自分の口臭を調べる方法

自分の口臭が、どんな臭いをしているか知っていますか?

臭いを嗅ぐ人

よく糖尿病の人は甘い臭いがするとか言われていますよね。

口臭で、あなたの病気が分かるかもしれません。ちょっと、臭いを嗅いでみてください。
どんな臭いでしたか?

雑巾臭

歯周病・虫歯
口腔内に細菌が増え、口臭となって現れる

生乾きのへや干し臭

体の抹消血流が停滞している
余分な水分を代謝できずむくんだ体になる


硫黄臭

胃腸が悪い
食べ物が胃腸の中で異常発酵し、硫黄臭が口臭となる


アンモニア臭

関節痛やむちうち
関節が悪くなるとリンパ液や細胞中液の潤滑が滞り臭いを放つ


熟れた果物の臭い

甘い物が大好物の人に多い
糖尿病の恐れあり


肉や魚が焦げた臭い

血圧が高い人に多い
自分の口臭がどんな臭いをしているかは、家族などに聞くのが一番ですが、それもできない場合には、この方法がおススメです。

美息美人式口臭チェック

(ア) 自分の腕をなめます。(この時、腕の一か所に噛みつき舐めます。)

(イ) 舐めた腕に唾液がついているのを確認してください。

(ウ) 腕についた唾液が渇くまで放置します。

(エ) 舐めた腕の反対側の腕を嗅いでみます。

(オ) そして、舐めた腕を嗅いでみます。反対側の腕のにおいと比較してみてください。

どうですか?簡単でビックリしたでしょう。

これで納得できない場合には、TVの「アカルイミライ」でやっていた、中條先生のおススメしていた口臭チェックでお試しください。

①スプーン2杯分の唾液をジャム瓶などの容器に入れる。

②コットンなどで舌と歯茎をよく拭いて、①のビンの中へ入れる。

③容器の蓋を閉めて、鍋で湯銭する。(40度で30分間)

これで、あとは蓋を開けて勇気を出して臭いを嗅ぐだけです。
さて、あなたの口臭は、どんなニオイでしたか?


人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する