ボロボロと膿栓が取れる方法

医者が決して明かさなかった膿栓の秘密

膿栓(のうせん)についてお伝えしたいことがあります。

膿栓(のうせん)で困っている人って、本当に多くおられるのですが、膿栓(のうせん)については、あまり知られていません。

それに、膿栓(のうせん)は臭いこともあり、恥ずかしくて、誰にも相談できないという問題があります。

そのため、一人になった時に、「もしかしたら、膿栓(のうせん)が原因になって、今までに口臭もしていたのでは?」と、悩んでしまうことも。

もし、あなたも膿栓(のうせん)があることで、お悩みでしたら、これからご紹介する○○さんの体験をご参考にしてはいかがでしょうか?

膿栓(のうせん)が沢山できて悩んでいたのに、ボロボロと取れました。

くしゃみをした拍子に、はじめて膿栓(のうせん)が出た時には、ビックリしてしまいました。見たこともない、乳白色の米粒のような塊を見て、「何?」という感じでした。

見たこともない乳白色の塊を手にとって恐る恐る嗅いでみると、異様に臭い!

あまりにも臭かったので、さらに不安になったものです。
それからというもの、毎日、鏡の前に立っては、膿栓(のうせん)がないか喉をのぞいてしまうようになりました。
そして、ついに喉の両側にある扁桃(へんとう)のところに乳白色の塊を発見したのです。

「これ?膿栓(のうせん)?」

不安になり、毎日、鏡を覗きました。
すると、少しずつ膿栓(のうせん)が大きくなっているような気がするのです。

それから、数日たちましたが、膿栓(のうせん)は取れません。
心配になり勇気を出して耳鼻咽喉科に行きました。

お医者さんの診断は膿栓(のうせん)とのことでした。

「腫瘍ではありません。ほっておいても自然と取れるのでご安心ください。」とのことでしたが、一日も早くなんとかしたいです。

美息美人を使うと、膿栓(のうせん)は取れますか?

こんな悲痛なご相談だったのですが、その後、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用するようになって、最近、うれしいご連絡をいただいたのです。

美息美人を使って、膿栓(のうせん)がボロボロと取れました!

もし、あなたも、この方のように膿栓(のうせん)でお困りでしたら、こちらの記事「膿栓(のうせん)の取り方5つの方法」をご覧ください。

どうして? あなたに美息美人(びいきびじん)をお勧めするのか分かると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

膿栓はうがいでなくなる?

口臭原因、第3位 のど 第2位 歯周病 第1位は…

喉が臭い!…原因が分からない。…どこに行けば?

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する