本当に口が臭いのに自臭症と診断された!口臭がする原因と対策

今となっては昔の話ですが。

私が話すと、相手が鼻を手で覆います。

えっ?口が臭い?」心の中でつぶやきました。

この頃は、毎月のように歯医者に通い歯石も取り歯をきれいにクリーニングしていたからです。
もちろん、虫歯や歯周病の治療はすべて終わっていました。だから、口臭なんかないと信じていました。

だのに、口が臭い?

どうして?

心配になり、舌で口をまさぐり臭いを嗅いでみると、奥歯の奥のほうが、臭い!
やっぱり、口臭だ。

勇気を出して歯医者さんに、「口臭がしているようなのですが…・」と、恐る恐る尋ねてみると、歯医者「臭わないですよ。」

わたし「そんなことはないですよ。確かに自分でも臭いますよ。」

歯医者「多少は誰でも口臭はあるものなんですが、気になると、口臭のことばかりが強調されることがあるんですよ。心配ないですよ。」

それって、自臭症…

自臭症とは(ウィキペディアより抜粋)

自臭症(じしゅうしょう)とは周りから臭いと思われていると思い込む精神疾患。

自己臭症(じこしゅうしょう)または自己臭恐怖症(じこしゅうきょうふしょう)とも呼ばれる。

嗅覚に幻覚が出る幻嗅の一種である。ということは、私は精神障害があるということ?
そんなことはない!本当に臭っているんだから。どれを見てもいい加減なことを言っている!

本当に臭っているかどうか真実を確かめるために、口臭チェッカーを購入。

口臭チェッカー

口臭チェッカーの値は0から5まで。レベル0であれば無臭。1,2,と値が増えるごとに口臭値が高いということです。

実際に口臭チェッカーを使って自分の口臭を測ってみると、レベル2。何度測ってみてもレベル1。

口臭レベル0~2であれば、説明書では問題ないとのことでしたが。
この口臭チェッカーでは、正確に測れないんだ。そう思い、今度は指を舐めて嗅いでみました。

唾のニオイはするけれど、我慢できないほどの臭さでもない。
もしかすると、歯周病かもしれないと、人差し指で1本ずつの歯と歯茎をなぜてから、嗅いでみました。

少し違うニオイがしましたが、これも我慢できないほどではありません。歯周病でもないな…。

今度は、舌を奥歯の奥の方にやり、無理やりニオイを嗅いでみました。臭いニオイが鼻にくる。
やっぱり、臭っている!

それからです。

口臭が気になると、口が乾いて仕方なくなったのです。(ストレスや緊張が原因による口腔乾燥症)

あとになって分かったのですが、口臭で悩んでいる人たちのほとんどが、この神経性(心配、不安、恐怖、興奮、など)ストレスが影響しているのです。

これらのストレスが自律神経に働きかけると、唾液がストップし一変に口の中がカラカラになります。唾液が蒸発するので口臭が出るのです。

普段、口臭をしていなくても、人と会話したときなどに一変に口臭がするので、自分でも分かります。そのため、口臭が気になりさらにストレスが増す。悪循環です。でも、その時だけの口臭なので、「自臭症なのだろうか?」と心配する人が多いのです。

あなたの悩みが解決したのではないでしょうか。詳しくは『口が臭くなる人、ならない人、その違いは?』をご参考にしてください。
口が乾くと、唾液による口腔内の浄化もできないので、ほんとうに口臭がしだしたのです。
口臭を克服した今となって分かるのですが、これが、自臭症だったのです。

っで、私がどうやって自臭症を克服したのかをお話しします。

口臭の原因といわれるものを一つずつ一つずつすべてクリアしていったのです。
そして、口臭原因菌に対して効果があったホタテ貝殻を成分にしている

歯磨き粉「美息美人」を使用したことで、口臭対策に自信が生まれたのです。
これだけ、完璧に近いまでの努力をしていることで、口臭がなくなったと自信ができたのです。

そうすると、人と話すときにも変な緊張もなく、あれだけ口が乾いていたのが嘘のようになり、本当に口臭が治っていったのです。

私の経験から、申し上げさせていただくと、自臭症は、精神疾患ではなく、ストレスによって口臭を招いたといっても良いと思います。

もし、あなたも自臭症だと言われているのでしたら、本日のブログを参考にしてくださればと思います。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する