カンブリア宮殿→「予防歯科」だけでは解決できないこと?

カンブリア宮殿

1月28日放送のカンブリア宮殿で、「予防歯科」では日本一(世界一?)の日吉歯科の理事長が紹介されていました。ご覧になられた人も多かったのではないでしょうか?

予防歯科とは、かんたんにいうと、虫歯を削る、銀歯を被せるという修復中心の現在の治療方針を否定して、「子供の時から予防に力を入れ、一生自分の歯で食事ができる」ように、口腔ケアの指導と歯科によるメンテナンスを行なうものです。

母娘一緒に歯みがき

「予防歯科」は、最近になってやっと知られてきましたが、日吉先生の時代には多くの障害があり経営困難になったこともあったようです。

それもそうです。患者さんとすれば、歯磨きの仕方よりも早く治療してほしいからでしょうね。

それに、現状の保険治療では、予防歯科のメンテナンスは「保険外治療」になるため、治療よりも割高の感があります。それでも、本当は自分の歯で噛めることのほうが良いことです。でも、苦労の割に患者にも受け入れられにくいことが、歯科医が避けてきたことの理由なのかもしれません。

それでも、日吉先生の「予防歯科セミナー」には、修復中心の歯科医療に疑問をいだき葛藤している熱意ある歯科医が毎回、全国から1000名以上も集まっていることに嬉しく思いました。

しかし、虫歯や歯周病(ほかにも舌が白くなるとか口臭がひどい)などで困っている患者さんにとっては、今回のカンブリア宮殿の取材では納得できないことがあったのでは?

それは、「唾液」です。

唾液が虫歯予防にとっては大切なことは理解できます。しかし、このブログの読者の人たちの多くは、唾液が出ないことで困っています。唾液が出なくなり困っている場合は、『口がパサパサ、舌が真っ白で困ったら』をご参考にしてください。

だから、舌が白くなる!
だから、歯周病に!
だから、口臭が!

今回のブログは、予防歯科だけでは解決できない「唾液」について踏み込んでお伝えします。是非、ご参考にしてください。

予防歯科とは

歯科衛生士の指導

カンブリア宮殿で紹介されていた日吉歯科が行っている「予防歯科」の治療は、こういう感じでした。

  1. 患者さんが虫歯や歯周病の治療のために受診しても、すぐには治療しない。
  2. 歯に着いた歯垢の細菌が動く姿を顕微鏡(テレビ)で見てもらい、患者自身の口の中が汚れていることを実感してもらう。
  3. ガムを噛んで唾液の検査を行なう。唾液の質と量を調べる。
  4. 衛生士から、口腔ケアの重要性を指導する。
  5. 治療しないで衛生士による歯石除去とクリーニング(PMTC)を5~6回行い口腔状態をよくすることに専念する。
  6. 口腔内の状態がよくなった後に初めて歯科医師による治療を行なう。

唾液を検査する理由

よだれ

予防歯科では、「唾液」を重要視します。

虫歯になるのは、ミュータンス菌が出す酸が歯を溶かすからです。たとえば、卵をお酢に2日間つけておくと、卵の殻がふにゃふにゃになります。これは、殻のカルシウムが抜けていくという説明でした。

これと同じことが、私たちの歯でも起きているのですが、人間の体は上手くできていて、唾液が酸性化した口の中を中和しているのです。

虫歯の進行

そのお陰で、簡単には虫歯にならなくて済みます。もちろん、唾液の質と分泌量が虫歯予防に大きく関係します。

そのためには、毎日食事のときによく噛むことが大切だ。」と終わってしまったのです。

「えっ?ここからが重要なことなのに。」と、この記事を書くことに…

唾液が出ないと起きる疾患

カンブリア宮殿を見ると、唾液が虫歯予防に重要な役割を果たしていることが理解できたかもしれません。

でも、唾液が出ないと問題が起きるのは虫歯だけではありません。唾液の分泌が減少すると次のようなことが起きるリスクが高まります。

唾液が減少すると起きるリスク

  1. 虫歯、歯周病などの歯科疾患
  2. 舌が乾燥し表面に溝ができるので舌苔(ぜったい)が出来やすくなる。
  3. 舌苔(ぜったい)が出来ることで、味覚障害や口臭が発生する。
  4. 口内炎になりやすい。
  5. 喉に膿栓(のうせん:臭い玉)が出来やすくなるので、口臭原因になる。
  6. 喉に細菌が増えやすく、喉から苦く臭い粘液が出る。
  7. 口腔内が乾燥するため、乾いた食べ物が飲み込みにくい。
  8. 会話がしにくい。

唾液が出にくくなると、このようなリスクが増えます。ですから、唾液が出ることは大切なことです!こちらの『唾液を出す7つの方法…ドライマウス対策』をご参考にしてください。

でも唾液が出ない人がいます。それはどうして?

唾液が出ない原因

舌の溝

  1. 加齢
  2. 疲労や病気からくる免疫力の低下
  3. シェーグレン症候群
  4. ストレス
  5. よく噛まない食習慣

などがありますが、この中でもストレスが唾液分泌を悪くしている原因になっていることがよくあります。

多くの人の前で話すことになった時、緊張し一変に口や喉がカラカラになった経験をしたことはないですか?

このように、緊張や不安などのストレスがあると、自律神経に影響を与えて唾液が出なくなります。

実は、「口臭がしているか気になる。」と考えると、そのことがストレスになってしまい唾液が出ないなんてこともあるのです。だから、余計に口臭が治らない。。。なんてことに。

一時的にストレスを軽減する方法

落ち込む男

不安や心配が起きると、そのことが輪をかけて大きな不安を作ります。それがストレス。

そのため、不安や心配事は、無くすことはできないと思っていませんか?
元々、不安も心配も脳が考えているだけの空想であり事実ではありません。でも、いざ無くそうと思ってもそれを消せない厄介なものです。

しかし、消せないけれど、一時的に忘れることが出来る方法があります。

たとえ一時的でも、リラックスできれば、元どおり唾液が出るかもしれませんし、唾液が出れば口臭も減少します。

ですので、私が「一時的に不安を忘れた方法」をご紹介します。ご参考にしてくだされば幸いです。
健康が自慢のわたしですが、ある時、さあ寝ようと布団に入ると、お腹が張っている。「ガスが溜まったのかなあ」とお腹をなぜると、胃の下付近がパンパンに。

でも、強く痛いわけでもないし、寝て起きたあとにトイレにいけば済むことだろうと軽く考えたのですが、胃腸の不快感が気になり一向に寝付けない。それどころか、少し痛みも出て。

仕方なくトイレへ。しかし、ガスは出ても便は出ない。このままにして布団に戻っても寝られないだろうと、夜中なのに50分もトイレに籠ったのですが、肝心のものは出ません。

ところが、朝起きると嘘のようにお腹は治っている。いつものように、美息美人(びいきびじん)でうがいをし、コップ一杯の水を飲み散歩に。

水を飲んだことが悪かったのか、歩き出すと急にお腹が張り痛みがしてきたのです。

運の悪いことに、この日は雨で道路には水たまりがいくつも。それだけではなく、お腹が気になっていたので、雨用の靴を履くのを忘れたのです。いつもの(靴底からも空気が入る)メッシュの靴だったものですから、靴の中には水が浸みて靴下も濡れてしまい冷たい。

そのことに追い打ちをかけるように、ウォーキングシューズの底敷きがめくれるのです。歩きにくい。こんなことは今までなかったのに。50メートルほど歩いては立ち止まり、底敷きを直して歩くという繰り返しをしていました。

もう私の頭の中は、「歩きにくい」、「靴下が濡れて気持ち悪い」、「底敷きがまためくれている。」、、、そのことで、いっぱいでした。

喜ぶ男性

気づいたときには、先ほどまで気になっていたお腹の痛みは消えていたのです。あれほど気になり心配していたのに。嘘のようです。

これは、私の体験したことですが、誰でも同じような経験があると思います。人は一度に二つのことを考えられないようです。2つあれば、特に気になる方へ気が向く。すると、もう一つのことが頭の中から消えてしまう。

これは、口臭で悩んでいるケースにも利用できる方法かもしれません。
もし、舌が白いとか口臭で悩んでいるのでしたら、「一番楽しいこと」や、「一番好きなこと」を想像するとか、それに向けて行動してみると良いかもしれません。是非お試しください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する