舌が慢性的に白くなる原因

舌が白くなる原因は?

舌が慢性的に白くなっている人がいます。ていねいに舌磨きをしケアをしているのに舌が白いのです。

舌の磨き過ぎは良くないからと、磨いていない人もいます。それなのに、舌の奥のほうに舌苔(ぜったい)が付いて白くなっている。

舌が白くなると口を大きく開けて会話をすることもできず、余計に口の中の空気が悪くなってしまいます。

あなたは不思議に思ったことはありませんか?
「どうして私だけ舌がきれいにならないのか?」と。

そして、「毎日、舌をケアしているのに白くなって口臭もひどくなった」と心配しているのではないでしょうか。

今までどこを探しても、白い舌を改善する方法が見つからなかったのではないでしょうか。でもご安心ください。この記事を最後まで読まれることで、探していた答えが見つかるはずです。

この記事では、舌苔(ぜったい)が慢性化している原因と解決方法についてお伝えします。

舌が白くなるのはこんな時

急に舌が白くなるのは

普段きれいな舌でも、舌が白くなる時があります。それは、こんな時です。

1、精神的ストレスが溜まっている。
2、身体が疲労している。
3、風邪をひいたために体調が不良。
4、胃腸の調子が悪い。
5、抗鬱剤、睡眠剤、降圧剤、風邪薬などを服用している。
6、暴飲暴食をした翌日。
7、寝不足など生活が乱れた。

思い当たるふしはありませんか。いつもは、きれいな舌なのに、ある日突然、舌が白くなっている時には、これらの内のどれかに原因があったのです。

過剰にストレスがかかったり、仕事や遊びで疲労がたまると免疫力が低下します。そのため、たとえ唾液が出ていても、口内の悪玉細菌をやっつけることができなくなり、舌にプラーク(苔)ができるのです。

舌が白くなる原因で最も多いのは

舌が白くなるのは、唾液が出ないことが一番の原因です。

その唾液の分泌は、副交感神経という自律神経の働きが影響しています。

じつはストレスがあると、自律神経のうち副交感神経が働かなくなります。そのため、ストレスがあると唾液が出なくなるわけです。

ストレスと一言でいっても、肉体的ストレスから精神的ストレスと色んなストレスがあります。

その中でも、「胃腸」が弱い人に、ストレスが多いことが分かっています。そして、胃腸が悪くなるとストレスホルモンが出るそうです。

女性に多い便秘やお腹のはり、男性に多い胃痛や消化不良。
このような体調不良は、人にとって大きなストレスがかかります。

もし、このような症状があれば…

そのストレスによって、唾液が出なくなっている可能性があります。もちろん舌も白くなります。

そうであれば、どれだけ口腔ケアをしても、、、どれだけ、お口の体操をしても、、、直ぐに口が乾き、唾液が粘つき、舌が白くなってしまいます。

(ドライマウスの人の場合には)
たとえ舌磨きをしても30分で息が臭くなり、
2日後には、元の白い舌に戻ることが分かっています。

もし、思い当たるようなことがありましたら、胃腸の調子を整えるために、漢方薬やビフィズス菌を摂取することをお勧めします。

胃腸の調子が良くなると、体全体が調子良くなるのでストレスも軽減できます。

健康で普段きれいな色の舌の人でも、心身の疲労から免疫力が落ち、唾液の分泌も減少し舌が白くなります。

このような場合には、健康が回復すれば、白くなった舌もすぐに元に戻ります。詳しくは『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

細菌が舌苔(ぜったい)を作る

慢性的な舌苔(ぜったい)の原因を説明するその前に、「どうして舌が白くなるのか?」についてお話しします。

口腔内には、細菌が何千億個もあります。口の中はおしりよりも細菌が多い。その中でも細菌の数が特に多いのが舌です。

舌の表面には乳頭がびっしりあり、表面積が広い分それだけ細菌も多く着きます。
このほかにも、舌には細菌が多く棲息する条件が整っています。

舌を顕微鏡でみると…

写真の細長いものが、舌の表面にある舌乳頭です。

舌乳頭を覆っている白い膜が、細菌が集まってできたプラーク。歯にくっつく歯垢と同じものです。
そして、舌乳頭の間にポツッポツとあるのが、食事の食べかす。

この食べかすが、細菌のエサとなって、細菌が繁殖します。(この時に、口臭の元となる臭い物質もできます。)

舌は細菌が棲息・繁殖するには好条件です。

ですが、これが本当の原因だとしたら、全ての人の舌は細菌が異常繁殖をするため、真白くなってもおかしくありません。

白くなった舌

それどころか、細菌が増えすぎるので、舌癌などいろんな疾患を引き起こす可能性が高くなります。

ところが、身体の仕組みは上手く出来ていてそう簡単にはなりません。それは唾液があるからです。

多量の唾液が出ていることで、細菌を胃に洗い流し異常繁殖しないようになっています。
一日に唾液が分泌する量は、1リットルから1.5リットルといわれているので、健康なひとであれば、細菌を洗い流すことは容易です。

それどころか、唾液の成分には抗菌物質も含まれているので、殺菌できます。

唾液が分泌している…だから、舌は細菌に侵略されないで済んでいるのです。

この理由によって、多くのひとが舌が白くならずに済んでいるのです。舌が白くなっているのなら、唾液が不足しているかもしれません。

舌が白くなる本当の原因が分かったのではないでしょうか?

それでは、「慢性的に舌が白い原因」について突っ込んでお話ししてみたいと思います。

慢性的に舌が白いのは?

白くなった舌がきれいに戻らず、いつも舌が真っ白いと心配ですよね。
慢性的に舌が白くなっている場合は、先ほどの理由のほかに、次のようなことが大きく関係していることが多いです。

慢性的に舌が白くなる原因

1、ドライマウス症(口呼吸・唾液の減少)
2、舌磨きのし過ぎ

慢性的に舌が白くなっている場合には、ほとんどがこの2つの原因のどちらかによるものです。これ以外ということは、ほとんどありません。

あなたが、今までどんな努力をしても治らなかった「白い舌」をきれいにしたいと思っているのでしたら、「ドライマウス症」と「舌の磨き過ぎ」を改善する必要があります。詳しくは『舌磨きをしてもすぐに白くなる理由』をご参考にしてください。

この2つのことを理解していないと、どれだけきれいな舌にしようと努力しても、効率が悪いだけではなく根本的な改善につなげることは困難です。

ドライマウス

舌が白くなる大きな原因は「ドライマウス症」です。でも、ドライマウス症といっても色んな原因で起きています。

ドライマウス症になる原因

  1. 口呼吸(いびき、開口も含まれる)
  2. 加齢
  3. 精神的ストレスで唾液が減少する
  4. シェーグレン症候群
  5. 糖尿病などの疾患

ドライマウス症になる理由のどれも簡単に治せるものはないのです。

慢性的に舌が白くなる原因で最も多いのは、「口呼吸」です。しかし、口呼吸はトレーニングによって改善することが可能ですのでご安心ください。

ふだん、口呼吸をしていなくても、私のように、睡眠中「いびき」をしていれば、口呼吸だということになります。
睡眠中は唾液もほとんど出ていません。その状態で口呼吸をすれば、どうなると思いますか?

のども口も乾燥してカラカラになります。だからイビキをかいた翌日には、舌が白くなっていることが多いのです。でも、いびきの習慣も簡単には治せないものです。

口呼吸は自覚していない人が多いのですが、「舌に歯型」が付いていたら口呼吸になっていることが多いです。舌に歯型が付く症状を「低位舌」といいます。低位舌の人が上向きで寝ると、舌で鼻がふさがるため口呼吸になります。

また、鼻炎などで鼻が詰まっている場合も低位舌と同じ理屈で口呼吸になります。その他、イビキで口呼吸になっている場合もあります。

口呼吸を鼻呼吸に改善するには、鼻が詰まらないように横向きになって睡眠をとるとか、唇にテープを貼る方法も良いかもしれません。

舌の磨き過ぎ

このほか、舌が白くなる原因で多いのが、「舌磨きのし過ぎ」です。

じつは、過剰な舌磨きによって慢性的に舌が白くなったケースが9割程度もあるのです。(※当社調べ)

舌が白くなると、舌をきれいにしたいと思うのは山々なのですが、先ほどのような舌の拡大写真を観たこともなければ、「舌を磨けばきれいになる。」と誤解してしまっても仕方がありません。

でも、舌磨きをすることで、細い舌乳頭は削れて傷つき細菌によって化膿します。その結果、慢性的な舌苔(ぜったい)をつくることになるのですが、その後も舌磨きを繰り返すために舌が治癒することはなく、真っ白い舌に。

さらに…

傷つき化膿した舌に、合成界面活性剤や発泡剤などの刺激性の強い成分が入った市販の歯磨き粉を使用しているために、よけいに傷ついた舌が治癒できなく化膿してしまうのかもしれません。

その結果…厚い舌苔(ぜったい)がびっしりと。

これで、あなたの舌が白くなる理由が理解できたのでは?

舌が白くなっているのかもしれませんが、あきらめる必要はありません。このように言い切るのは、あなたと同じように慢性的な舌苔(ぜったい)で困っていた人たちが少しずつ改善されているからです。

慢性的に舌が白い場合の対処方法

慢性的に舌が白くなっている場合のいろんな原因をご説明しました。一番の問題解決法は、それらを改善することです。

しかし、ドライマウスにしても、口呼吸にしてもそう簡単に改善できるものではありません。もちろん、誤解しないでほしいのですが、そのための努力を怠ってはいけません。

そして、次の方法をお試しください。

  1. 美息美人(びいきびじん)を使って口腔ケアを行なう
  2. 口腔内を乾燥させないよう小まめに水を飲む
  3. お口の体操をする(唾液分泌を促すため)
  4. ストレスを発散するために、趣味や運動を行なう
  5. 深呼吸などをしてリラックス状態をつくる(唾液が出やすい)

もし、あなたも本気できれいな舌にすることを望まれているのでしたら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をお試しされてはいかがでしょうか?

今なら、90日間全額返金保証がついていますのでリスクなく安心してお試しできます。

クリック

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する