喫煙による強烈な口臭対策

喫煙者の口臭対策!?

喫煙者にとっては、仕事の合間の一服や喫茶店での喫煙は、心の癒しかもしれませんね。でも、煙草のニオイは、喫煙しないものにとっては、とても不快なもの。

そのため、喫煙者の悩みは、なんとか周囲に迷惑をかけないで心の癒しである煙草を吸えないだろうかということでは?

ところが、煙草のニオイはニコチン・タールの臭いだけではなかったのです。だから、臭い!今回の記事では、喫煙者の悩みを解決するためにお伝えします。ぜひご参考にしてください。

喫煙者の臭いは煙草のニオイだけではなかった

煙草のニオイといえば、ニコチンやタールの臭いを思い浮かぶのではないでしょうか?ですから、喫煙しているご本人も、自分の口臭は煙草のニオイなんだと安心しているのではないでしょうか?

もちろん、ニコチンやタールが舌に付着するので、息に混じって煙草の臭いがします。

でも、実際は…喫煙者の口臭は、ニコチンやタールの臭いだけではないことが多いのです。だから、喫煙されている方の口臭は、煙草の臭いより、もっと酷いにおいかもしれないのです。

喫煙をすると、ニコチンやタールが舌や口の粘膜にべったりとくっ付きます。ニコチンやタールは、口腔内の血液の循環を悪化させるので、喫煙は、歯周病になる三大原因の一つだと言われています。歯周病(歯肉炎、歯周炎)になれば、膿をともなった出血をするようになります。

この膿が、とんでもなく臭い!これが、喫煙が引き起こす口臭原因の一つです。

でも、喫煙による弊害はこれだけではありません!ニコチンやタールが口腔内の粘膜に付着するので、唾液の分泌が減少してしまいます。それだけではなく、喫煙行為は口やのどを乾燥させます。これが問題なのです。

唾液の分泌が減り口やのどが乾燥すれば、どうなると思いますか?

その結果…先ほどの歯周病のほか、舌が白くなったり、のどにも菌が繁殖しやすくなるので、膿栓や臭い粘液が増える原因となるのです。

その結果…。。。

凄い口臭が。。。。

喫煙者の口臭は、一般の口臭にこれらの口臭が混じるために、さらに強烈な口臭となる可能性が大きくなります。

喫煙者の口臭対策

もし、あなたが毎日喫煙をしているのなら、まだ大丈夫だと思っていても、エチケットのために口臭予防をしておくことをお勧めします。口臭はご自分では分からないからです。

煙草の臭いは、吸わない人から嫌われますが、きれいな息の大人は、だれからも好感度が高くなります。

ところが、こんなことは、喫煙している人であれば、誰でも分かっていることです。でも、「煙草がやめられない。」
だから、困っていることと思います。

そんなあなたにご紹介する方法です。この方法をお試しください。

  1. 喫煙中と喫煙後は、水を飲んで口腔と喉(のど)を潤す。
  2. 喫煙後、舌と歯ぐきをコットン(綿花)で拭く。
    コットン(綿花)に美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水を湿らせ、舌と歯ぐきを拭きます。その後、水でうがいをしてきれいに洗い流す。

できれば、喫煙されることが、一番望ましいことなのですが、どうしてもやめられない時には、この方法を試されてはいかがでしょうか。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する