適切な口臭対策をおこなっていますか?そのためには口臭原因を知ることが重要!

パタカラ体操

誰でも疑問や悩みの一つや二つあります。困ったことがあれば、誰かに聞けば良いと思っていませんか?

しかし、口臭だけは違います。

はずかしくて家族にも聞けない。もしかすると、歯医者さんにさえ聞けないかも。

だからといって、ネットで探しても解決できなくてお困りではありませんか?

今回の記事では、口臭に関する疑問で多かった8つの事についてお答えします。是非、ご参考にしてください。

口臭は、どうして起きるの?

kagamoyuutu

口臭が出ていることが分かると、「どうして私だけ!」と腹立たしくなるかもしれません。

そんな時に、考える素朴な疑問。
それが、「口臭が起きる原因は何だろう?」ではないでしょうか。

口臭というのは、悪玉菌がつくるガスです。

口や喉の中には、多種多様の細菌が多く存在しています。悪玉菌・善玉菌、そして、善玉にも悪玉にもなる日和見菌(ひよりみきん)が、バランスよく共存しています。
健康な状態では、細菌バランスが良いので口臭も出ません。

ばい菌のかたまり

ところが、ストレスなどで免疫力が低下すると、日和見菌が悪玉菌に変わり一変に悪玉菌が優勢な環境になります。

悪玉菌が増えると、虫歯や歯周病になりやすくなるだけではなく、舌が白くなったり、喉に臭い玉(のうせん)ができることがあります。このことによって、口臭が発生します。

口臭は細菌が作っているガスだということを理解することは大事です。というのは、口臭を消しても口内環境が悪いままであれば、根本的な対策にならないからです。

口臭が起きる原因

口臭は、次のようなことがあると起きます。

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 歯磨き不足
  • 舌苔(ぜったい)
  • 臭い玉(のうせん)、膿汁(のうじゅう)
  • 蓄膿症など耳鼻咽喉科疾患
  • 癌や糖尿病など内科疾患
  • 消化不良により腸内にガスがたまる
  • にんにく・ニラなど臭いの強い食事
  • 喫煙や飲酒

これらのことがあると、口臭が発生する可能性が高まります。

膿栓の図解

一般的なデータによると、歯周病など口腔内疾患による原因が9割を占めているといわれています。それだけではありません、舌苔(ぜったい)が原因で口臭を発生していることが6割もあります。※舌苔(ぜったい)とは舌に白い苔ができていること。

口臭がしているかもしれないと思ったら、一番に「舌が白くなっていないか?」確かめると良いです。

できれば、歯医者さんで虫歯や歯周病になっていないかを検査を受けられることもお勧めします。というのも、歯周病菌が産生するにおいが、口臭の中で最も臭いからです。

頑固な口臭は、臭い玉(のうせん)が原因かもしれない

「歯医者さんで診てもらっても口臭が治らない。」

膿栓

そのような場合には、喉に口臭原因があるかもしれません。あまり知られていないのですが、喉に「臭い玉(のうせん)」が出来ると、下水のような臭いが出ます。

臭い玉は、風邪をひいただけでも出来るものです。ですから、耳鼻咽喉科にかかっても、「これぐらい大丈夫ですよ。」と相手にされないかもしれません。

ところが、臭い玉から発する臭いは強烈です。口臭を無くすには、臭い玉をなくすことが大事です。

臭い玉(のうせん)が出来やすい人の場合には、除去しても何度でも出来ます。また、臭い玉の元になっている粘液も口臭の原因になるのでご注意ください。

歯磨きをしても口臭がするのは何故?

%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e6%ad%af%e7%a3%a8%e3%81%8d

エチケットを大切にしている人は、歯磨きもていねいです。ところが、ていねいに歯磨きをしているにも関わらず口臭が起きることがあります。どうしてだと思いますか?

それは、、、

舌苔(ぜったい)が出来ている人の場合、歯磨きを行なうことで、舌に付いている汚れと臭いが浮き出し唾液に交じります。そのため、歯磨きを行なう前よりも口臭を感じることがあります。

舌磨きで白くなった舌

他に考えられるのは…

  • 臭い玉(のうせん)
    喉が汚れている場合には、臭い玉(のうせん)があるかもしれません。これは、歯磨きでは取れません。
  • 歯周病
    歯肉炎や歯周炎は、歯ブラシの毛先が届かない部分で起きています。歯と歯の間の歯ぐき部分、差し歯の歯ぐき部分、歯周ポケットの深い部分に歯周病菌が繁殖していると、たとえ歯磨きをした後でも臭いが発生します。
  • 二次カリエス
    銀歯が被さっていると、内部で虫歯が進行していても分かりません。虫歯菌が歯の中を腐敗するので酷い臭いがします。

加齢と口臭は関係あるの?

落ち込む中年の男性

「口臭がするのは年だから仕方ない。」そう思っていませんか?

加齢と口臭は直接的には関係ありません。しかし、加齢によって心身ともにいろんな問題が起きているかもしれません。

たとえば、

  • 体力・筋力が落ちた。
  • 抵抗力が低下。
  • 病気。
  • ストレス発散ができない。
  • 血圧が高くなった、寝れない、ストレスが多いなどの理由で薬を服用している。

じつは、これら全てが間接的に口臭を発生する原因になります。

会話が減るとか歯が抜けてしまうことで咀嚼回数が減り舌の筋肉が落ちます。舌の運動は唾液分泌と関係しているため、唾液も減少することに。そして、唾液が減ることによって口臭が発生します。

風邪にかかった女性

病気や老化は、抵抗力低下の原因になります。抵抗力が下がると、口内細菌が増えるため口腔環境が悪くなります。

人によっては、自分が若い頃のように趣味や遊びで発散できなくなるかもしれません。そのため、ストレスが蓄積し抵抗力が下がります。ところが、ストレスは、自律神経に悪影響を与え唾液も減少させるのです。

だから…

加齢だから口臭がすると思い込む人が多いのでしょうね。

健康と口臭は関係あるの?

マスクの女性

「加齢と口臭は関係あるの?」でご説明しましたが、健康は口臭と多いに関係あります。

特に最近多いのは、精神的な不健康です。

現在社会は、昔と違い人間関係が複雑です。そのため、周囲に気をつかうことが多くなっているのが現状です。そのことが、精神的ストレスを招く元になり、(口が乾燥する)ドライマウスになっている人が増えています。

ドライマウスは病気というよりも、精神的ストレスが自律神経に悪影響を与えることで起きている症状です。

ドライマウスになると、舌苔(ぜったい)が出来、口臭の原因になります。

口臭がしていないか調べる方法は?

ikiwokagu

口臭で悩んでいる人に多いのですが、「口臭を計測したことはありますか?」とお聞きすると、測ったことがあるとお答えになる人は1割もありません。なぜでしょう?

自分の嗅覚を信じているからです。

「口臭を感じる。」と思っても、事実とは異なります。それは、嗅覚にはいろんな問題があるからです。

  1. 人はにおいに慣れるため、同じにおいに麻痺し分からなくなる。
  2. 嗅覚は、鼻から脳に伝わった信号をイメージで感じる。どのようなにおいというよりも、好き嫌いという感情部分が大きい。

口臭が気になっている人にとっては、自分の口臭は大っ嫌いな臭いです。これほど嫌いな臭いは世界中にないかもしれません。

だから、2メートル前の人には判断できないような微々たる臭いでも敏感に察知してしまう。そのため、ストレスがたまっていませんか?

私からのおすすめは、簡易口臭チェッカーで計測することです。口臭外来で測るようには正確には計測できませんが、簡易の口臭チェッカーでも口臭がしているかどうか程度なら分かります。

私も心配な時は、口臭チェッカーを使っていますが、測ることによって客観的に口臭がしているかどうかが分かり安心して会話できます。

指をなめる

口臭チェッカーがない場合には、指をなめて嗅いでみると、「口臭」がしているかどうか分かります。

口臭が強い場合には、唾液が臭いです!でも、口臭がしていない人の唾液は、少し臭いだけ。唾液には酵素が含まれているので、多少は臭いものです。

口臭がある人の唾液が臭いのは、口臭菌が多いからです。ですから、唾液を嗅いで確かめるのは理屈に合っています。是非、お試しください。

寝起きに口臭がするのは何故?

asaokiru

口臭を作っているのは、口臭菌です。ですが、細菌は唾液があると増殖することができません。

日中、唾液は多量に分泌されているのですが、就寝中にはほとんど分泌されません。

夜中には、この時とばかりに細菌が増殖。朝起きたときには、口の中は菌でいっぱいになっています。

だから、朝起きると口が苦いし、息も臭いのです。

口臭を無くすには、どうすれば良い?

消臭剤

ここまで記事をお読みになられたあなたは、口臭を無くすためには、消臭剤などでは無理なことは理解できたはずです。

口臭は、根本的な原因を改善しないといけない!

「でも、それって何か難しそう?」すぐに良くならないので無理かもしれない。そのように感じていませんか?

私は、無責任に「簡単に治ります!」なんてことは言えない性質です。ですから、はっきりと申します。

直ぐには治らないかもしれませんが、「治ります!」

一言付け加えると、口臭を治す方法は簡単です。

えっ?と思われるかもしれませんが、口臭を治すために特別難しいことを行う必要がないからです。

口臭を治す方法は一つです。

口腔内の環境を清潔にする。これだけです。

口の中がきれいになると口臭はなくなるからです。

口内環境を清潔にする方法

歯磨き指導

口内環境を改善するには、具体的には次のことを行う必要があります。

  1. 虫歯・歯周病を治療する。
  2. 丁寧な歯磨きケアの習慣をつける。
  3. 喉の清潔を維持するために、毎日、喉のガラガラうがいを行う。
  4. 定期健診を2~3か月に1度受け、歯石除去を行なう。

以上4つのことを習慣にすることが大事です。

アルカリイオン水が口臭に良いのは何故?

細菌

口内環境を改善するために、先ほど4つのポイントをお伝えしました。

しかし、それらのことを行っていても、口臭が改善されないことがあります。

それは、病気、精神的ストレス、ドライマウスなどがある場合です。このような場合には、舌苔(ぜったい)や臭い玉(のうせん)が出来やすくなります。

健康状態の人と比較して、悪玉菌が増えやすいのが特徴です。そのため、普通に歯磨きやうがいをしても、悪玉菌の増殖スピードに追いつかないかもしれません。

mizu

経験上、このようなケースでも口腔内の汚れを落としやすいのが、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水です。

アルカリイオン水は、汚れを分解する働きがあるため、同じように歯磨きを行っても良く落とせます。

だからといって、一度の歯磨きやうがいで口内環境をよくできませんが、毎日続けることで、段々と細菌のバランスが整っていきます。

口内環境が清潔になると、ストレスで減少していた唾液の分泌が期待できます。
唾液がよく出るようになると、舌もきれいになり口臭が改善されます。

美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水を使用すると、このようにして良い循環になります。

一見面倒そうですが、単なる毎日の歯磨き習慣です。

もし、口臭でお困りでしたら、今回の記事をご参考にして下さると幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

口臭原因はコレ!12,000人が実践する対策と予防法を公開します

膿栓はうがいでなくなる?

舌が白い人がやると良い方法

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する