歯を抜くと口臭がする!?抜歯後の臭いとブリッジを入れてからの口臭

抜歯したら困る!抜歯後すぐの口臭とブリッジを入れてからの口臭

抜歯をしたら急に口臭がするようになった。そんな経験はありませんか?もしかしたら、今、その状態かもしれませんね。

歯が抜けると、歯ぐきにポカっと穴が開くため、その部分に食べかすがたまり腐敗が始まります。そのため口臭がするようになるのですが、だからといって、抜歯後すぐの歯ぐきを歯ブラシでゴシゴシと磨くこともできません。

このような場合には、歯医者さんで清掃と消毒をすることで口臭も治まりますし、歯ぐきが治癒し穴がふさがることで、解決されます。

しかし、抜歯をした後、口臭で困るのはこの後からなのです。それは、抜歯をしたらその無くなった歯を補うために義歯を入れたりブリッジを入ることになります。

この義歯やブリッジを入れることによって、その後、ずっと口臭を発生することになるかもしれないのです。今回の記事では、ブリッジが口臭を引き起こす原因と対策についてお伝えします。ぜひご参考にしてください。

ブリッジを入れると歯周病になる理由とは

抜歯をした後、ブリッジを入れたからと安心していませんか?もし、あなたが、抜歯した後、歯が抜けた部分を補うためにブリッジを入れているのなら、口臭が発生する可能性が高いです。詳しくは『ブリッジが口臭を発生させる…原因と対策』をご参考にしてください。

ブリッジから口臭が発生する理由

ブリッジから口臭がしたら、その理由としてすぐに思いつくのは、ブリッジを入れると磨きにくくなるから。

磨き残しが多いと、食べかすが腐敗して臭いを発しますが、それだけではなく、プラークが歯周病を引き起こすために、口臭も発生するのです。

この理由は、誰でもすぐに思いつきますよね。
だから、磨き残しがないように毎回ていねいに歯磨きをすれば、良いと思っていませんでしたか?

ブリッジを入れると口臭がするのは、本当はこんな理由から

でも、ていねいに磨いていても歯周病になることがあります。この答えについては、中々、思いつかないのではないでしょうか?

ブリッジを入れると、どれだけていねいに歯磨きをしていても、歯周病になる可能性が高くなります!

その理由とは…

上の絵を見ると、一目瞭然です。今まで、3本の歯で噛んだ時の圧を支えていたものを2本の歯で支えるわけですから…ブリッジの両脇の歯に1.5倍の負担がかかってしまいます。

1本1本の歯を支えている歯根膜と歯槽骨にも、同じだけ1.5倍の負担がかかります。…すると、どうなると思いますか?

歯根膜に炎症が起きます。これが、歯周炎。いわゆる歯周病です。結果、その部分から口臭がします。口臭が発生する原因には、こんな想定外なこともあったのです。

出来るだけ歯は抜くな!

私自身、ブリッジを入れたあと、この口臭原因で悩まされてきましたので、誰よりも詳しいと自負しています。
どれだけ、歯磨きをしていても、歯が1本抜けると歯周病になるリスクは高いことを覚えておいてください。

ですから、私からアドバイスできることは、「出来る限り歯を抜かないように。」です。ですが、仕方なく抜歯をしてブリッジを入れた時には、普通の歯ブラシだけではなく「ワンタフトブラシ」を使用するようにしてください。ワンタフトブラシをお勧めする理由は、普通の歯ブラシでは磨けないようなブリッジの底や狭い歯ぐきの歯周ポケットにも届くことができるからです。

ですから、美息美人(びいきびじん)とワンタフトブラシを使用していれば、歯周病のリスクもかなり軽減することでしょう。この「ワンタフトブラシ」は、今なら口臭予防歯磨き粉「美息美人」の購入特典でついてきます。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する