常在菌を残すための口臭予防

常在菌を残すための口臭予防

常在菌と口臭予防についてのお話をしようと思いますが、正直に言うと困っています….。というのは、お客さまから、こんなお問い合わせがあったからです。

「美息美人(びいきびじん)を使うと常在菌までなくなってしまいませんか?」というものです。

どういうことかと言うと…

口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水は、強いアルカリなので、細菌を洗い流す作用があります。

「でも、常在菌までなくなってしまうのでは?」と危惧されてのご質問だったのです。

結論から言います!

常在菌についての間違った情報が氾濫し過ぎています。たとえば、こんな情報です。

「常在菌は人間にとって大切なものだから、口腔内から常在菌が無くなってしまうことは良くない。」ここまでは、間違いではありません。

ところが、ここからが…
「うがいをし過ぎると、常在菌が洗い流されてしまう。」とか、「アルカリイオン水のような強い水でうがいすると、常在菌が全滅してしまいませんか?」と言う類の情報が多いのです。

はたして本当なのでしょうか?この事について考えてみましょう。

ご覧ください。口腔常在菌の写真です。


口腔内には、約700種類の細菌が棲息していますが、これほど多くの菌がどこにあると思いますか?

菌は、歯面や粘膜に付着していたり、唾液などの液に混じっています。菌が特に多いのは、歯面と舌の粘膜です。

上図のように、細菌は集合しプラークを形成します。プラークは、歯面に付着し表面にバイオフィルムという膜を作ります。

バイオフィルムって何?

バイオフィルムは、歯垢やプラークとも呼ばれます。虫歯や歯周病の原因になります。そして、このバイオフィルムが口臭の原因になっていることを知っておいてください。

細菌を守るためのバイオフィルムは、唾液や抗菌剤でも跳ね返す力をもっています。ですから、美息美人(びいきびじん)でも一部は跳ね返されます。詳しくいうと、美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水は、細菌の水分を吸い出す働きがあります。そのことで、菌の活動が弱るといわれています。

しかし、 バイオフィルムをもつプラークを取る一番の方法は、歯磨きです。うがいではプラークは除去できません!どうしてだと思いますか?

下図Aは、粘膜に着いたプラークです。

次のB図は、歯面に着いたプラークです。
ご覧ください。

写真を見ると一目瞭然です。細菌はばらばらではなく、このようにネバネバしたもので、しっかりと、くっついています。だから、うがいぐらいでは、プラークは除去できないのです。

うがいをすることで、一時的に唾液を洗い流したとしても、歯面や粘膜に付着したプラークはそのままです。そして、直ぐにプラークから細菌が出て唾液中にも混じります。

これが事実です。この記事は、日本大学歯学部細菌学教室の「口腔感染症とは」を参考にさせていただきました。さらに、常在菌についての勘違いがあるようなので、次の記事をご紹介します。

口腔内には、未同定の細菌を含め、約700種類の細菌が生息している。出生直後から母親や近親者から伝搬した細菌が歯面や粘膜面に付着し、複雑なバイオフィルムを形成するため外来性の細菌が付着増殖することは困難である。したがって、口腔の感染症の多くは、口腔内常在菌が原因である。

この記事の中ではっきりと言っているように、「常在菌」は感染症の元なのです。ですから、たとえ常在菌といえども、増えすぎると悪玉です。だから、増えないようにしないといけないのです。

今頃、あなたは不思議に思っているかもしれません。
それは、それまでに得た情報に間違いがあったからではないでしょうか?

でも、世の中の情報の中には、一部だけ知って自分勝手に解釈したことを無責任に言っているのがあるのです。あなたは、そんないい加減な話に振り回されないようにこれからも、このブログを読んでくださるようお願いします。

この記事を最後までお読みになってくださったあなたに、良い情報をお伝えします。

常在菌をコントロールして口臭を無くす

じつは、口臭を発生しているのは常在菌です。常在菌が増えすぎると、舌苔(ぜったい)が出来たり、歯周病になったり、口臭の原因をつくることに。

ですから、常在菌が増えないようにすることが大事。ところが、常在菌には外部からの新参の菌を寄せ付けないようにする働きも分かっています。だから、常在菌の存在も必要なのです。

このことが、常在菌の必要とされるゆえんです。重要なことは、菌のバランスなのです。多すぎず、少なすぎず、丁度良いバランスが必要なのです。

口腔細菌のバランスを保つことができれば、健康を維持することができ、そして、口臭もしないようにすることもできます。これが、究極の目標です。

そのためには、どうすれば良いと思いますか?

すでに、口臭がある人の場合には、細菌のバランスが崩れています。菌が増えすぎている状態なのです。ですから、減らす作業が必要になります。

その方法の一つとしてが、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使う方法。歯磨きやうがいで菌を減らすことも大事ですが、アルカリイオン水を使用すれば、より簡単にできます。

だからといって、口腔内の細菌が全滅することはありえないのでご安心ください。美息美人(びいきびじん)を使って一日も早く口臭を改善してください。

乳酸菌で常在菌をコントロールする

近頃、乳酸菌がブームです。腸内細菌フローラを整えるために乳酸菌が良いということでブームになりました。その影響でしょうか。口内細菌フローラにも乳酸菌が効果があるとのことで、色んな乳酸菌が販売されていますのでご紹介します。

LS1(ラクトバシラスサリバリウスT12711)

多くの乳酸菌が胃腸での活性が高く口内で殆ど働かない中、LS1は唾液中に存在し、口腔内で活性が高いお口で働く乳酸菌です。

東海大学の古賀教授がおこなった実験によると、LS1とジンジバリス菌を一緒に培養したところ、24時間後には、ほとんどの歯周病原因菌が死滅したそうです。

発生する乳酸によって歯周病原細菌を減少させるとともに、自分自身も酸に弱い性質を持つことから、う蝕リスクは極めて低く抑えられます。実験では歯周病の悪玉菌であるPg菌の殺菌効果も確認されています。

ロイテリ菌

ロイテリ菌はもともと人の母乳から発見された乳酸菌です。 ロイテリ菌は腸内細菌を成長させ、病原性大腸菌O157などの殺菌効果のあることでも知られています。

広島大学歯学部附属病院の二川浩樹講師(当時)のグループが、ロイテリ菌に虫歯菌の発育を阻止する殺菌効果があることを突き止めました。ロイテリ菌と虫歯菌を3対1で混ぜ試験管で培養すると、虫歯菌の約90%は発育が抑制されたそうです。

培養した虫歯菌にロイテリ菌入りヨーグルトと、その他の乳酸菌入りヨーグルト20種類をそれぞれ付着させた場合、ロイテリ菌入りヨーグルトのみに虫歯菌の繁殖を阻止する効果が認められました。

L8020

虫歯・歯周病に罹患したことのない健康な子供の口内から分離された菌で、広島大学歯学部の二川浩樹教授によって発見されました。

その後、四国乳業との共同開発で作成したL8020入りヨーグルトを用いた実証試験で、ヒトの口腔内から虫歯菌と4種類の歯周病菌が減少した、という結果が明らかになりました。

口内の虫歯菌、歯周病菌の抑制に有効なL8020は、善玉菌を増やして悪玉菌を減らし細菌のバランスを整えるので、口内のpHが酸性域から中性域に改善し、歯の表面が溶けにくく虫歯になりにくい環境にし、虫歯をうつすリスクも低くします。またカンジダ菌にも高い抗菌性がある事が分かっています。

WB21

健康な人の口の中から見つかった善玉菌で、常在菌としてバリヤー機能を働かせ、口の中だけでなく胃や腸を守り、毎日の健康維持に役立つ菌です。

研究によって胃ガンの原因になるピロリ菌や、歯周病菌、虫歯菌、カンジダ菌の増殖を有意に抑制することが確認されています。

乳酸菌は、口臭予防に効果があるか?

市販の乳酸菌タブレットは、口に入れて舐めることで悪玉菌をやっつけるという目的で作られています。抗菌試験では効果が認められていますが、はたして外部から入ってきた乳酸菌が、すでにある口腔細菌フローラの中に定着できるのかわかりません。

ですから、舐めたときに抗菌効果があっても、唾液や食事によって流されてしまえば、持続力がないかもしれません。

他にも、「ヨーグルト歯磨き」というものもあるようですが、ヨーグルトの中に抗菌効果がなければ意味がないです。毎日ヨーグルトを食べている人は多いと思いますが、口臭がしているのであれば、効果がないということです。ですから、宣伝ほど効果がないと思ってください。

常在菌のまとめ

口腔内の常在菌(細菌フローラ)は、その人の生活習慣によってできたものです。

口腔内常在細菌叢は民族によって異なるし、年齢によっても、生活環境や食生活によっても微妙に異なります。同じく生活をしている人はだいたい同じになります。ほんだ歯科HPより

もし、あなたの常在菌フローラに外部から菌が入ってきても、免疫不全でないかぎりその菌が定着することは困難です。

仮に、彼が風俗で遊んできて、風俗嬢から、怪しい菌を口の中に入れたままになっていたとして、その一部が、あなたとキスをして口に入ってきたとしても、あなたには固有の常在細菌叢があるので、その怪しい菌はあなたの口の中に定着できません。だから、あなたが、極度に免疫不全になっていないかぎりは感染を受けんることはほとんどありません。こうして、歯周菌を含む口腔内細菌叢は口腔内からの外敵となる菌の侵入をブロックしているのです。ほんだ歯科HPより

だから、たとえ善玉菌であっても、それが常在菌フローラに受け入れられるのは難しいといえます。毎日、乳酸菌を取り入れれば可能かもしれません。

そして、口腔内には凄い量の菌があり、これらを無くすことは不可能です。もし、全滅させるような抗生物質を使用すれば、耐性菌ができ大変なことになります。美息美人のアルカリイオン水でうがいや歯磨きを行っても、菌を全滅させることはできません。

それに、抗菌試験では、悪玉菌には抗菌力が発揮できたのですが、カンジダのような常在菌にはまったく影響がないことも確認できています。詳しくは『美息美人(びいきびじん)が歯周病菌を退治している写真』をご参考にしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事:

美息美人が歯の汚れを落とす仕組みについて

アルカリイオン水は常在菌まで殺菌してしまわないか?

舌磨きをしないで舌苔を取る方法

口臭原因についての研究論文

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する