知らないと大変!歯が抜ける本当の原因を知ってる?

重度歯周病

日本人で虫歯になったことがない人は100人中5人ほど。ほとんどの人は虫歯になった経験があるようです。そして、抜歯する原因の4割は虫歯です。

また、歯周病にかかっている人の割合は、成人で8割とも9割とも言われています。
歯周病で歯を失う割合は、30代から急激に増えはじめ、中高年の人たちが抜歯する一番の原因は歯周病なのです。

歯周病は初期段階では痛みなどの自覚症状がないため見過ごされがちです。そのため、本人の知らないうちに歯周病が進行します。

痛みがない→ 歯ぐきが腫れる→ 歯磨きをすると出血する→ 何度も歯ぐきが腫れる→ 歯周ポケットが深くなる→ 口臭が強くなる→ 歯を支える歯根膜や骨が溶ける→ 歯が動揺する→抜歯

歯周病は、このようにして知らない間に進行し、気づいたときには手遅れというケースが多いのです。

「歯が抜けたら、ブリッジや義歯を入れたらいいや。」と安直に考えている人が多いのですが、それは、歯が抜けると次から次へと他の歯も弱り抜歯することになることを知らないからです。

今回の記事は、「1本歯が抜けると全部の歯が危ない」というお話です。

歯周病とは?

歯周病は歯周病菌によって起こる感染症ですが、インフルエンザのように人から人に感染するというようなものではなく、誰でも持っている菌です。

歯周病菌はそれほど強い菌ではないので、普段は悪さをしません。次のような条件が重なると増殖して悪さをします。

歯周病が悪化する条件

  • 歯磨き不足で口の中が不衛生
  • 唾液が少ない
  • 歯並びが悪い
  • 虫歯があり、汚れや菌が付きやすい
  • かみ合わせが悪い(一つの所に過剰咬合圧がかかる)
  • 抵抗力が下がる

元はといえば、歯磨きの磨き残しによる歯の汚れがプラークとなり、放置すれば歯石となります。歯石にはプラークが付きやすいので歯石をそのままにしておくと、悪循環となります。

歯周病菌が増えると炎症が起こって歯と歯ぐきの間が腫れ、膿や血が出て口臭や虫歯の原因になることもあります。

歯周病は自分では気づきにくく、痛みや出血、口臭で気づいたときにはかなり進行しているかもしれません。早期に発見し治療するためにも、歯科で定期検査を受けられることをお勧めします。

歯周病を放置していると、最終的には抜歯することになります。

歯が抜けるとどうなる?

歯が抜けると、あごの骨がやせていくので、顔の頬やあごも痩せ老けて見えます。

それだけではありません。

問題なのは、歯が抜けたままにしていると、隣の歯が抜けた後の空間に傾斜していきます。歯並びが悪くなり噛み合わせが悪くなります。

そうならないように義歯を入れると、今までのようには噛むことはできません。部分義歯の咬合力は自然歯の3分の1以下。そのため、噛むのは義歯の入っていない自分の歯がある方に負担がかかります。

それに、食事の度に義歯や金具と歯の間に食べ物が挟まるので気になって仕方なくなるかもしれません。

ブリッジを入れると、義歯とは違い違和感もなく良く噛めるようになります。また、ブリッジは保険適用でできるので、ブリッジを入れる人も多いと思います。

ところが、良いことばかりではありません。ブリッジの形は橋をイメージすると良いのですが、食事した時、咬合圧の負担は橋を支えている橋脚となる両脇の歯にかかります。今まで3本で負担していた圧を2本で支えるので、相当の負担が歯と骨にかかります。

それに、自然の歯に比べてブリッジの形状は汚れがたまりやすい。だから、虫歯や歯周病になりやすいのです。

対策としては、今までよりも丁寧に歯磨きを行なうことです。そして、歯科で定期検査を受けることが大切です。

しかし、これだけの対策をしていても、ブリッジを支える歯や歯ぐきが痛みますし、どうしても反対側の良い方の歯で噛むようになります。そのことによって、良い方の歯を悪くすることになります。

抜歯したあとの対策方法は?

義歯もブリッジも最良ではないとすると、思いつくのは「インプラント」。

インプラントは、骨にねじを入れてその上に人工歯を被せるため、抜けた部分に元の歯ができるというイメージです。上手くできていれば、良く噛めるのがインプラントの特徴です。

ところが、このインプラントにもデメリットがあります。

インプラントのデメリット

  • 手術しなければいけない。
  • 費用が高額なことと期間が半年から1年かかる
  • 丁寧なケアをしないと、再度歯周病になる

意外だったかもしれませんが、たとえインプラントにしても歯周病になります。というか、確率が高いです。

その理由は、インプラントを入れる患者さんの多くは、歯磨きが下手だからです。そして、歯周病菌も多いといえます。だから、抜歯してインプラントを入れることになった人が多いのです。

ですから、高額のインプラントを入れても、快適に食事するためにはお勧めなのですが、インプラントを入れた後は、今まで以上に歯磨きケアに力を入れる必要があるといえます。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する