口内フローラ?腸内フローラなら知っているけれど?

歯磨き指導

乳酸菌で口臭が消えるかもしれません。
最近、「腸内フローラ」という言葉が流行しています。私も腸内フローラの信奉者の一人です。

というのも、先月の始めに胃腸を壊してしまい、胃カメラまで飲むはめになっていたのですが、乳酸菌を飲むだけで完治したのが始まりです。

腸内フローラがあるのなら、「口内フローラ」もあるかもしれないと。
調べてみると、あるわ、あるわ。多くの大学などで研究され商品化されていたのです。

もしかすると、口臭にも効果があるかもしれません。まだ知らないあなたのために「口内フローラ」についてお伝えしたいと思います。ご参考にしてください。

腸内フローラ

腸内ガス(おなら)

私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。これら腸内にすんでいる細菌は、腸内細菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。

特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。

この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。(お花畑= flora[英])

乳酸菌生産物質の光英科学研究所HPより

NHKスペシャルやたけしの家庭の医学、情熱大陸でも「腸内フローラ」を特集していましたので、ご存じの方も多いかもしれません。

腸の中は、こんなイメージです。

hanabatake
出典: www.benpi-qq.com

善玉菌は善玉菌で集団をつくり、悪玉菌は悪玉菌どうしで集団をつくるので、丁度お花畑のようです。

きれいですが、この細菌のバランスが崩れると、胃腸の調子が悪くなります。私の場合もそうでした。恥ずかしい話ですが、一日中お腹がガスでパンパンに張っていました。

腸内フローラの理想的なバランスはというと…
善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割 だといわれています。

意外にも悪玉菌も体には必要なようです。まだ詳しく解明されていないのですが、悪玉菌も人の体には必要だということは確実のようです。

善玉菌…代表的なものは、ビフィズス菌や乳酸桿菌。
悪玉菌…腸内の中を腐敗し有害物質をつくる菌。
日和見菌…体調などにより善玉にも悪玉にも変化する菌。大腸菌も日和見菌の一種です。

大腸菌が悪玉でないことに意外だと思ったかもしれません。しかし、半分当たっています。大腸菌は日和見菌といって、善玉にも悪玉にもなる都合のいい菌だからです。

健康なときには大腸菌がいても問題ないのですが、体調を崩し体の抵抗力が低下すると、大腸菌は悪玉になります。すると、腸内を腐敗しガスを発生するため、胃腸を傷めることになるのです。

まさしく、私の胃腸が悪くなっていたときの状態です。
そして、この時に、テレビ「情熱大陸」でやっていた腸内フローラのことを思い出したのです。

そして、すぐにドラッグストアへ直行し、ビオフェルミンを購入。

bioferumin
出典:ビオフェルミン製薬

ビオフェルミンの成分は、薬ではなく乳酸菌です。腸内の菌バランスを整えるのが目的の製品です。

私の予想が的中しました。服用した翌日にはガスが出なくなったのです。それから、「これだ!」と1ヶ月続けることで、お腹は快調に。

ガスがたまると口臭の原因にもなるので、胃腸が気になっている方には、ビオフェルミンが良いかもしれません。

口内フローラ

ばい菌のかたまり

口は消化器官であり、胃腸の延長です。
だから、口の中は胃腸と同じように細菌で一杯です。種類にして300~400種、菌数は100億を超えます。

口の中にも善玉菌と悪玉菌があります。悪玉の代表的なものは、虫歯菌や歯周病菌です。

胃腸とちょっと違うのは、口の中の悪玉菌はプラーク(歯垢)の中で生きていること。

プラーク(歯垢)は、歯と歯ぐきの間の歯面や舌粘膜にくっついているため、通常の歯磨き程度では取るのが困難です。かなり丁寧な歯磨きケアと歯科での歯石除去も必要になります。

口内フローラのバランスが崩れる原因

レントゲン写真を見る歯科医

悪玉菌が増えると、虫歯や歯周病になります。口臭も発生します。人によっては、舌苔(ぜったい)が出来るので舌が白くなることも。

このように、口内フローラのバランスが崩れるのはどうしてでしょう?

  1. 唾液が少ない。悪玉菌は唾液に弱く、善玉菌は唾液で増えます。
  2. 免疫力の低下。心身のストレスなどから免疫力が低下すると、悪玉菌が増えます。

唾液の分泌が減る、質が悪くなると、口内フローラのバランスが崩れるということを覚えておいてください。

乳酸菌で口内フローラを整える

ヨーグルト

悪玉菌が増えた口の中に乳酸菌を補充して、口内フローラを良い状態にしようとするのが、「口内プロバイオティックス」。

これだけ聞くと、乳酸菌ならなんでも良さそうと思いませんか?

たとえば、腸内環境に良い漬物やキムチ。これも悪くないと思います。そして、乳酸菌といえばヨーグルト。これも悪くないと思います。

ですが、ビフィズス菌は酸素があれば生きられないので、唾液がある口内では死滅します。一般的な乳酸も同様です。

乳酸菌だったら何でも良いのではとよく勘違いして、ヨーグルトを歯ブラシに付けて歯磨きをする人がいますが、何の効果もないです。

そんな理由から、もっと良いのは、「乳酸桿菌」(ラクトバシルス・サリバリウス)だそうです。

乳酸桿菌は、元々、唾液中にある菌ですから口の中で元気良く生きられる善玉菌です。乳酸桿菌の他にも、「LS1乳酸菌」も口臭予防に良いようです。

「乳酸菌LS1」入りのヨーグルトやタブレットも市販されています。

taburetto
出典:ライオン システマ 歯科用オーラルヘルスタブレット

yo-guruto
出典:らくれん 8020ヨーグルト

まだ私自身確かめていないので、効果のほどは分かりませんが、理論上は良いと思います。

乳酸菌を過信してはダメ!

鏡の前で歯磨き

ここまで口内フローラについてお話をして謝らないといけません。
乳酸桿菌が良いだろうとお伝えしましたが、それだけで、口内フローラが改善できると思わないようにしてください。

というのは、乳酸桿菌さえ食べていれば、歯磨きをしないでも大丈夫ということではないからです。

口内に悪玉菌が増えると、乳酸桿菌を補充したくらいでは追いつきません。

悪玉の温床になっている歯垢(プラーク)を歯磨きで除去しないといけません。歯石がついていたら歯科で除去する必要もあります。

それだけではありません。

口内に悪玉菌が増えると、舌苔(ぜったい)ができます。この除去をすることが大事なのですが、舌磨きを行なうと舌を傷つけるため反って悪玉菌が増えてしまいます。

一番のお勧めの方法は、美息美人(びいきびじん)です。美息美人(びいきびじん)で歯磨きとうがいを行なうことで、過剰に増えすぎた悪玉菌を落とします。

その後に、乳酸桿菌を補充すると効果が出るかもしれません。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する