ブラッシングのおススメ!硬めと柔らかめの歯ブラシの二刀流がおすすめ

歯ブラシ二刀流ブラッシングプラスone

どうすれば歯肉炎の再発を抑えることができるだろうかと、試行錯誤のなかでたどり着いたのが、歯ブラシを2本使う宮本武蔵ばりの二刀流ブラッシングでした。

一本は、毛先が普通の硬さで歯の表面が良く磨ける歯ブラシ。

もう一本はデンターシステマの超極細毛(毛先普通。4列ヘッドの超コンパクト)です。

デンターシステマ

この超極細毛を使うことで、歯肉炎の原因となっている歯肉縁下のプラークを掻き出すことができます。硬い毛先の歯ブラシだけでは、どうしても、歯肉縁下にまで毛先が入り込めず、歯肉炎の原因となってしまいます。

かといって、超極細毛の歯ブラシだけでは、中々、歯の表面をきれいにすることは困難です。
要するに、使う用途によって二刀流を使い分けることがポイントなのです。

じつは、私もこの二刀流ブラッシングは、仕事柄、いろんな歯ブラシを使うためにやっていたのですが、結果をみると、硬い(普通)歯ブラシと、超極細毛の歯ブラシを使いわける方法が一番良かったです。

歯ブラシ二刀流のメリットとデメリット

歯医者さんによっては、硬い毛先の歯ブラシで良く磨くようにすすめる人がいます。また、歯医者さんによっては、柔らかい毛先を使い歯周ポケットを磨くことをすすめる人がいます。

どちらが正しいでしょうか?

答えはどちらも正しいです。しかし、どちらにもメリットとデメリットがあります。

硬い毛先の歯ブラシで磨くと、歯面は良く磨けます。でも、歯ぐきに毛先が当たると歯肉を傷つけます。歯肉に炎症があれば、出血するかもしれません。

反対に、柔らかい毛先の歯ブラシで磨くと、歯周ポケットを磨くには適しています。しかし、歯面の汚れを落としにくく歯が黄ばんだり黒ずむことがあります。

だから、硬い毛先と柔らかい毛先の歯ブラシを二種類用意することが良いのです。その用途用途によって使い分けるのが賢明です。

美息美人を使用する場合の二刀流

ブラッシングを効果的にするには、歯ブラシの選択が重要ですが、それ以上にどの歯磨き剤を使うかが大事です。市販の歯磨き剤は、数えきれないほど出ていますので、どれが良いのか迷ってしまうかもしれません。詳しくは『歯医者さんがすすめる歯磨き粉ランキング』をご参考にしてください。

美息美人の使用方法にも載っていますが、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のコツは、なんといっても、アルカリイオン水を口に含む時間の長さにあります。

アルカリイオン水の濃度を濃くするよりも、ニオイが気にならない程度まで水で薄めて、30秒以上、口に含むことの方が大切です。

始めは、硬い毛先の歯ブラシで歯面だけを粗磨きします。ブラッシング中にも、歯ブラシをアルカリイオン水に浸しながらブラッシングしたり、アルカリイオン水で何度も口中をグチュグチュしながらブラッシングすると効果的です。

そして、仕上げは、水だけでブラッシングするようにしてください。よく、うがいだけで済ます方がおられますが、お勧めは水で軽くブラッシングです。

私の場合には、柔らかい毛先の歯ブラシを使い、仕上げに水道水で舌や口腔粘膜を優しく撫ぜてきれいにします。

こうすることで、ホタテ貝殻独特の臭味もなくなり、スッキリとします。是非お試しください。

追伸

それと、口が乾くと口臭も出やすくなります。ですから、水分補給はこまめに行うことが大切です。

じつは、最近になって二刀流ブラッシングにもう一つ加えました。
それは、ワンタフトブラシです。

ワンタフトブラシ

私の感想では、今世紀最大の発明だと思うくらい歯磨き効果が凄いです。
軽い歯肉炎程度であれば、仕上げにワンタフトブラシで軽くなぞるだけで、改善できます。美息美人を併用するとさらに効果があがるのでおすすめです。

歯磨きの途中に、ネバネバのプラークが取れるのが目に見えてわかりますし、とにかく歯磨き後のスッキリ感は凄いです。もちろん、美息美人と併用しているからかもしれませんが?

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する