食事の好き嫌いが歯周病になる!歯周病予防に効果のある食べ物

毎日の食事で歯周病になりやすいかどうかが分かります。歯周病になれば口臭も強くなるので、歯周病を予防することはとても重要です。

つまり、どんなものを良く食べると歯周病になりやすいのか? 何を食べれば、歯周病になりにくいのか?が分かるそうです。

そうですというのは、私自身知らなかったことなので、このような表現になりました。だから歯周病になったのでしょうね。

食べ物の好き嫌いで、歯周病になったり、ならなかったりするのですから、これからは、食べ物を意識することが大事です。

というわけで、今回の記事は、歯周病になる食べ物と、予防できる食べ物についてお伝えします。ぜひ、ご参考にしてください。

歯周病になる食べ物

こんな食事は歯周病には良くありません!

少食な人で、ミネラルやビタミンが少なく、砂糖、脂肪が多い食事。
主食がパン、おかずは肉類が多く、果物は毎日、お菓子はほぼ毎日食べる、野菜は少ない。缶ジュースなど甘い飲料水を毎日飲む。

 

つまりはこのハンバーガー?

私もパンは好きなので、ほとんど朝食はパンで通しています。
最近は肉を食べることが減りましたが、どちらかというと、肉が好きです。ハンバーグなんか大好きです。

大好物が果物なのですが、「えっ?」という感じで驚いています。何故なんでしょう?
まあ。さすがにお菓子を食べたり甘いジュースを飲むことは少ないので、少し、安心しました。

野菜も好きなので良く食べますね。今はなべ物が多いです。
野菜には繊維が多く含まれているので、口の中を掃除する役割もあるので分かるような気もします。

こんな調子なので、口臭に気を付ける必要があるわけです。

それで、次に歯周病になりやすい食事はというと、食べすぎや美食傾向、外食が多いパターンです。

肉、脂肪、たんぱく質、カロリーが過多

ビタミン、ミネラル、食物繊維が大幅に不足。珈琲、炭酸飲料、タバコなどのし好品が多い。ビジネスマンに多い食事のパターンですね。

このような外食中心の食事を多く摂っていると歯肉は赤黒く腫れて、歯ぐきからは膿や出血が…口臭も強くなるそうです。
口臭や歯周病だけではなく、健康に悪そうな食事ですから、なんとなく納得しそうです。

つまり、歯周病に悪い食べ物というのは、

  1. 柔らかく噛まない食べ物
  2. パンなど糖分が多く、お口の中を酸性化する食べ物

歯周病にならないためには、これらを避けることが大切です。

歯周病にならないための食べ物

では、どんな食事を摂ればいいのでしょう?

それは、

  • 野菜を毎食食べている。特に緑黄色野菜。
  • 小魚や海草などを多く食べている。
  • 大豆、ゴマなどが多い。
  • 甘い物を食べることが少ない。
  • 肉、油の多い物はあまり食べない。
  • パンよりもご飯を主食にしている

先ほども申しましたが、繊維質があったり少し噛み応えのある小魚や豆類が良いです。野菜や小魚を良く噛むことで、唾液も良く出ます。唾液は歯周病予防にもっとも大事な要素なので、唾液がでる食べ物を選ぶといいです。

もちろん、カルシウムなどのミネラルが多い食事は、お口の中をアルカリにするため歯周病になりにくい。それにミネラルは歯を強くする役目もはたしますので大事なことです。

ビタミンが豊富であれば、歯肉などの皮膚細胞が活性化するので歯周病予防につながります。どれも、健康のために良い食事ですよね。

結論として、健康的な食事をすると唾液が出て歯周病になりにくいし、口臭も減少します。

まとめ

歯周病予防のためには、このように食事に気をつけることが大切。歯周病にならないようにするには、コンビニ食などで多い炭水化物や柔らかい食べ物を避けることが大事です。また、野菜や小魚をよく食べることで唾液が多く出る。このことが歯周病の予防になります。

そして、この食事習慣は、舌苔や口臭予防にもなるので、ぜひおすすめです。詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

しかし、仕事上、なかなかできない方には、口臭予防歯磨き粉「美息美人」でのブラッシングとマウスウォッシュをすることをお勧めします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。
歯ぐきから臭い液が出てる?

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する