たばこを吸う人の口臭は特に臭い!息が臭くなる原因と対策

たばこを吸う人の口臭は強烈!喫煙者の口臭が臭い原因と対策

たばこの煙が臭いと嫌う人が多いので、ほとんどの人はたばこが臭いと思っています。

ところが、喫煙者の多くは口臭をしていて、たばこの臭いが混じることで、更に強烈な口臭になっていることを知りません。

そして、周囲の人から「臭い人」と思われていることが多いのです。もしかすると、口臭がしていることが原因でたくさん損をしているかもしれません。

今回の記事では、喫煙者の口臭が強烈になる原因と、その対策についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

たばこの臭い

喫煙者のすべてが、すごく臭うわけではありません。それだったら、たばこを吸っている人は、みんな息がくさいわけです。そんなことはありません。

たとえ喫煙しても、それはたばこの臭いです。たばこの煙には、ニコチンとタールが含まれているので、その臭いがたばこの臭いです。

簡単に説明すると、食べ物が口についた臭いと同じ感覚です。焼肉やカレー等は一時的に口の中がそれらの臭いがします。

たばこを吸っても、一時的にニコチン・タールの臭いがするだけで、口臭とは別ものです。周囲の人もこのニコチンとタールの臭いをかいで「たばこ臭い!」といいます。

煙に含まれるタールやニコチンは唾液に溶けます。そして、たばこの臭いが口に充満します。喫煙者本人には、この「たばこ臭い」感じでリラックスするようです。

また、健康な人がタバコを吸っても、唾液がタールやニコチンを洗い流してくれるので、やがてタバコの臭いが消えてしまいます。これが普通です。

たばこを吸うと口臭症になる

たばこを毎日吸っていると、口臭症になります。どうしてだと思いますか?喫煙を習慣にすると、健康を害しいろんな症状や病気になるリスクが高まります。そして、口臭も引き起こすようになります。

喫煙リスク

喫煙を続けると、肺がんだけではなく次のようなリスクがあります。

  • あらゆる、がんリスクが高まる
  • 狭心症・心筋梗塞、脳梗塞・脳出血など命にかかわる病気になる
  • 胃潰瘍
  • 慢性気管支炎、肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患など呼吸器の病気になる
  • 毛細血管の収縮
  • 唾液の免疫力が低下する
  • 口呼吸になる
  • 歯周病
  • 舌苔(ぜったい)
  • 痰が出る。喉に細菌が増えるため膿栓(のうせん)ができる

喫煙習慣が口臭原因を引き起こす

一度喫煙したからといって、口臭症になることはありません。喫煙を習慣にすることで、口臭を発生するようになります。

喫煙によって舌苔(ぜったい)ができる

喫煙習慣があると、唾液の免疫力が低下します。唾液には、口内細菌をやっつける役割があり、口内を清潔に保たれています。

ところが、免疫力が下がると異常に細菌が増えてしまい、舌の上に舌苔(ぜったい)ができることに。

それだけではありません。ニコチン・タールによって舌粘膜の毛細血管も収縮するので、舌自体の自浄作用もできなくなります。

また、たばこを吸っている間は、口呼吸になり舌が乾燥するので、舌苔が悪化します。詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

喫煙によって歯周病になる

喫煙を続けることで、毛細血管が収縮し、免疫力も低下するので、歯周病菌が増えやすくなります。歯周病は口臭の最大原因ともいわれています。

ヘビースモーカーの場合には、舌苔に新たな独特の舌苔を付着させ、口内がばい菌だらけになってしまって歯周病を引き起こすため、強烈な口臭の原因になってしまうケースもあります。詳しくは『歯周病の口臭、出血、歯茎の腫れに効く歯磨き粉の選び方』をご参考にしてください。

喫煙によって痰が出る

喫煙をすると、ほとんどの人は咳や痰が出るようになります。痰が喉にからむと、喉に細菌が増え、膿栓(のうせん)ができます。

そして、臭い膿汁(のうじゅう)も出るようになるのですが、膿汁は粘液なので痰と勘違いしている人が多いです。

口臭がどうして出ているのかわからない人の場合には、のどから口臭がしていることが良くあります。詳しくは『喉が臭い!…原因が分からない。…どこに行けば?』をご参考にしてください。

喫煙者の口臭症

喫煙をしていると歯周病になることがわかったと思います。でも、歯周病の人が、たばこを吸うとどうなるのでしょうか?

元々歯周病の人は、もちろん口臭をしています。その強い口臭をしている人が、たばこを吸うと。強い口臭にニコチンとタールの臭いが混じってとんでもない悪臭になります。

それだけではありません。たばこを多く吸う人は、唾液の分泌も悪く、口臭がさらに強くなります。このように、喫煙者の口臭は凄い悪臭なので、周囲に迷惑をかけていることが多いのです。もしかしたら、その口臭がしていることで、損をしているかもしれません。

喫煙者の口臭対策

たばこを吸う人は、口臭の予防策を身につけておくことをおすすめします。

1番の予防策は、歯周病になって口臭を発生させる事を防ぐ為に禁煙する事ですが、依存症になっていればむずかしいかもしれません。

口臭を予防するために、せめて次のことを行うことをおすすめします。

  • たばこを吸うときには、水を飲みながらが良い。
    口臭の元となるニコチン・タールを洗い流すことで、臭いが減少します。
  • たばこを吸った後は、うがいをする。
    口の中に、ニコチン・タールが残らないようにすることが大事です。
  • たばこを吸うときはコーヒーを飲まない
    コーヒーや緑茶には利尿作用があるので、口臭が強くなるのでご注意ください。
  • 深呼吸をする
    たばこの煙は肺に入っているので、喫煙後も臭いがします。深呼吸によって空気を入れ替えると良いです。
  • ガムを噛むことで唾液を出す
    喫煙後は、シュガーレスガムを噛んで唾液をだすようにすると良いです。唾液には、口臭予防のはたらきがあります。詳しくは『唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策』をご参考にしてください。

喫煙者の口臭予防で重要なことは、歯磨きケア。睡眠中に口臭の元となる細菌が増えるので、寝るまえの歯磨きが重要です。

おすすめは、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」で、就寝前に歯磨きをして喉のうがいを行うことです。

そうすることで、細菌の繁殖を防ぐことができるので、舌苔もつかなくなり、口臭を予防できます。

たばこを吸っているから口臭になるという誤解がありますが、元々、口臭がある人が喫煙をすることで、更にひどい口臭になっていることが多いのです。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する