膿栓を出来なくする方法

耳鼻咽喉科の医師が、膿栓(のうせん)患者に指導する方法

口臭の代表といえば、膿栓(のうせん)、舌苔(ぜったい)、歯周病。

その中でも、膿栓(のうせん)は臭い玉ともいわれるほど、強烈な口臭の代表格です。

ですから、ほとんどの方が、歯科で治療しても口臭が治らないときには、「もしかしたら、膿栓(のうせん)かも?」というように、膿栓を疑います。

それだけではありません。

咽喉(のど)にくっついている米粒大の膿栓(のうせん)を発見すると、「何とかして、この膿栓(のうせん)を取らないと。。。」と膿栓を取ることに躍起になる方もおられます。

しかしながら、の二つとも、半分は合っているかもしれませんが、半分は間違いです。どういうことか今からご説明しましょう。

次の4つが、その答えです。

1、膿栓自体は、つぶさない限りそれほど臭くない。
2、膿栓は取っても、すぐに出来るため、
  取ってもあまり意味がない。
3、同じ所に膿栓よりも臭い物質がある。
4、膿栓を出来ないようにすることが重要。

嘘だと思ったら、ネットで「膿栓(のうせん)」を検索してみてください。同じことが、書かれています。

耳鼻咽喉科で受診すると、状態によっては、毎週、膿栓(のうせん)を吸引しないといけない場合や、酷い場合には、扁桃(へんとう)切除手術も行うようです。

扁桃切除手術を受けると、膿栓(のうせん)が出来なくなります。どうしてか? ご存じですか?
扁桃(へんとう)の陰窩(いんか)という所からは、粘液(白血球)が分泌されています。

白血球が細菌やウィルスと戦った死骸に細菌や汚れが付着した膿汁(のうじゅう)が固まってできたのが、膿栓(のうせん)です。

ここで重要なことをお話しします。じつは、膿栓になる前の膿汁が、最も臭い! 

膿の汁というぐらいですから、大体想像できますが、細菌の死骸にさらに細菌が着いて腐敗している膿ですから、ひどい悪臭になります。

この粘液(膿汁)が、舌に付くと舌苔が出来ます。咽喉に近い舌の奥に苔が出来やすいのは、そのためです。

口に流れ込むと、唾液に混じり、ネバネバして苦く感じます。その状態で、口中が乾くと、一気に悪臭が発生します。これが、膿栓の元となっている粘液(膿汁)の怖さです。

ですが…膿栓の元の粘液が出る場所である扁桃を切除してしまえば、粘液(膿汁)も出なくなり、膿栓もできなくなります。

でも、細菌やウィルスと戦うための粘液(白血球)も出なくなります。

そのため、耳鼻咽喉科のお医者さんは、膿栓が出来ていても、軽い症状であれば、咽喉のうがいを小まめに行うことを指導しているのでしょうね。

もうお分かりだと思いますが、膿栓をなくしたいのであれば、咽喉をきれいに保つ意外に方法はありません。

その方法とは、ガラガラうがいをよくして、咽喉に細菌を繁殖しないようにすることです。

ガラガラうがいを効果的に行う方法の一つとして、お勧めできるのが、アルカリイオン水を使ううがい

その理由は、咽喉の細菌は、アルカリ性に弱いことと、イオン水には、汚れを落としやすくする働きがあるからです。

もし、あなたが膿栓やネバネバした唾液で困っているのでしたら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を試されてはいかがでしょう。

今なら、90日間返金保証もついていますので、安心してお試しできます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

膿栓の取り方~5つの方法~

人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

 

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する