実は奥が深い歯の「着色」の話と落とし方についての基礎知識

歯の着色を落とすことに対して、市販の「ホワイトニング効果」のある歯磨き粉が良いと勘違いされている人が多いです。

よくテレビのコマーシャルなどで、「ホワイトニング効果」のある歯磨き粉が宣伝されていたり、最近では歯の表面の汚れを取る「消しゴム」などのグッズまであるから、それを鵜呑みにしているのかもしれません。

しかし、実はそれらの歯磨き剤を使うとよけいに着色が付きやすくなる原因になります。

今回は、歯の表面に着色する原因とどのように着色を取れば良いのかについてお伝えします。是非ご参考にしてください。

なぜ歯に着色が付くのか?

enameru

歯の表面は一見ツルッとして見えます。しかし、顕微鏡で見ると目には見えないような細かい溝や穴が無数にあります。

これらの溝や穴には、食事や飲み物による色素が入り込みます。これが歯の着色です。

ですから、着色汚れは歯磨きだけで簡単に取れるようなものではないのです。着色汚れが取れないとお困りのあなたは、少し納得したのではないでしょうか。

着色の原因となるもの

koutya

喫煙の習慣があると、必ずと言っていいほど歯に着色が付きます。タバコの成分にはニコチンやタールが含まれますので、喫煙する度に歯の溝や穴に入り込み、歯が茶色くなります。

ところが、喫煙をしていなくても歯が着色することがあります。

実はタバコだけではなく、コーヒー、紅茶、ワイン、お茶を多く飲まれる人の場合には、歯に着色が付きやすくなります。

これらの飲み物には、渋み成分であるタンニンが含まれるため、歯の成分であるカルシウムなどの金属イオンと結びつきやすく、着色が付くと中々取れなくなります。
他にも、レジン歯(白い樹脂製の歯)が古くなると変色することがあります。

また、加齢によりエナメル質が薄くなり茶色い象牙質がすけることによって黄色く見えることも。その他、虫歯が進行し歯髄が腐ることによって歯が変色することもあります。

「ホワイトニング歯磨き剤」の効果は?

hamigaki

「ホワイトニングをしたいけれど、歯医者に行ってまでは。」という人達の愛で、お家で手軽にできるホワイトニング歯磨き粉が人気です。

ホワイトニング歯磨き粉でよく売れているのは、「ブリリアント」と「アパガード リナメル」。

これらの歯磨き粉は、着色を取るというよりも歯の表面を滑沢にすることで着色が付きにくくするのが本来の目的のようです。

他にも、「歯の消しゴム」や「家庭でできるホワイトニング」などが人気です。
しかし、結論からいうと…着色は取れません。

ホワイトニング歯磨き剤で着色が取れない理由

テレビで宣伝されている「ホワイトニング効果」のある歯磨き粉や消しゴムなどのグッズでは、歯の着色がきれいに取れないだけではなく、使い過ぎるとかえって着色が付く原因にもなります。

その理由は…

歯の表面には、目に見えない大きさの溝や穴が沢山あり、そこに色素が沈着することで着色が付いています。

ですから、溝や穴に付いている汚れを落とそうとすると、無理に力を入れ歯を削ってしまうことにもなります。

歯に傷が付くと表面がザラザラになり、更に着色が付くという悪循環になるのでご注意ください。

ホワイトニング剤によっては、同じように歯の表面を溶かすものもあるので、歯医者さんで相談されるほうが安心です。

どのようにして着色を取れば良い?

歯の着色を取るには、歯医者さんで機械や器具を使って取るのが一番安心です。

方法としては、始めに荒い粒子の研磨剤で歯の表面の着色を取ります。仕上げは研磨剤が入っていないペーストで歯の表面をつるつるにします。

この仕上げのクリーニングによって、歯の表面にできた細かい傷が埋まっていきます。そのため、継続的にクリーニングを続けることで歯がツルツルになり着色が付きにくくなります。

クリーニング効果は、それだけではありません。

歯の表面がツルツルになることで、歯垢も付きにくくなり、いつもと変わらない歯磨きでも簡単に歯垢を落とせるため虫歯にもなりにくくなります。

但し、虫歯の影響やレジン歯の変色などの場合は、治療をして詰め物をやり替えることも必要です。

ーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

苦労してホワイトニングするのはもうやめましょう

歯が黄色くなる原因は歯磨き粉かも。歯みがきで「白い歯」をつくる方法

歯医者さんがすすめる歯磨き粉ランキング

舌磨きはダメ!じゃあ、どうすれば良い?

歯みがきだけで自然の白い歯になる!?

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する