口臭がヒドイ!(動画編)治らない理由はこれ?改善するにはこうすれば良い!

口臭がひどくても、あなたには対策する方法がありますか?

もし、あなたが「ひどい口臭」でお悩みでしたら、今回の記事はあなたが今まで読んだ中で最も驚くべき内容となるはずです。

何年も口臭が治らないと悩まれている方がいます。そのように長期間にわたって何をしても、口臭が治らないのはどうしてだと思いますか?

その理由はこうです。実は、口臭は歯磨きだけで治すことはできないのです。というのは、口臭菌は、口内だけでなく、舌や喉にも住み着いているからです。

口臭を完全に抑えるには、歯や歯茎はもちろん、舌と喉への口臭対策が重要です。そのためには、口臭菌を効果的に制御する対策法も必要なのです。

もし、あなたも「ひどい口臭」でお困りでしたら、これまで対策してこなかった舌と喉への効果的な対策方法が必要になるでしょう。

今回の記事は、動画で解説していますので、専門的で難しかった「口臭」の原因と対策についても理解しやすいと思います。是非、「ひどい口臭」を改善するためのご参考にしてください。

口臭がひどい

口臭がひどいなら、まずこちらの動画をご覧ください。これまで治らなかった口臭の多くの問題が解決できると思います。

口臭がひどくなる原因には…

  1. 虫歯で歯髄が腐る
  2. 歯周病で排膿や出血がある
  3. 厚い舌苔ができる
  4. 喉に膿汁(のうじゅう)ができる
  5. 蓄膿症(ちくのうしょう)
  6. 逆流性食道炎

などがあります。詳しくは、『周りから「口臭がひどい人」と思われているかも?5つの原因と治す方法』をご参考にしてください。

歯磨き粉に期待しても口臭は解決しない

いきなりですが、臭いを消す方法についてどれだけ理解されていますか?

トイレを済ました後に消臭スプレーを振っても、肝心の臭いを消すことはできませんよね。それでも消臭スプレーを振るのはどうしてですか?

臭いが消えると思っている方が多いのですが、実際は「マスキング効果」といって、良い香りを振りまき悪臭をごまかしているのです。

口臭予防や口臭対策でも、これと同じマスキング効果を期待しているものがあります。それは、口臭予防のガムやタブレット。ガムやタブレットなら「あぁ、なるほど」と思うかもしれません。ところが、歯磨き粉やマウスウォッシュにも「香料」が含まれています。その理由は、マスキングで臭いをごまかすためなのです。

歯磨き粉の香料で口臭をごまかすことができれば、良いかもしれませんが、キチンと対策をしなければ、根本的な口臭の解決にはなりませんよね。

ガムの口臭予防効果について詳しくは、『ガムは口臭に効果があるか?口臭予防のためのおすすめの噛み方』をご参考にしてください。

口臭サプリの効果は期待しない方が良い

健康食品などの通信販売が盛んですよね。その中に混じって、「口臭予防サプリメント」も多くのメーカーから販売されています。ですから、サプリを飲むと口臭が改善されるような気持ちになるのではないでしょうか。

しかし、残念ですが、「口臭予防サプリメント」の効果は期待しない方が良いです。

その理由はこうです。

【口臭原因】

  1. 虫歯
  2. 歯周病
  3. 舌苔
  4. 膿栓・膿汁

これら4つの合計が、口臭原因の9割以上を占めているからです。残りの1割はというと、蓄のう症や糖尿病などの疾患と、肺からの呼気による口臭です。

サプリメントの効果で分かっているのは、胃腸の調子を整えることです。サプリメントには、口臭に対しての直接的な効果はありません。

もちろん、胃腸が健康になれば、免疫力が高まり口臭予防につながるかもしれません。しかし、胃腸の不調による呼気口臭は弱く、あなたが困っている「ひどい口臭」ほどではありません。それに、胃腸が口臭原因になっていることは、まれなケースですので、もっと可能性の高い歯周病、舌、喉への対策を講じるべきではないでしょうか。

胃腸など内臓が原因の口臭については、『内臓が悪いと口臭がする!胃腸、肝臓、糖尿病、癌などの病気が原因』をご参考にしてください。

歯周病対策が一番効果が出る

歯周病は、初期では痛みもなく自覚症状がほとんどありません。ところが、歯周病になると口臭が出て、歯茎の炎症が悪化すれば臭いも強くなります。

だから、多くの歯科医は歯周病が口臭の原因だと言いますし、歯科医の中には、口臭の8割以上は歯周病が原因になっているというお医者さんもおられます。これほど、歯周病が口臭と関係しているのですが、歯周病の対策を行っていない人が多いのが現状です。

それでは、歯周病になるとどうして口臭が発生するのかというと、歯周病菌によって歯茎に炎症が起きると、歯周ポケットができます。この歯周ポケットに臭い膿がたまり、口臭となるのです。

ですから、口臭を出ないようにするには、次のことを実践する必要があります。

  1. 歯科治療(歯周病の治療)
  2. 歯石除去(歯科)
  3. 毎日のブラッシング(ポケットの清掃)

毎日のブラッシングが大事なのですが、ほとんどの方に歯磨き残しがあります。だから、定期検診の度に歯石がついている。これほど、歯磨きは難しいのです。

歯周病の治療について詳しくは、『歯周病で口臭が治らない!歯周病が治るまでの期間と費用は?』をご参考にしてください。

舌苔が出来る原因と治らない理由

日本口臭学会で、口臭の6割以上が舌苔が関係しているとの論文もありました。それほど、舌苔は口臭の原因になっています。しかし、舌苔が口臭原因になっていると分かっていても、容易に治らないのではないでしょうか。

その理由について、次の動画でお話していますのでご参考にしてください。

舌苔を取ろうと、舌磨きをする人がいます。しかし、舌をブラシで磨くと舌粘膜を傷付けるため、よけいに舌苔が出来ることになります。

舌をキレイにするためには、口腔内全体を清潔にする必要があります。当然ですが、舌だけキレイにしても口内が汚れていては、舌にばい菌が増えてしまいます。知らない人が多いのですが、口呼吸をしている人はばい菌が多くなるので、舌苔もよくできます。

ですから、舌をキレイにするためには、このようにすると上手くいきます。

  1. ていねいな歯磨き習慣
  2. 口呼吸を鼻呼吸に変える
  3. 舌の清掃

舌苔が治らない場合には、治らない原因があるかもしれません。詳しくは、『舌が白い人と白くない人5つの違い!舌苔ができる原因・取り方・予防』をご参考にしてください。

舌を傷付けない舌苔の除去方法

舌磨きは良くない!それでは、どうすれば良いのでしょう。次の動画で舌を傷付けないで舌苔を取る方法をご紹介しているのでご参考にしてください。

舌を傷付けない舌苔除去法について詳しくは、『舌磨きをしないで舌苔(ぜったい)を取る方法!舌を磨くと逆効果になるのでご注意ください』をご参考にしてください。

膿栓(臭い玉)を取りずっと出来なくする方法

膿栓が良くできる場合には、口臭も発生していることが多いです。膿栓そのものが口臭を発していないといわれます。しかし、膿栓になる前の痰のようで臭い膿汁(のうじゅう)が口臭の原因になります。

また、膿栓と膿汁ができると、喉がイガイガするなど違和感も生じるので、膿栓と膿汁を除去することが大事です。詳しくは、動画で説明していますので、ご参考にしてください。

膿栓と膿汁の除去は、アルカリイオン水による喉うがいが効果があります。詳しくは、『膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?』をご参考にしてください。

究極の口臭対策

これで、 歯周病、舌苔、膿栓・膿汁が、 口臭を発生していることが理解できたのではないでしょうか。歯周病になると、舌苔ができやすく 舌苔ができる人は、歯周病になりやすく 膿栓・膿汁が出来る人は、舌苔も出来やすいのです。 このようにして、口臭の原因は互いに関係しているのです。

だから、 舌苔だけとか、膿栓だけを対策しても、 口臭が改善できなかなかった のですね。

口臭を改善するためには、 歯周病 、舌苔 、膿栓・膿汁 、この3つすべてを改善する必要が あります。 それでは、どのようにすれば良いと思いますか?

完ぺきなまでに口臭対策するには、次のことを行わないといけないのです。

  1. ていねいに歯磨きをする
  2. 舌苔の除去
  3. 喉を清潔にする

「難しいのでは?」と考えていませんか。そのようなことはありません。究極の口臭対策方法があります。こちらの動画でお話していますので、是非ご覧になってください。

12,000人が実践する"口臭対策"ネット

  • このエントリをはてなブックマークに追加する