なぜ風邪をひきやすい人は口臭もしているのか?

「風邪をひいてから口臭がするようになった。」というようなことはありませんか?

美息美人(びいきびじん)のお客さまからのご相談の中にも、風邪をひいてから、舌が白くなった、臭い玉(膿栓のうせん)ができるようになった、という人がおられます。

これだけでも、風邪と口臭は関係があるかもしれないと思われるのではないでしょうか?
でも、もっと驚くことを発表します。

口臭が改善されている人たちを調査したところ、口臭予防をすると風邪にかかりにくくなっていたのです。

何故だと思いますか?

今回の記事は、風邪と口臭の関係についてお伝えします。この関係を知ることで、今後、風邪にかからなくなり、口臭もしなくなるかも。

風邪は病気?

「風邪」という呼び名は一般的ですが、じつは風邪という病気はありません。風邪は、細菌やウィルスが鼻や咽喉に感染し炎症を起こしている症状をいうのですが、ほとんどの人は「風邪」は病名だと思っているのではないでしょうか?

風邪にかかると、体の防御反応が起き次のような症状が起きます。

  • 鼻水、鼻づまり
  • のどの痛み
  • 咳、痰
  • 発熱
  • 食欲不振
  • 嘔吐、下痢

これらの症状になると、人は「風邪にかかったかもしれない。」と考えるのではないでしょうか?

風邪の予防にうがいが効果的なのは何故?

同じようにウイルスに感染しても、風邪にかかる人とかからない人がいます。

どうしてだと思いますか?

風邪にかかった時の状態を思い出すと分かりますが、風邪ウイルスに感染したのは、体力と免疫力が落ちていた時ではないでしょうか?

元気な時には大丈夫なのに、風邪に対しての免疫力が落ちているときは簡単に感染してしまいます。

だから、風邪にかからないようにするには、栄養を取って日頃から体力をつけ免疫力をつけることが大切なんですよね。

じつは、最近、免疫力が落ちる大きな原因として、ストレスの存在があります。ストレスが多いと免疫力が低下するので風邪もひきやすくなります。

もしかしたら、あなたもストレスは溜まっているのでは?

そして、もう一つ風邪にかからないようにするために大切なことがあります。

それは、外からお家に帰って来たときに、良く手洗いをし、うがいを行なうことです。

手指に付いたウイルスを手洗いで落とすことは大事です。でも、うがいではウイルスを落とす効果がないということまでは知らないのではないでしょうか?

それなのに、うがいが風邪の予防に良いのは何故だと思いますか?

口腔内には細菌がいっぱいあります。その細菌が多くなると、風邪ウイルスの感染を助けるのです。

だから、風邪に感染しにくくするためには、普段から口腔や喉を清潔にすることが大切なのです。舌に苔が着いて白くなっている人や、咳を良くしている人が風邪にかかりやすいのはそのためです。

口臭を発している人の口の中は菌がいっぱい!

さわやかな息の人と、口臭がある人の口の中を比べてみると、明らかに違います。

さわやかな息の口の中は、善玉菌と悪玉菌のバランスが取れていて、汚れていません。

ところが、口臭がある人の口の中には、カンジダ菌や歯周病菌が異常に増えています。そして、舌には苔が出来、粘膜も汚れています。それだけではありません、喉にも細菌が増え炎症を起こしていることもあります。

このような状態ですから口臭も強いのですが、細菌が増えると、外から入ってくるウイルスの感染もしやすくなるのです。

口臭をしていると、風邪やインフルエンザにかかりやすいのはそのためです。

風邪をひくと口臭が強くなる

風邪をひくと、鼻水が出ます。鼻水が咽喉に垂れると免疫物質が出ますが、この免疫物質が厄介者となることがあります。

免疫物質はウイルスをやっつけるために出るのですが、戦った後に腐敗臭を出します。さらに、菌の死骸が固まると臭い玉(膿栓のうせん)になることもあります。

人によっては、鼻水が鼻の奥で固まり鼻づまりを起こすこともあります。鼻が詰まると鼻呼吸ができなくなり口呼吸になります。

口呼吸になると、口腔内が乾燥するため、舌苔(ぜったい)が出来やすくなります。舌に苔ができると口臭も強くなります。

さらに、風邪をひくと体力が奪われ免疫力も低下します。そのため、余計に口臭が強くなります。

風邪をひくと口臭がするのは、このような理由からです。

口臭のある人が風邪をひきやすい理由

このブログを読まれている人であれば、良くご存じのことですが、口臭が起きる一番の原因は唾液不足にあります。

正確には、唾液が少ないことと、唾液の質が悪いことです。唾液には、抗菌物質が含まれていますが、免疫力が低くなると菌を退治できなくなります。

そのため、舌が白くなり口臭を発することになっています。

もうお分かりかと思いますが、口臭がある人は免疫力が低下しているからです。だから、風邪ウイルスにも簡単に感染しやすくなるのです。

口臭を改善すれば風邪も予防できる

口臭をしないようにするということは、口腔や喉の中を清潔にするということです。

口や喉の中がきれいになり、菌バランスが良くなると口臭がしなくなるだけではなく、外からのウイルスや菌に対しての抵抗力も強くなります。

だから、さわやかな息の人が風邪にかかりにくいのは、そのためです。

そして、このことは、美息美人(びいきびじん)を使い口臭が改善された方たちが、実証されていることです。

もし、風邪をひきやすいとお困りでしたら、美息美人(びいきびじん)で口腔ケアをされてはいかがでしょう。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する