ゲェ当てはまるかも…「歯磨きの泡」に頼ると口臭になりやすいことが判明

歯磨きの泡に頼るのは危険な考え方です!

歯磨きの泡やスッキリ感で歯磨きが出来ていると勘違いしていると、口臭を発生することになるかも。口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を販売している当の本人がこんなことをいうのは、おかしな話かもしれません。

私が申し上げたいのは、歯磨き剤がダメだというわけではなくて、どんなに良い歯磨き剤を使っているからといっても、「それだけで安心していてはダメですよ!」ということです。

「毎日、歯磨きをしているのに歯周病になった。」とか、虫歯になったとか、口臭で悩まされている方が多いのが、何よりの証拠です。毎日、歯磨きをきちんとしているにも関わらず、どうして、虫歯や歯周病や口臭になると思いますか?不思議ですよね。

その訳は…一般的な歯磨き剤には研磨剤が入っていますので、軽く磨いただけで歯についた汚れを落とすことができます。

それだけではなく、発泡剤が入っているので歯磨きをすると泡が立ち、表面張力の効果が汚れを落としやすくしてくれます。

ところが、これがワナなのです。泡が良くたつと、それだけでなんか磨けた感じがしてしまいます。

それだけではありません。歯磨き剤にはふつうミントなどの香料も入っていますので、歯磨きを少ししただけで、口がさっぱりします。

ですから、歯磨きをすると、この香料のお蔭で気持ちも爽快になれるのですが、このスッキリ感にごまかされてしまい、「ていねいに歯磨きする」ことができなくなることが多いのです。

このように言うと、「いいえ!私の歯はきれいに磨けています。」と仰るかもしれません。

それは、歯肉から上部に出ている歯の表面がきれいだということなのです。専門的になりましたが、歯磨きで重要なことは、磨きにくい箇所を磨かないといけません。

磨きにくい箇所というのは、歯周ポケットの中です。

そして、奥歯の奥の部分。

ブリッジの食べ物カスがたまりやすくなっている部分。

銀歯などのクラウンをかぶせている場合には、どうしてもクラウンと歯肉との境目に食べ物カスがたまりやすくなります。
この部分をていねいに歯磨きしないといけないのです。

磨き残しがあると、食べ物カスが細菌によって腐敗され、くさいガスを発します。これが口臭です。この口臭の毒ガスによって歯肉を傷つけていることを知っていましたか?これが歯肉炎になる原因なのです。

歯肉炎が悪化すると、口臭もひどくなります。そして、毒ガスによって歯周ポケットも深くなっていき、さらに磨きにくくなってしまうという悪循環がおきるのです。これで、納得してもらえたでしょうか?

ですから、どんな歯磨き剤を使用する場合でも、この磨きにくい箇所を重点的に歯磨きすることが基本です。

「泡がたつので、磨く場所が見えにくい。」という場合には、一度うがいをして水だけで歯磨きすれば磨きたい場所が良く分かります。

また、水ですから、いつまでも丁寧に歯磨きをすることができます。
じつは、口臭予防歯磨き剤「美息美人(びいきびじん)」が、水歯磨き剤というのは、このように実用的に使えるようにと考えたからなのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

歯医者が推奨する歯磨き粉ランキング

人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

 

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する