虫歯にならない強い歯をつくる王道

虫歯にならない強い歯をつくるための方法

あなたは虫歯を予防することについてどれだけ知っていますか?「甘いものを食べない。歯磨きをする。」と答えられる人がほとんどですが、虫歯にならないためには、それ以上に大切なことがあります。今回の記事では、「歯を強くするためには何を行う必要があるか。」についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

虫歯

虫歯は、専門用語でう蝕と呼ばれます。

この程度のことは、誰でもご存知かもしれませんね。
でも、どのようにして虫歯になるのかというと、ご存知ない方がほとんどです。

虫歯にならないためには、先ず、「虫歯の原因」を知ることが大事です。

虫歯の原因は、この三つです。

一つは、虫歯菌

二つ目は、虫歯菌の餌

三つ目が、歯の脱灰という性質


脱灰

そうなのです。
虫歯の原因はこれだけなのです。
原因が分かれば、虫歯にならないようにするのは簡単なことです。

虫歯を予防するためには…

①虫歯菌をなくす。

②虫歯菌の餌をなくす。

③歯の脱灰を防ぐ若しくは再石灰化を促進させる。

この三つを実行することで決して虫歯になることはありません。
理屈ではそうなのですが、実際の虫歯予防ではそう簡単にはできないので、歯科の患者さんも毎年減らないのでしょうね。

虫歯にならないために、虫歯の原因と虫歯になるステップについて、もう少し詳しくお話します。

虫歯を引き起こす悪い代表菌は、ストレプトコッカス・ミュータンス菌やラクトバチルス菌と呼ばれる嫌気性細菌ということが分かっています。

ミュータンス菌は砂糖が大好物です。

ミュータンス菌は砂糖をグルカンという物質に変えます。
グルカンは非水溶性で粘着性が高く、きわめて固体に付着しやすいという性質の多糖体で、水に溶けない糊のようなものです。

このネバネバのグルカンは、エナメル質の表面にミュータンス菌や他の細菌をたくさん付着・増殖させることができるので、細菌の繁殖にとってはとても重要な物質です。

ミュータンス菌などの虫歯菌は、このグルカンを道具にして食べかすや唾液と結合し、プラーク(歯垢)をつくるのです。
ご存知のように、このプラーク(歯垢)が虫歯をつくる元となります。

それだけではなく、プラーク内の細菌は毒素を発生し、強烈な口臭の原因となるのですから、困ったものです。

では、プラーク(歯垢)は、この後どのようにして虫歯をつくっていくのでしょう。

虫歯菌は、毎日、口に入れる食物、特に糖質から乳酸などの酸を作ります。
この酸が歯にとっては大変な厄介者なのです。

ところが、よく甘いものを食べたり、歯磨きもいい加減で丁寧にしていないのに、虫歯にならない人もいます。何故だと思いますか?それが、これからお話しする歯のしくみによって理解できます。

食事の度に、歯は溶けたり固まったりする

歯は食事をする度に、脱灰と再石灰化を繰り返します。口腔内が酸性に傾くと、歯の表面を溶かし始めます。これが、脱灰という現象です。

怖いようですが、でも、これだけでは、虫歯になりません。
人のからだは上手くできています。

それは、唾液があるからです。
唾液自体はアルカリ性で、酸性になった口腔内を中性に戻してくれます。
それだけではなく、唾液は口中で浮遊している細菌を胃の方向に流してしまうのですから、大変、助かります。

ところが、最近では、ドライマウスといって唾液があまり出ない人が増えているそうですから、唾液が果たす重要な役割ができていなことが多いのです。

そうすると、口腔内は、長時間にわたり酸性状態になり、酸で歯が溶かされてしまうのです。

ドライマウスの場合は、歯科や内科で受診しないといけませんが、普通に唾液がでる人のケースでは、再石灰化が起きるので心配ありません。

「再石灰化? 何、それ?」

人のからだは、実にうまくできています。

歯から水素イオンやミネラルが抜けて脱灰した後に、唾液に含まれる水素イオンやカルシウム等のミネラルが、再び歯に取り込まれるようになっています。

だから、再石灰化と呼ばれるのです。

毎日、歯が脱灰しながらも、失われた歯質が再生されているのですから凄いことです。
ただし、再石灰化ができるのは初期の虫歯だけです。ご用心ください。

再石灰化とか脱灰化というと、専門的でなんか難しいようですが、これは、昔からいわれていたことです。私も子供の頃、母親から「歯も骨も強くなるから小魚も食べないとあかんよ。」と良く言われたものです。

はじめの話に戻りますが、虫歯を確実に予防するには、虫歯菌をなくすか、虫歯菌の餌をなくすか、歯の脱灰を防ぐか、または再石灰化を促進させることでしたね。

ここまで読まれたあなたは、
どうして? 『美息美人(びいきびじん)』の原料が、ホタテ貝殻焼成カルシウムでないといけないのか、ご理解できたことでしょう。

その理由の一つは、『美息美人(びいきびじん)』の粉を水に溶かすことによって、強力なアルカリイオン水ができるからです。強力なアルカリイオン水中では、虫歯菌は生きられなくなります。
そして、カルシウムやリンなどのミネラルが解けたアルカリイオン水を口に含むことによって、再石灰化が促進されます。

『美息美人(びいきびじん)』で歯磨きすることにより、虫歯にならないようにするための最も重要な2つのことを達成できるからなのです。

ですから、多少、甘い物を食べたからといって、虫歯になることはないのでしょうね。でも、糖分はからだにも良くないので、控えめにすることが大切ですね。

美息美人(びいきびじん)といえば、口臭予防の歯磨き粉というイメージが強いのですが、実は、元々、歯を強くするために研究開発された歯磨き粉なのです。ですから、歯を強くしたいとか、ツルツルの白い歯にしたいのでしたら、是非お試しください。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」


人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する