歯周病予防のために歯ぐきブラッシングをしたら、歯ぐきが下がった!?

hamigaki

歯周病の正しい予防方法についてお伝えしたいと思います。成人の8割が歯周病といわれています。それほど多い歯周病なのですが、正しくケアしていない人が多いです。

歯周病の予防のために歯ぐきをブラッシングしていても、間違った方法で行ったため、歯ぐきが下がってしまい歯が伸びたなんて人も。

これは一例ですが、歯周病は正しい方法でケアをしなければ、効果がなくなるだけではなく、かえって悪い結果を生むことにもなりかねません。

今回の記事は、誰でも簡単にできて効果の出る歯周病の予防方法をご紹介します。

歯周病とは

haisyasan

一昔前までは、歯が抜ける一番の原因は虫歯でした。しかし、虫歯予防が進んだことで虫歯で歯が抜ける人はほとんどいません。歯が抜ける最大の原因は歯周病です。

さらに、歯周病に感染すると、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化、糖尿病、骨粗鬆、誤嚥性肺炎など生命にかかわる病気になるリスクが高まります。ですから、歯周病を予防することは、成人病を予防することにもなります。

歯周病の症状は

%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%af

歯周病は歯周病菌による感染症です。歯周病菌は歯に付着しプラークを作ります。ここまではよくご存知かもしれません。でも、次のことまで知っている人は少ないのではないでしょうか。

ばい菌のかたまり

プラークの中の歯周病菌は、細胞のはがれ落ちた死がいなどのタンパク質を分解し、VSC(揮発性硫黄化合物)というガスを発生します。このガスは、火山や温泉で発生する硫黄ガスと同種のもの。

歯周病になると猛毒ガスが発生するのです。

歯肉炎や歯周炎になる

歯肉炎(歯ぐきの腫れ)

この猛毒ガスが、歯肉に当たると歯肉が傷つき炎症をおこします。歯肉炎です。歯肉炎になると歯周病菌はさらに活発化し、どんどんと歯根にそって深く入っていき歯を支えている歯周組織を破壊します。これが歯周炎です。

歯みがきで出血する

歯みがきで出血

歯周病が進むと、歯周ポケットが深くなり、歯みがきをしたときに出血するようになります。

痛みや腫れがおきる

musiba

たとえ、歯周病になっていても、健康で免疫力が高いときには痛みも腫れもおきません。だから、「歯周病ではない」と思っている人が多いのかもしれません。

しかし、仕事などで疲れやストレスがたまると、免疫力が低下し一変に歯周病が悪化します。疲れた翌朝に歯ぐきが腫れたなんて経験はないでしょうか?

他にも、歯根を支えている歯周組織に歯周病が感染していると、スルメイカなど固いものものを噛んだ翌朝、歯が痛いと感じることがあります。詳しくは『「さきいか」を噛むと歯や歯ぐきが痛くなる!その原因と対処法』をご参考にしてください。

これは、じつは歯が痛いのではなく歯周組織が痛いのです。(かみ合わせが悪いときにもなります。)これは、過剰に噛む力が歯周組織にかかることで歯周に炎症がおきるからです。

口臭が強くなる

kousyu

歯周病菌が発生するVSC(揮発性硫黄化合物)は、火山や温泉から出る硫黄ガスと同じニオイがします。これに歯肉の炎症などによる腐敗臭がまじるため、より臭いガスができます。

歯周病菌は、歯周ポケット内に多いのですが、唾液にまじり舌にも感染します。そして、舌苔をつくります。舌苔はVSCをつくるので、口臭の連鎖がおきます。

間違いだらけの歯周病予防

burassingsido

歯周病になると、歯ぐきから出血する、歯肉が腫れる、口臭がする、歯が抜けるというように次から次へと悪いことがおきます。だから、歯周病にならないように予防することが大事です。

ところが、間違った方法でケアをしているために、歯周病がよけいに悪化するケースがあります。

歯ぐきをブラッシングしても効果はない

歯ぐきをブラッシング

歯周病を予防するためには、歯周病の元を断たないといけません。元というのは、プラークのことです。プラークは歯周病菌のかたまりです。ですから、プラークを除去しないことには、予防にはなりません。

プラークを除去する一番の方法は、ブラッシング。プラークは、粘ついたヘドロのようなものが歯にくっついたもの。ですから、プラークを除去するには歯ブラシでこすり取るしかありません。

マウスウォッシュやうがい薬では、歯にくっついたプラークは取れません。

それに、プラークは歯面についているので、プラークが付いていない歯肉をブラッシングしても無意味です。

それなのに、歯ぐきをブラッシングする人が多いのは何故?その理由は、「歯ぐきをマッサージすると歯周病の予防になる」と思っているからではないでしょうか。

歯周病で弱っている歯ぐきを、固い毛先の歯ブラシでごしごしとブラッシングすると、歯ぐきが下がってしまいます。

歯が長くなる

歯ぐきが下がると歯が伸びたようにみえるのでご注意ください。

歯石はブラッシングで取れない

プラークが除去できなく放置すると、歯のように固くなります。これが歯石です。固い歯石は、どれだけゴシゴシとブラッシングしても、絶対に取れません。それほど固いものです。

だからといって、歯石をそのままにしておくと、プラークが歯石につき更に歯周病が悪化します。

歯石除去

この歯石を取る方法は、超音波スケーラーなど専用の器具を使って取ることしかできません。ですから、2~3ヶ月に一度は、歯科で歯石除去をしてもらう必要があります。歯石ができるペースにもよりますが、3ヶ月以上の間隔で歯石除去をしていては、足らないかもしれません。

ていねいに歯みがきをしているので、大丈夫と思っているかもしれません。しかし、どれだけていねいに歯みがきをしていても、歯周ポケットの深い部分のプラークは取れません。その磨き残しが歯石になります。その証拠に、歯科検診をうけると、必ずといっていいほど歯石がついています。

歯ぐきマッサージだけでは歯周病は治らない

歯肉炎で腫れている歯ぐき

歯ぐきをマッサージすることは悪いことではありません。歯ぐきをマッサージすることによって、歯肉の血行がよくなるからです。

でも、根本的な処置をしないで、歯ぐきをマッサージをしても無意味かもしれません。歯周病の予防は、プラークを取り歯石がつかないようにすることだからです。

歯周病用の歯磨き剤では歯周病は治らない

hamigakiko

歯周病用の歯磨き剤があります。歯磨き剤に抗菌剤やビタミンなど歯周病に有効といわれる薬用成分が入っています。

しかし、歯周病が進行すると、それらの成分は効きません。歯周病菌など悪玉菌はプラークを作るからです。プラークはバイオフィルムといわれる膜で覆われています。バイオフィルムは、薬など外部からの攻撃をシャットアウトできるようになっていることが分かっています。だから、薬を使っても歯周病菌をやっつけることができないのです。劇薬であれば別ですが、そのような危険な薬を歯みがきに使うことはできません。

歯周病を治療する一番の方法は、歯科で歯石を取ってもらい、患部に直接抗菌剤を塗布してもらうことです。歯医者さんに行くのが面倒かもしれませんが、それが最も早く治る方法です。

フロスでは歯周病は予防できない

フロスで歯磨き

歯科医院でブラッシング指導をうけると必ず勧められるのが「フロス」ではないでしょうか。

フロスは糸ようじとも言われるものです。一度使ったことがある人なら、「使いにくい」というのが第一印象では。それほど使いにくいものです。

それでも、効果が高いのであれば良いのですが。それほど、効果はありません。何故かというと、フロスは、歯と歯の間のプラークを良く落とせます。しかし、歯周ポケットの内についているプラークを取ろうとすると、歯肉を傷つけます。だから、肝心の部分のプラークが取れない。

それなのに、フロスを勧める歯科衛生士さんが多いのは何故?

電動歯ブラシを過信してはいけません

電動歯ブラシで歯磨きを行う

各メーカーからいろんな電動歯ブラシが売られています。どれも、「99%以上のプラークを除去!」などと宣伝しているのですが、実際はどうなのでしょう?

電動歯ブラシは、確かに手で磨くよりも動く回数は多いので効率が良い。でも、歯みがき効果を得られるのは、上手にすべての部位に歯ブラシを当てることができた場合だけです。

当然のことですが、どれだけ良く動く電動歯ブラシを使っても、すべての部位に歯ブラシの毛先が当たっていなければ、磨き残しができます。これは理屈ではありません。実際、電動歯ブラシを使っていても歯周病になる人が多いのは、この理由からです。

最も効果的な歯周病の予防とは

歯科衛生士による歯石除去

歯周病予防で最も効果をだすには、次のようにすること。

  1. 3ヶ月おきに歯石除去と歯をクリーニングする。
  2. 歯科衛生士の指導のとおりにブラッシングする。

この2つができていれば、歯周病は予防できるはずです。でも、できないのはどうしてだと思いますか?

歯科衛生士による指導のように、ブラッシングするのが難しいからです。歯科衛生士はプロなので、フロスを使うことも、学校で習うようにブラッシングすることも簡単かもしれません。

しかし、私たちは素人です。それに、毎日が忙しい。じっくりと時間をかけて歯みがきをしている暇なんてない。そのような人が多いのです。だから、分かっていてもできないのかもしれません。

効果的な歯みがきのポイント2つ

kodmohamigaki

歯みがきで重要なことは、

  1. すべての歯を磨くこと
  2. 歯についているプラークを除去すること

どのような歯磨きの仕方でも良いのですが、すべての歯を磨くことが大事です。1本でも磨き忘れがあれば、そこにプラークがつき歯周病に発展します。

そして、もう一つ。それぞれの歯のすべての面を磨く必要があります。歯面は歯ぐきから上の部分と歯ぐきの中に埋まっている部分に分かれています。上部だけ磨いても、歯ぐきの中が磨けていなければ歯石がつきます。

また、前歯の表面は磨いても、裏面が磨けていないことも。そして、歯ブラシが入っていかない歯間や奥歯の奥側も磨きにくいものです。

このポイントを気にしながら歯みがきを行なうと、今までのよりも何倍も歯がきれいになります。

4種類の歯ブラシを使い分ける

sikanburasi

より効果的に歯みがきを行なうためには、歯みがきの仕方よりも専用の歯ブラシを使うことのほうが簡単です。

  1. 硬めの毛先の歯ブラシ
  2. 柔らかい毛先の歯ブラシ
  3. 歯間ブラシ
  4. ワンタフトブラシ

1本の歯ブラシで、すべてをブラッシングするのは困難です。用途にわけて道具があるのですから、上手に使い分けるのがベストです。

効果的なブラッシング法

  1. 粗磨き
    %e6%ad%af%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7
    硬めの歯ブラシを使用して、すべての歯を磨きます。この時は、歯面(表・裏)と咬合面を磨きます。
  2. 仕上げ磨き
    柔らかい毛先の歯ブラシで歯間をブラッシング

    柔らかい歯ブラシを使用して、すべての歯を磨きます。特に、歯間と歯周ポケットなど磨きにくい部位を中心にブラッシングします。
  3. 歯間の清掃
    sikan

    歯間ブラシを使い、歯と歯の間のすきまを清掃します。歯間ブラシは、歯間に無理なく挿入でき、使った際にきつく感じない程度を選ぶようにしましょう。
  4. 歯周ポケットの清掃
    ワンタフトブラシで歯周ポケットをブラッシングする

    ワンタフトブラシで、なぞるように磨きます。歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)は、普通の歯ブラシでは磨けません。この部位は、ワンタフトブラシを使用して歯の並びを一周します。

    奥歯の奥をワンタフトブラシで磨く

特に奥歯の奥は磨きにくいため、歯周病になりやすい部位です。この部分をていねいに磨くと歯周病の予防になります。

さらにブラッシング効果を上げるなら

電動歯ブラシでブラッシング

今ご紹介したブラッシング方法でも、歯周病を予防する効果は十分にあります。でも、もっと簡単に歯みがきができて効果を上げたいと思いませんか?

そこでおすすめしたいのは、歯ブラシと歯磨き粉。

歯ブラシは手動よりも電動のほうが楽です。そして、歯に当てるだけで良いので、上手に磨けます。

手動にこだわりたい人には、音波歯ブラシがいいかもしれません。音波歯ブラシは音波で汚れを落とすようになっていますが、普通の歯ブラシのように手でゴシゴシと磨く必要があります。それでも、歯間部や歯周ポケットを磨くときには、音波歯ブラシを当てると汚れを落とせるので便利です。

ugai

歯磨き粉は、チューブ歯磨きではなく液体歯磨き粉をおすすめします。チューブ歯磨きには泡がたつ成分や香料が入っているため、磨く部分が見えにくいだけではなく、十分に磨けていなくても磨いた気になってしまいます。本音でいうなら、水だけで磨いたほうがよく磨けると思います。

最近は、『美息美人(びいきびじん)』のような無添加の水歯磨きもあります。

まとめ

レントゲン写真を見る歯科医

歯周病になると、歯が抜けるだけではなく成人病になるリスクが高まります。それだけではなく、歯ぐきが黒ずんで色が悪くなったり、口臭がひどくなったりと悪いことばかり。

ですから、早目に歯周病を予防することが大切です。ですが、この記事を目にするまでは、間違った方法を行っていたのではないでしょうか。多くの人が、正しい口腔ケアを知らないために、毎日歯磨きを行っているにも関わらず、歯周病が悪化しているのはそういう理由からだったのです。

どうせ、同じ時間歯磨きをするのなら、合理的で効果のある方法を行ってみてはいかがでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

歯周病の口臭は治らないかも…その理由は?最善の対処方法は?

差し歯が臭い時の原因と対策

奥歯の奥からプンと口臭が…原因と対策

歯槽膿漏になり口臭がする!歯周病の治し方と口臭予防の方法

口臭の元!歯間ブラシが臭くなる原因と対策ポイント4つ

歯肉炎は美息美人(びいきびじん)で治るか?

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する