歯周病を治すには?歯医者が本気で教える治療法&歯科衛生士によるブラッシング指導

レントゲン写真を見る歯科医

歯周病が気になっていませんか?

歯ぐきが腫れる、歯ぐきから膿が出る、歯磨きをすると出血がする、口臭がひどい。これらはすべて歯周病の症状ですが、始めは痛みもなく歯周病の自覚がないことが多いものです。

歯周病は、気づいたときには歯ぐきが腫れて痛いし、歯が長く伸びてしまい見栄えが悪くなります。そのため、歯周病を治したいけれど、歯医者に行く前に治療法について少しでも知っておきたいのではないでしょうか?

今回の記事は、歯医者さんで行っている歯周病治療と、歯科衛生士さんが指導する歯周病ケアについてお伝えします。ぜひ、ご参考にしてください。

歯周病とは、どんな病気?

歯周病は歯周病菌による感染症です。

歯周病の進行イラスト

歯周病になると、歯ぐきからの出血や腫れ、口臭を起こします。始めのうちは歯ぐきが腫れても勝手に治ることがあり、治療を受けないで放置することが多いものです。

ところが、歯周病は表面に見えない所で少しずつ進行しますので、気づいたときには、歯ぐきが痛いとか、歯ぐきが下がってしまったということに。そして、最終的には、歯槽骨が退縮してしまい歯がグラグラになることも。(この状態になると抜歯しかないです。)

歯周病が引き起こす疾患

人体

今まで、歯周病は歯ぐきの病気だと考えられていました。しかし、最近の医学の研究によって、歯周病菌は様々な全身疾患を引き起こす原因となっていることが分かっています。

歯周病の影響が考えられる全身疾患

  • 糖尿病
  • 誤嚥性肺炎
  • 脳梗塞
  • 心臓血管疾患
  • 消化器科系疾患
  • 認知症
  • 低体重児出産

このように、歯周病は歯の病気だけではなく、生命にもかかわる怖い病気なのです。ですから、手遅れにならないよう予防することが大切です。

歯周病の症状

口臭がする

臭い臭いと鼻をつまむ女

歯周病になると口臭が強くなります。歯周病菌は歯ぐきに炎症を起こし死んだ細胞や血液を分解します。その時にVSC(揮発性硫黄化合物)というニオイ物質を産生します。

VSCというのは、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドというニオイ物質。ですから、卵が腐ったような臭い、野菜の腐ったような臭い、ゴミの臭いが特徴です。

口臭が気になったら、一度、歯周病を疑ってみてはいかがでしょう。

歯みがきをした時に出血する

歯みがきで出血

歯肉炎になると、歯磨きをした時に出血をすることがあります。歯磨きのほかにも、リンゴなど固いものを噛んだ時にも出血をします。

ただし、出血はいつもあるわけではありません。歯肉炎は健康状態などによって、収まったり悪化したりと変化します。出血していたのが収まったからといって安心してはいけません。

歯ぐきが腫れる

歯肉炎(歯ぐきの腫れ)

歯ぐきに炎症が起きると歯ぐきが腫れます。歯肉炎のほとんどは慢性的で自覚症状がないまま進行していきます。

しかし、体の免疫力が低下すると、歯ぐきに痛みや違和感が起きるので分かるのですが、この場合も痛みが収まってしまうことが多いのです。そのため、歯周病が慢性的に進行するのですね。

起床時に歯ぐきに違和感を感じる

歯磨きで困っている女性

寝ている時は、ほとんど唾液が出ません。ですから、歯周病になっている場合は、夜中に歯周病菌が活発に動き歯ぐきを痛めることに。

そのため、朝起きた時に歯ぐきに違和感を感じます。歯肉炎が進行している場合には、歯ぐきの腫れや痛みを感じることもあります。

歯周ポケットができる

健康な歯ぐきと歯周病の歯ぐき

健康な歯ぐきの場合、歯と歯ぐきの間に深さ1~2ミリほどの溝があります。

ところが、歯肉炎になると歯ぐきが腫れ溝が深くなります。この状態を歯周ポケットといいます。

そして、歯肉炎が進行すると歯周ポケットも深くなり、今まで以上に食べかすがたまり歯垢や歯石ができる原因となります。

歯周ポケットが深くなると歯周病も悪化するので、早めに治療や予防することが重要です。

歯ぐきが下がる

歯ぐき下がり

歯周病になると、歯を支えている骨が退縮します。そのため、歯ぐきが下がり歯根が見えることに。

この症状は、加齢とともに起きるものですが、歯周病が悪化すると歯ぐき下がりの進行が早くなるので、注意が必要です。

歯がしみる

歯周ポケット

歯ぐきが下がると、歯根部が表れます。歯の上部はエナメル質でできているため硬いのですが、歯根は柔らかい象牙質。

そのため、研磨剤の入った歯磨き粉や硬い毛先の歯ブラシでブラッシングを行うと象牙質が削れてしまいます。

歯周ポケットから膿が出る

歯周ポケットが深くなると、プラークも溜まりやすくなるので歯ブラシでブラッシングをすると白い膿のようなものが出ることがあります。

また、歯周ポケットには、歯周病菌と免疫細胞が戦ったあとの死がいが膿となってたまります。

噛むと痛い

リンゴをかじると血が出た

歯周病が進行すると歯を支える骨が溶け歯が動きます。そのため、食事で噛むと痛みを感じ固いものを噛めなくなることがあります。

歯が動く

中程度以上の歯周病になると、歯を指でつかみ動かすと揺れます。この状態から進行すると、歯並びが悪くなったり、歯が抜けることにもなるので、早めの治療が必要です。

歯周病の原因

口内の細菌

口の中には、大量の細菌が住んでいます。これらの細菌は、歯みがきが充分でなかったり糖分の多い食事をしていると、ネバネバした歯垢(プラーク)を作り歯の表面にくっつきます。

歯垢(プラーク)は粘着性が強く、うがい程度では落ちません。だから、歯周病にならないようにするためには、ブラッシングケアが重要なのですね。

きちんとブラッシングケアが出来ていないと、歯垢(プラーク)の中にある歯周病菌が作り出す毒ガスによって歯ぐきに炎症を起こします。これが、歯周病のはじまりです。

この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。その中でも歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。

引用:日本臨床歯周病学会 歯周病とは

歯周病の治療

歯医者と患者

歯科でおこなっている歯周病の基本治療は、歯垢(ぷらーく)の除去と歯面のクリーニングです。他に咬み合わせが合ってない場合に咬合面を削るなどして調整します。

歯周病の進行の程度にかかわらず、初めに行われるべき治療が歯周基本治療です。原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などです。

引用:日本臨床歯周病学会 歯周病の治療方法

歯周病の治療は、この基本治療のほかにプラークコントロールを行うことが重要です。プラークコントロールは、日常行う歯磨きと歯科で器械を使っておこなうスケーリングなどがあります。

スケーリングは歯の表面や根の表面の歯垢歯石を器械で取除く事です。ルートプレーニングは歯の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層を除去する方法で、多くの場合スケーリングと同時に行われます。
引用:日本臨床歯周病学会 歯周病の治療方法

これら基本治療により歯ぐきが改善され、歯周ポケットの深さが2~3mmになれば、一応治療が終わり定期検診を受けることになります。

歯周病は厄介な病気ですぐに再発するため、予防のために定期健診を受けることが大切です。

外科治療

歯科治療を受けている患者

基本治療をおこなっても歯周ポケットの深さが改善されず、歯磨きだけで汚れを除去できないなど中程度以上の歯周病の場合には、外科手術によってポケットの深さを減少させる手術があります。

特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術(再生療法)を行う場合もあります。手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。

引用:日本臨床歯周病学会 歯周病の治療方法

再生手術など外科的処置は、歯周病の程度や状態によって出来ないケースもあるので、歯科で相談されるとことをおすすめします。

口臭を予防するには歯周病対策が必要

これまで、歯周病の症状についてご紹介しました。もし、一つでも思い当たる症状がありましたら、直ぐに歯科で診てもらうことをお勧めします。

というのも、歯周病になっていると必ず口臭もします。ですから、口臭を完全に解決しようとおもえば、歯周病を治療し予防することが必要です。

歯周病の予防

歯周病は実に厄介です。その理由は歯科治療だけでは完治しないからです。歯周病は予防が最も重要です。歯周病を予防するには、日常の歯磨きを効果的に行うことが大事です。

歯周病は一度治ったと思っても、体が疲れ免疫力がさがるとすぐに再発します。歯周病が再発しないように予防するには、治療後も3ヶ月おきに歯石除去やクリーニングを受け、お家でていねいにブラッシングケアを行うことが必要です。

効果的なブラッシングケアの方法をご紹介しますので、ご参考にしてください。

  1. 歯石除去やクリーニングによって歯や歯ぐきをきれいにする。歯石除去を行う期間を短くして歯肉を退縮させないことが大切です。
  2. 歯磨きをていねいにして口腔の衛生状態を保持する。歯周病菌は歯と歯周ポケット内に存在しますので、歯磨きによってプラークを取り除くことが重要です。プラークは、歯ブラシの毛先を動かすことで容易に取れます。しかし、プラークが存在する部位は狭い所ですので、丁寧にブラッシングすることが必要になります。そのためには、歯ブラシだけではなく、歯間ブラシやワンタフトブラシを使用することをおすすめします。
  3. 舌苔(ぜったい)を除去する。歯周病菌は、歯や歯周ポケットに付着しているプラークにあるわけではありません。実は、舌の粘膜に付着している苔(プラーク)中にもあるので、歯石除去や歯磨きを丁寧にしていても、歯周病菌はすぐに移ってきます。

引用:歯周病の口臭、出血、歯茎の腫れに効く歯磨き粉の選び方

文中のワンタフトブラシを知らない方も多いと思いますが、歯周病のケアには効果的な歯ブラシです。ブラシ部分を一つに束ねて、歯ぐきの溝を磨くために作られています。

ですから、歯磨きの仕上げにワンタフトブラシを使用し、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の清掃をすることで、軽度の歯肉炎であれば治癒することもできます。ワンタフトブラシの使用方法については、こちらの記事『奥歯の奥からプンと口臭が…原因と対策』をご参考にしてください。

また、ブラッシングケアを効果的におこなうには、どの歯磨き粉を使うかも大切なことです。わたしとしては、美息美人(びいきびじん)がおすすめです。アルカリイオン水の水歯磨きなので、歯周ポケットの中もきれいにすることができるからです。ぜひお試しください。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する