美息美人(びいきびじん)が歯周病菌を退治している写真

舌苔(ぜったい)を除去すると口臭が改善することは、多くの大学や研究者によって報告されています。

ところが、舌は柔らかい組織なので、ブラッシングなどを行うと容易に傷ついてしまうので良くありません。

問題はそれだけではありません。舌苔(ぜったい)は、細菌が集まって出来たプラーク(歯垢)です。だから、細菌をやっつけないことには、歯磨きや舌清掃をしただけでは根本的な改善にはならないのです。

この2つのことが、舌苔と口臭の改善を困難にしていた大きな理由です。

ところが、美息美人(びいきびじん)が、舌苔(ぜったい)と口臭を改善できるのは何故だと思いますか?

ネックとなっていた口臭の原因菌を減らすことを可能にしたからです。それも、常在菌を殺さずに口臭原因菌だけをやっつけることができるのです。

今回の記事は、この美息美人(びいきびじん)の秘密についてお伝えします。

舌苔(ぜったい)は細菌の集まり?

舌溝

舌苔(ぜったい)は、専門学的には「タン・プラーク(舌の歯垢)」といわれています。歯に付着している歯垢と同じ細菌が集まって舌苔(ぜったい)が出来ているのです。

舌苔の本態は,歯垢と同様に細菌の凝集塊であり,そこには非病原性の口腔レンサ球菌のみならず,齲蝕原性ミュータンスレンサ球菌や歯周病原性細菌も含まれている。
出典:日本歯科医師会サイエンス「舌の上の細菌たち」

歯肉炎(歯ぐきの腫れ)

口臭の一番の原因となっているのは、歯周病です。歯周病菌が硫化水素やメチルメルカプタンを作るからです。これらのガスが口臭となっています。

口臭の原因は、口腔で一番考えられるのは歯周病です。過去の研究で歯周病と口臭の間には高い相関性があることが知られています。

出典:日本臨床歯周病学会

舌の上には、虫歯菌のミュータンス菌や歯周病菌のジンジバリス菌が活動しています。その菌たちが活動し口臭を作り出しているのです。

舌苔が口臭の原因であることは広く知られている

出典:日本歯科医師会サイエンス「舌の上の細菌たち」

だから、口臭を無くすには、舌の上の細菌をやっつけることが重要だということは分かっていただけたのではないでしょうか。

美息美人(びいきびじん)で細菌をやっつけることが出来る?

口内の細菌

美息美人(びいきびじん)は、臨床テストから舌苔(ぜったい)や口臭の改善に効果があることは分かっていました。でも公的試験による明確なデータがありませんでした。

今回、口臭に最も影響を与える歯周病菌(ジンジバリス菌)を用いて抗菌試験を行ったので、ご報告させていただきます。

抗菌試験の概要と結果

siken

美息美人の検体溶液に歯周病菌(ジンジバリス菌)の菌液を接種後(以下「試験液」という。),室温で保存し,5,15及び30分後に試験液中の生菌数を測定した。

試験機関:(財)日本食品分析センター

開始すぐ(黒く見えるのが歯周病菌です。)

kaisi

5分後

5hun

15分後

15hun

30分後

30hun

黒い点状にまばらに残っているのが歯周病菌です。

美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水には、これだけの効果があります。でも、これだけ効果があると逆に「常在菌も殺してしまうのでは?」と心配になるのでは。

常在菌には影響がない?

saikin

たとえ、歯周病菌を退治できても、他の常在菌まで殺してしまっては、口内細菌のバランスが悪くなってしまうかもしれません。これは、誰もが心配することです。

それを検証するために、常在菌の代表的な菌であるカンジダ菌を用いて抗菌試験を行いました。

カンジダ菌は、日和見菌といって、口内には普段は良くも悪くもない菌です。また、カンジダ菌は真菌の一種で歯周病菌や虫歯菌よりも大きく、それら悪玉菌が過剰に増えないような役割も果たしています。

ところが、抗菌薬を長期間使用することや免疫力の低下によって、カンジダ菌が異常増殖し口腔全体に炎症を起こすこともあります。(カンジダ症)

カンジダ菌の抗菌試験

歯周病菌と同じ条件で試験をしました。紺色の点状のものがカンジダ菌です。

開始時

ka-kaisi

15分後

ka-15

目で見ても変化がないのが分かります。
美息美人は、常在菌(カンジダ菌)には影響を及ぼさないことが確認できたのです。

次の試験データもご参考にして下されば幸いです。

deta

皮膚に良くないのでは?

足の傷

美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水は、PH11.4の強アルカリです。ですから、皮膚刺激や口毒性を心配される方が多いです。

こちらも、(財)日本食品分析センターで試験して調べた結果がありますので、ご参考にしてください。

・皮膚一時刺激性試験でも刺激なし

歯磨き粉「美息美人」を検体として,OECD Guideline for Testing of Chemicals 404(2015)に準拠し,ウサギを用いる皮膚一次刺激性試験を行った。
検体0.017 gに精製水180 mLを加えた試験液をウサギ3匹の無傷及び有傷皮膚に24時間閉鎖適用した。その結果,除去後1,24,48及び72時間の各観察時間において刺激反応は見られなかった。
ISO 10993-10 Biological evaluation of medical devices-Part 10(2010)に従って求めた一次刺激性インデックス(P.I.I.)は0となった。
以上のことから,ウサギを用いる皮膚一次刺激性試験において,検体0.017 gに精製水180 mLを加えた試験液は「無刺激性」の範疇に入るものと評価された。

・急性経口毒性試験でも人体に問題なし

歯磨き粉「美息美人」を検体として,雌マウスを用いる急性経口毒性試験(限度試験)を行った。
検体0.017 gに精製水180 mLを加えた試料を2000 mg/kgの用量で雌マウスに単回経口投与し,14日間観察を行った。その結果,観察期間中に異常及び死亡例は認められなかった。
以上のことから,マウスを用いる単回経口投与において,試料のLD50値は,雌では2000 mg/kgを超えるものと評価された。

以上の結果が示すように、美息美人は強アルカリでありながら、刺激性の心配もないことが確認されています。

まとめ

舌磨きで白くなった舌

口臭を無くすには、舌苔(ぜったい)を除去しないといけません。しかし、舌を磨いても翌日には元どおりに苔が出来てしまいます。

これは、舌苔(ぜったい)が細菌で出来ているからです。舌苔(ぜったい)の細菌群には歯周病菌や虫歯菌も集まっています。そのため、口臭が発生する原因になっています。詳しくは『歯周病の口臭は治らないかも…その理由は?最善の対処方法は?』をご参考にしてください。

ですから、これら細菌を退治しないことには、根本的な改善にはなりませんでした。でも、殺菌力が強すぎては、常在菌まで殺菌してしまうリスクもあったのです。

しかし、
歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」は、常在菌には全く影響しないで、口臭原因となっている歯周病菌などの悪玉菌だけを退治することができるのです。

焼きホタテ貝を食べる

これは、美息美人(びいきびじん)の原材料が、ホタテ貝殻だけを利用し特殊加工しているからかもしれません。それに、ホタテ貝殻焼成パウダーは、食品添加物としても認可されていますので、体に優しいことは証明済みです。

私が、自信をもっておすすめする理由が分かっていただけたのではないでしょうか。もし、舌苔(ぜったい)や口臭で困っていましたら、是非一度お試しください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する