磨きを少ししただけで口がさっぱりします。

ですから、歯磨きをすると、この香料のお蔭で気持ちも爽快になれるのですが、このスッキリ感にごまかされてしまい、「ていねいに歯磨きする」ことができなくなることが多いのです。

このように言うと、「いいえ!私の歯はきれいに磨けています。」と仰るかもしれません。

それは、歯肉から上部に出ている歯の表面がきれいだということだけで、口臭がしていないと安心してはいけません。専門的になりましたが、歯磨きで重要なことは、磨きにくい箇所を磨かないといけません。

磨きにくい箇所というのは、歯周ポケットの中です。

健康な歯ぐきと歯周病の歯ぐき

歯周病にかかり歯肉に炎症ができると、歯と歯ぐきの間にポケットができます。これが、歯周ポケットです。歯周ポケットは、歯周病の進行とともに深くなるので、歯磨きが困難な場所。だから、歯石ができプラークが増えるので臭い。それに、歯周ポケットには、炎症により歯ぐきがからしみ出る血や組織液などがたまり歯周病菌のエサになる。

そして、腐敗臭が発生するのです。

次に歯磨きが難しいのが、奥歯の奥の部分。

奥歯の奥はきれいに磨けない

奥歯の奥には、一般的に使っている歯ブラシでは、毛先が入りにくい。たとえ歯ブラシが入ったとしても、毛先を歯面に垂直に当てられないのです。そのため、磨き残しができるのです。このようなところは、歯間ブラシとかワンタフトブラシなどの特殊な歯ブラシを使うときれいに磨けます。

ブリッジの食べ物カスがたまりやすくなっている部分も磨き残しができる場所です。

奥歯のブリッジを外したところ

また、銀歯などのクラウンやインレーをかぶせている場合には、どうしてもクラウン・インレーと歯肉との境目に食べ物カスがたまりやすくなります。
この部分をていねいに歯磨きしないといけません。

外した銀歯

磨き残しがあると、食べ物カスが細菌によって腐敗され、くさいガスを発します。これが口臭です。この口臭の毒ガスによって歯肉を傷つけていることを知っていましたか?これが歯肉炎になる原因なのです。

歯肉炎が悪化すると、口臭もひどくなります。そして、毒ガスによって歯周ポケットも深くなっていき、さらに磨きにくくなってしまうという悪循環がおきるのです。これで、納得してもらえたでしょうか?

ですから、どんな歯磨き剤を使用する場合でも、この磨きにくい箇所を重点的に歯磨きすることが基本です。

歯磨き

「泡がたつので、磨く場所が見えにくい。」という場合には、一度うがいをして水だけで歯磨きすれば磨きたい場所が良く分かります。

また、水ですから、いつまでもていねいに歯磨きをすることができます。
じつは、口臭予防歯磨き剤「美息美人(びいきびじん)」が、水歯磨き剤というのは、このように実用的に使えるようにと考えたからです。

母娘一緒に歯みがき

まとめ

口臭がおきるのは、細菌のかたまりのプラークが増えるからです。プラークがなくなれば、口臭は発生しない。一応、理屈ではそうなります。

だから、毎日かかさず、プラークがたまらないように歯磨きを行っています。しかし、そう簡単にプラークを取り除くことができないのが現状です。

その最大原因として、歯磨き剤の泡や香料がありました。これら歯磨き剤の添加物は、ブラッシングができていなくても「できた!」と感じさせる力をもっています。歯磨き剤を口にいれてうがいしただけで、スッキリするはずです。このスッキリ感と爽快感にだまされて歯磨き不足になっている人が多いのです。

そして、歯磨き不足のもう一つの原因。それは、就寝前の歯磨きです。歯磨きで最も重要なのは、就寝前です。細菌は寝ている間に一番増えるからです。だから、寝る前にできるだけプラークを落とすことで、細菌が就寝中に増えないようにできるのです。

ところが、この時間帯は眠いので、サッサと歯磨きを済ませてしまう。このことが、歯磨き不足を作っています。歯磨きを効果的にするには、就寝前の歯磨きをていねいに行うことです。詳しくは、『歯磨き不足によって口臭が出る!夜歯磨きしないのは最悪』をご参考にしてください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する