口臭原因は膿栓でなかった?

その口臭!膿栓(のうせん)に決めつけるのは良くない!

(お客様からの膿栓に関するご質問)「膿栓(のうせん)がたまに出るので、口臭の原因だと思います。膿栓(のうせん)がでないようにするには、どうすればいいでしょうか?」

この方のように、膿栓(のうせん)が出ると、口臭原因ではないかと不安になりますよね。
そして、口臭が気になっていると、すべて口臭の原因が膿栓(のうせん)なんだと思ってしまうものです。

このような口臭のお悩みを持たれている方にたいしては、私からは、次のようにお答えさせて頂いております。

「口臭」についてですが、一般に口臭というのは、歯周病が原因の口臭、舌苔(ぜったい)からの口臭、虫歯からの口臭、そして、のど(濃栓を含む)や吐く息からの口臭が交じったものをいいます。

ですから、その人によって、口臭のにおいも異なります。
人によっては、甘いニオイや酸っぱい臭いもあれば、便のニオイもあります。

その中でも、歯周病や舌苔(ぜったい)のニオイは、特に強い口臭を発します。

吐く息からのニオイは、胃腸で発生したガスが一度血液中に溶け、肺に入り気管から出るので、空気量が多くそれほど臭わないものです。

ニンニクなどの場合には、ニンニク自体にニオイ成分があるので、特別臭くなるのですが。

ですから、口臭対策としては、先ず歯科治療を受けて、歯周病や虫歯を治す。
そして、歯石除去、歯をクリーニングしてもらう。ことが大事です。

その次に実行してもらうことですが。それは、「美息美人(びいきびじん)」のイオン水でのゴロゴロうがいとブクブクうがいです。

口臭原因には舌苔(ぜったい)が原因である場合が多くあります。
それと、舌苔(ぜったい)ができるのは、唾液量が少ないドライマウスである可能性が大きいです。

濃栓(のうせん)がでるということですが、ふつう濃栓(のうせん)ぐらいでは、扁桃腺(へんとうせん)の手術はしてもらえません。
耳鼻咽喉科で手術可なのは、扁桃腺に炎症があるなど病気がある場合だけです。
濃栓(のうせん)は、耳垢と同程度にしかみてもらえません。

耳鼻咽喉科での指導では、うがい薬でのどをゴロゴロとうがいして予防することくらいです。

ですから、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」で、朝と夜の他に、毎食後、ブクブクうがいとゴロゴロうがいをすることで、口腔とのどに細菌が増殖することを予防できますので、口臭予防にもつながりますのでおススメしています。

口呼吸をすると、口が乾き舌苔(ぜったい)や濃栓(のうせん)ができやすくなりますので、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」でのうがいは大事です。

ここまでが、お答えした内容でです。

どうして?
口臭予防歯磨き粉「美息美人」でうがいすると良いのでしょうか?

それは、口臭原因の細菌は生き物だからです。
生き物の生存できるphは、ph6~9の中性付近です。

ところが、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のイオン水は、強いアルカリだからなのです。ちなみに、ph11~12のアルカリです。

だから口腔を清潔にできます。

そんなに強いアルカリで体に影響はないの?

大丈夫です。

人工の科学薬品でのアルカリは、体に影響を与えますが、「美息美人(びいきびじん)」の成分は、ホタテ貝殻なので、害はありません。

その証拠に、ホタテ貝殻粉は、カルシウム剤として食品添加物(厚生労働省120号食品衛生法食品添加物218)に使用されています。

美息美人(びいきびじん)を販売して6年が経ちますが、口の中や体に悪い影響があったということは、一度もありませんので、ご安心ください。
それよりも、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用された方からの感謝の声の方が圧倒的に多いことが、私の励みになっています。

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水で膿栓(のうせん)を予防することにご関心がある場合には

こちらをご覧ください。⇒ 口臭の元!臭い玉(膿栓)ができる4つの原因と取り方


人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援いただければ励みになります。
↓ ↓

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する