口臭が治らない本当の理由!歯磨きしても、うがいをしても…

ドライマウスの女性

口臭が治らないあなたが知っておかなければならない2つの事実

個人的な理由でこの記事を書いています。これまで、このような記事を書いたことはほとんどありませんでした。しかし、あなたにこのことを知っていただくことは、とても重要だと思ったのです。

もし、あなたが今までいろんな努力をしたけれど、口臭が治らないので困っていましたら、是非お読みください。今まで口臭が治らなかった理由が分かるかもしれません。

今回の記事は、「今まで決して口臭が治らなかった理由」についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

口臭が治らないときに行なったこと

チューインガム

以前、私が口臭で困ったときにやっていたのは、ドラッグストアで口臭予防のための歯磨き粉を次から次へと買い。そして、「口臭サプリ」やガム、飴を常に口に入れていました。

そんなことをしても、何の効果もないのは分かっていたのですが、他にやることがないから仕方ありませんでした。あなたもそうではないですか?

ていねいに歯磨きをしても、臭いがしなくなるのはその時だけ。昼食のあと歯磨きをしているのに、少し時間がたつと臭いが気になりました。

口臭が気になるのは、自分だけではなく周囲の人も私の口臭を感じていたようです。話しをすると、決まって鼻を手でふさがれ。さすがにこの時は嫌でした。

歯医者さんで歯周病を治療すると口臭が激減。「これで、口臭ともさよならだ。」そう思ったのも、つかの間。次から次へと。。。虫歯や歯周病に。

何度も歯茎が腫れて臭い!このときは歯根の先に膿の袋ができていました。根尖性歯周炎という病気で長い間かかり治療しました。

根尖歯周炎

根尖性歯周炎がやっと完治したと思ったら、今度は銀歯を被せている部分の歯ぐきが臭う。臭い部分を歯間ブラシでこすり嗅ぐと酷い悪臭が。

気になったので、歯医者さんでレントゲンを取り診てもらったら、治療した根管に再度ばい菌が増えていました。この後、長い日にちを掛けて根管治療をし、新しい銀歯を被せやっと臭いは消えたのです。

ところが、私の口臭はこれで終わったわけではありませんでした。

歯医者さんで口臭が治らない

歯科医院

口臭が気になった時、私も歯医者さんで「口臭が気になるのですが。。。」とお聞きしたことがあります。

その質問にかえってきたのは、「それほど、気になりませんよ。大丈夫です。気になるようでしたら、後で、歯科衛生士からブラッシング指導をさせていただきます。」

歯医者さんに相談すると、どこでもこんな感じの応対ではないでしょうか?歯医者さんは、虫歯の専門家であり口臭には関心がないかもしれません。

舌が白くなり困っていた私の友人が、歯医者さんで「舌が白いので白いものを取りたいのですが。」と言うと、親切に舌ブラシを渡され「毎日これで磨いてください。」と。

舌磨きで長くなった乳頭

言われたとおりに舌磨きを行っても、舌の白いのはなくならない。余計に舌は悪化してしまい真っ白に。その結果、前よりも口臭が強くなり困っていました。

美息美人(びいきびじん)のお客さまの中には、歯医者さんに「喉のほうから臭いがする。」と相談した方がおられます。

すると、、、、歯医者さんからは、「耳鼻咽喉科で診てもらってください。」と。

耳鼻咽喉科で口臭が治らない

耳鼻咽喉科医師

患者さんの中には、臭い玉(膿栓)がよく出るため、困って耳鼻咽喉科で診てもらったという方がおられます。

臭い玉(膿栓)を見たことがない方のために、かんたんに説明すると、喉の奥の左右に扁桃腺があります。その扁桃腺のところに、白い米粒状のものができる、これが臭い玉(のうせん)です。詳しくは『のどに白いものが…これ何?放置すると病気を引き起こすかも』をご参考にしてください。

お医者さんに「臭い玉を取ってください。」とお願いしても、「(取ってもすぐにできるので。)臭い玉は取る必要はありません。」との対応をされたそうです。

たしかに、お医者さんの言うとおり、臭い玉(膿栓)は取っても何度でもできるので取る必要はありません。でも、あれだけ悪臭を放つのですから身体にも悪影響を与えているかもしれません。

お医者さんの一方的にな考えよりも、臭い玉で困っている患者さんの気持ちを優先してほしい。患者さんは「臭い玉を取ってほしい。」それだけです。でも、現実は取ってもらえないことが多いのです。

口臭が治らない人の共通点

ここまで読まれて、「それって私のことでは?」と思いませんでしたか?

  • 丁寧に歯磨きをしても治らない。
  • 歯医者さんにかかっても治らない。
  • 耳鼻咽喉科にかかっても治らない。
  • 何年も口臭が治らず困っている。

このように口臭が治らないと困っている人たちには、共通していることがあります。

それは、

  1. 舌が白くなっている。
  2. 喉からどぶ臭いにおいがする。

この二つが頑固な口臭を作っているのです。だから、この二つを治さない限り口臭も改善できないのです。

頑固な口臭を治すには…

  1. 白い舌をきれいにする。
  2. 喉からの悪臭を断つ。

今まで何をしても治らない口臭でも、舌をきれいにし、喉をきれいにすることができれば、ほとんどが改善できます。詳しくは『口臭がひどい時にはこの5つの原因を疑え!対処法はこうする』をご参考にしてください。

それでは、どのようにすれば、白い舌をきれいにできるでしょう?そして、喉からの悪臭を断つことができるのでしょう?

舌磨きを行っても治らないのはなぜ?

正しい舌磨きの方法

舌が白くなると、舌磨きを行っている人が多いです。もしかすると、その舌磨きが逆効果になっているかもしれません。

舌が白いといっても、大きく分けると2つの種類があります。

1.舌乳頭の角化により薄っすらと舌全体が白くなっている
torikata

2.舌の中央部から奥のほうに白い苔ができている
sitakoke

舌の角化は、誰でも起きるものです。疲労やストレスがたまったとき、又は、風邪をひいたりお腹をこわした時に、舌は白くなります。これは、体の免疫力が低下することが影響してなる一時的なものです。

一時的に舌が白くなったときに舌磨きを行うと、舌が傷つき化膿する。そして、慢性的に舌苔(ぜったい)ができるのでご注意ください。

気になる場合は、舌ブラシで軽く2~3回なぜるようにすると良いです。

舌苔ができると、よけいに舌磨きを行う人がいます。さらに舌苔が厚くなるので最悪なパターンになるのでご注意ください。

舌苔ができると、ばい菌が増えるので口腔内が酸性に。そして、口腔の衛生状態が悪くなりストレスがかかります。気分も悪くなり、精神的なストレスも増えます。

その結果、唾液が出ない、唾液が粘つく。舌が乾く!

舌磨きで舌苔が取れない場合は、『正しい舌磨きの方法』をご参考にしてください。

うがいをしているのに口臭が治らない

うがいを行う女性

うがいを行うことは良いことです。ブクブクとうがいを行うことで、口の中を洗浄できます。ガラガラと喉のうがいを行うことで、喉を洗浄できます。

だから、膿栓の予防になります。

ところが、うがいを行っているにも関わらず、喉からの口臭が治らないことがあります。

うがいをしても喉からの口臭が治らないのは…

  1. 慢性扁桃炎
  2. 慢性蓄膿症(副鼻腔炎)
  3. アレルギー性鼻炎
  4. 後鼻漏
  5. 逆流性食道炎

これらがあると、どれだけうがいを行っても、すぐに喉にばい菌が増えます。そのため、膿栓や膿汁ができる。そして、口臭がする!

それに、膿栓は水やうがい薬でうがいを行っても、取るのは難しいです。(膿栓ができないように予防にはなります。)

気になる疾患がある場合には、まずその疾患を治すことが大事です。一日も早くお医者さんで診てもらうことをおすすめします。

白い舌をきれいにする方法

舌磨きで白くなった舌

口臭が治らないと困っている人の舌は白い!舌全体が白くなっていたり、舌の上に厚い苔ができています。

健康な人であれば、たとえ舌が白くなったとしても、すぐにきれいな状態に戻ります。ところが、口臭で困っている人たちの舌は、いつも白い。

その理由は何だと思いますか?

一番の理由は、唾液が出ないから!

よだれ

舌が白くなる理由は、いろいろありますが、頑固な口臭で困っている人の場合は、唾液が少ないのが一番の理由です。唾液が減ると舌が乾きばい菌が増えます。舌の苔はばい菌が作っています。だから、舌苔(ぜったい)は悪臭を放つのですね。

唾液が出ないことが、舌苔(ぜったい)ができる最大の原因です。唾液には免疫物質が含まれているため、殺菌作用があり口腔内の清潔を維持しています。ですが、唾液が減ると虫歯や歯周病になるリスクも高くなります。

「虫歯や歯周病になったから口臭がする」のですが、その元々の原因は、唾液が少ないから。同じように、舌苔(ぜったい)をなくすには、唾液が多量に出るようにしないといけないのです。

こちらの記事「唾液を出す6つの方法…ドライマウス対策」をご参考にしてください。

唾液が出なくなる理由として多いのは、極度の不安や緊張などストレスだといわれています。自律神経が乱れると、ドライマウスになるのでご注意ください。詳しくは『意外と知られていない「舌が白くなる」原因…自律神経の乱れ』をご参考にしてください。

喉からの口臭を断つ方法

膿栓の図解

喉のほうから悪臭がしている場合は、ほとんどが膿栓(臭い玉)と膿汁(のうじゅう)が原因です。

喉にばい菌が増えると扁桃から免疫である膿汁(のうじゅう)が分泌されます。膿栓(臭い玉)は、膿汁(のうじゅう)とばい菌の死がいなどが固まってできたものですので、腐敗臭のような悪臭を放ちます。

喉から悪臭がしている場合は、膿栓(臭い玉)と膿汁(のうじゅう)が原因であることが一番多いのです。(他にも癌や炎症による臭いのケースもある。)

膿栓(臭い玉)がよくできる人とできない人がいます。

膿栓がよく出来る人というのは、蓄膿症や鼻炎を患っていて鼻汁が喉に落ちる後鼻漏(こうびろう)になっていることが多く、また、喉に炎症が起きているケースも膿栓(臭い玉)ができやすくなります。

その他、私のように口呼吸(いびき)をしていると、喉が乾燥するために膿汁(のうじゅう)や膿栓(臭い玉)ができやすくなります。

このような膿栓(臭い玉)対策は、その原因となる疾患を治すことが大事です。唾液が少ないとか口呼吸(いびき)が原因の場合には、喉にばい菌が増えないようにうがいを小まめに行い予防することが重要です。

もちろん、膿栓をできないようにするには、口呼吸を直すことが大事なことです。詳しくは『口呼吸⇒鼻呼吸に変えると口臭が消える!?』をご参考にしてください。

口呼吸の私が口臭を治せたのは、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水で毎日うがいを行うようになったからです。
ですので、私と同じような症状であれば、美息美人(びいきびじん)はおすすめです。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

関連記事

口臭を防ぐ唾液を出すツボ

阿川佐和子さんが膿栓(のうせん)を告白

「口臭相談」したことがありますか?

耳鼻咽喉科疾患による口臭:口臭原因の10%も

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する